カイロジャーナル・ドットコム

Webセミナー「局在神経学講座『神経局在診断を読む』」(第 I 期)「11. 間脳と自律神経系」【全3回】

講師情報

丸山 正好(まるやま まさよし)

ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ニューラルヒーリング院長のブログ
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー

講師メッセージ

どのような刺激を、どのタイミングで入れるかで、結果は大きく変わってきます。
また、同じ症状でも神経系の状態によっては必要な刺激もまた変わってきます。
徒手療法において必要なのは、テクニックへの理論的な確信です。
日々行っている施術が、神経系にどのように働き、改善をもたらすのか、理論的に結びつけるのが局在神経学です。
各神経系の働き、機能を理解することは、症状と原因を結びつけます。
神経系の状態によっては、症状を改善する刺激もあれば、結果的に悪化させる刺激もある。
各神経系の機能を理解し検査することによって、改善するための適切な刺激を選択することができます。

Webセミナー概要

Webセミナー「局在神経学講座『神経局在診断を読む』」(第 I 期)「11. 間脳と自律神経系」【全3回】

日時内容料金(税込)
4月8日(木)
8:00〜10:00
第31回「11. 間脳と自律神経系-1」11,000円
4月15日(木)
8:00〜10:00
第32回「11. 間脳と自律神経系-2」
4月22日(木)
8:00〜10:00
第33回「11. 間脳と自律神経系-3」

※各回ごとのお申込みはできませんのでご注意ください。

お申込み

お申込みは締め切らせていただきました。
※大変申し訳ございません。お申込み期限の記載が誤っておりました。もしこれ以降のご参加をご希望の方はお手数ですが、カイロジャーナル・ドットコム(administrator@chiro-journal.com)まで直接ご連絡ください。

Return Top