カイロジャーナル・ドットコム

和泉 宏典 Webセミナー「カイロプラクターのための栄養学」

講師情報

和泉 宏典(いずみひろのり)DC

1970年 京都府宇治市出身
1992年 同志社大学卒業
1999年 University of Georgia卒業
2003年 Life University卒業、ジョージア州アトランタにて開業
2010年 ニューヨーク州マンハッタン郊外にてIzumi Family Chiropractic and Wellnessをオープン

資格
ドクターオブカイロプラクティック
ダイジェスティヴヘルススペシャリスト(Food Enzyme Instituteの認定医)

Dr. Izumiの人となりを詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください
https://www.izumiwellness.net/about-dr-izumi.html

講師メッセージ

 便利さと効率性を追い求める現代社会は一見飽食の時代のように見えますが、実際は食品の質が低下し、必要な栄養素を満たすことが困難になるどころか、農薬、化学調味料、添加物などが多く含まれ、さらに問題を引き起こしています。衛生環境は改善されたものの、様々な化学物質で汚染されています。このような時代の流れとともに、現代日本人が患う病気や症状も大きく変化しました。いまでは生活習慣病に加え、花粉症、アトピー、食物アレルギー、喘息といった、アレルギーに関する問題、過敏性腸症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎などの胃腸病や自己免疫疾患、鬱、不安障害などの精神的疾患、さらに自閉症、アスペルガーなどの発達障害など100年前はほぼ皆無であったような問題が当たり前のように存在します。これらの問題を遺伝子で説明しようとしても、遺伝子が100年くらいの単位で変化することは考えられません。唯一劇的に変化したのは食生活を含む生活習慣です。これらが健康問題を起こしていることに疑う余地はありません。つまり、栄養/ケミカル的ストレスが増大し、全体的なストレス量を大幅に増やしてしまっているのです。

 現在、アメリカではデトックス(解毒)や栄養指導を行うカイロプラクターが年々増えています。これは必然的に起きている現象であると私は考えています。なぜなら、現代人の訴える様々な不調を改善するうえで、多くのケースは解毒や栄養的サポートがなければ、速やかに改善することができなくなってきているからです。
私のクリニックも例外ではなく、栄養/ケミカル的ストレスを抱えられている患者さんが多く来られます。近頃では、オンラインで日本に住んでおられる方を治療するケースも増えています。今、日本人の栄養状態は決して良いものではありません。特にタンパク質や必須脂肪酸の不足と、砂糖の過剰摂取は、多くの方の健康状態を低下させる原因となっています。改善が急務です。

 私のセミナーで栄養学を学ぶことにより、原因が難しく苦しんでおられる多くの患者さんに適切な指導を行える一助となります。

Webセミナー概要

和泉 宏典 Webセミナー「カイロプラクターのための栄養学」

日時セミナー名料金(税別)
7月5日(日)
9:00〜11:00
第2回
意外にも軽視され続けるマクロ栄養素
(たんぱく質、脂質、炭水化物)の重要性
4,000円
7月19日(日)
9:00〜11:00
第3回
万病の根源:炎症 栄養学的対処法
4,000円

お申込み期限

全ての回のお申込みは締め切らせていただきました。

お申込み

全ての回のお申込みは締め切らせていただきました。

Return Top