8月, 2018 | カイロプラクティックジャーナル

  2018  8月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

Web版 連載② 「ポジティブなイメージで思い即行動」

投稿日:2018年08月30日

皆さん、お元気ですか? カイロプラクティックを楽しんでいますか? 先日、安くて美味しいカリフォルニア・ワインを晩酌でチビチビやりながら幸福感に浸っていたときのことです。どうして自分のような人間がカイロの業界でこのように用いてもらえるのだろうと感謝とともに疑問がよぎりました。特別に頭が良いわけでもなく、ずば抜けたアスリートでもなく、手先が器用なわけでもない。性格もどちらかと言えばいい加減で緻密さに欠けるところがあり、失敗も多い。

落ち込んでばかりいられない!

こうやって欠点を上げると、われながら落ち込んでしまいます。そこで、はたと気が付きました。私は自分の数ある欠点は普段あまり気にせずに、良いところばかり見ている超ポジティッブ思考の人間なんだ、と! そのポジティブ思考で勢いよく突っ走ってきた結果が現在なんだ、と! 私がどのようにポジティブ思考を構築してきたかは、とても一言で言い表せることではなく、色々な経験を乗り越えて培われてきたと思います。もちろん生来、その性質はあったとは思います。

私だって悩むことがあるんです。でも、

私だって人並みに悩むことはたくさんあります。でも、悩んでも仕方がないことに関しては悩むのを止めます。時間とエネルギーの浪費だからです。それよりポジティブに夢や理想に思いを馳せた方が楽しいし、ワクワクするし、色々なアイデアが浮かんできます。やる気とエネルギーが体中に満ちてきて、知らず知らずのうちにその夢や目標に向かって計画を立てて歩み始めているのです。悩み症の方、試しに「大丈夫! 必死こいて頑張れば、きっと上手くいく!」と声に出して3回言ってみてください。そして、自分が今するべきことをリストアップして書き出してみてください。ただ悩むより、よっぽど気持ちが前向きになるはずです。

プライオリティー、優先順位

そうです、大切なのは今何をするべきかというプライオリティーを意識することです。「今すぐやるべきこと」をせずに、「何も今そんなことしなくてもいいだろうということ」を優先させてしまうのが人間です。それは現実逃避で人間なら誰しも陥るものです。そこで、ほんの少し気合を入れて、今するべきことに正面から向かい合うだけで、もう既に周囲から一歩抜きんでていることになるのです。何と簡単なことなんだ、ということに気が付いたのです。そこでプライオリティーの判断と、思い即行動を実行し始めたのです。さらに、そのするべきことが、他の人がなかなかできないことだったとしたら、成功する可能性は余計に高まります。とはいっても私も人間ですし、もともとは怠け者ですから完璧ではないですけど。

試験前はまず掃除、でも、その先は

高校生の頃までは期末試験が近づくと、普段は全く気にならない散らかり放題の部屋が気になり、勉強の前に掃除をし始めました。掃除が終わると、書いたこともない小説が書きたくなり、勉強もせずに小説のアイデアを練ったりしたものです。ところが試験が終わった途端、部屋は散らかり放題、「小説? 一体なんの話だっけ~」てなものです。現実逃避を止めプライオリティーを正確に判断して、実行していけば絶対に良いことがたくさん増えていくのです。そして成功体験を重ねることで、どんどん嬉しくなって頑張れるのだと思います。

ポジティブ・シンキング

ポジティブ思考が大切だと述べましたが、皆さんはカイロプラクターとして、カイロプラクティックや自分自身にポジティブなイメージを持っていますか? もし、持てていないのなら、その原因を考えなければなりません。そうでなければ、いつまでもフラフラと目標は定まらないし、やる気も出てきません。そんな先生のところに患者さんはやってきません。時に、問題点を直視するのは辛いことでもあります。でも、その辛さなりの成果は必ずあるのです。

患者さんの健康改善、結果を出す、大勢の来院

カイロプラクターにとっての一番の評価は、やはり患者さんの健康が改善され、結果が出ることであり、たくさんの方が治療に来てくれることでしょう。そうすれば、自然と自信がつくはずです。しかし、最初からそのように上手くはいきません。目の前の一人ひとりの患者さんをしっかり治療することで、結果を出していくしかないのです。そして、カイロの良さを知ってもらう努力も欠かせません。色々な人に伝える努力が必要なのです。そのためには自分自身がカイロを愛して、信じていなければできません。カイロプラクティックや自分自身に、ポジティブなイメージを持てるか、持てないかで相手に与える影響力だって変わってきます。

ポジティブで実力のある先生の元に

自分やカイロにポジティブなイメージを持つためには、練習や勉強も大切ですが、最も大切なのは、ポジティブで実力のある先生と話をして影響を受けることです。たぶん、そんな先生と一緒にいて話をするだけで、既に自分の気持ちが変わり始めていることに気が付くはずです。逆に、そういった先生に会いに行こうともせずに、一人で悶々としていても物事はいい方向へは行きません。素晴らしい先生に会っていい影響を受けても、その賞味期限など実に短いものです。その熱い気持ちをさっさと自分を高めるための行動へと移すべきです。鉄は熱いうちに打たなければだめなのです。そして、定期的にそのような先生と会って熱が冷めないようにキープするのです。

錦を飾る、いや常にその人の形骸に触れる

私の勉強会に参加していた人の中には、「一人前になった暁に、先生のところにご挨拶に行きます。それまでは会いに行かずに頑張ります」と言う人がいます。ところがそういう人は、まず二度と私の前に現れることはありません。なぜなら根本的な考え違いをしているからです。逆なのです。一人前になって成功するためにこそ、私に会いに来なければならないのに、それを放棄してしまっているからです。岡井先生の話は何度も聞いたし、岡井先生のテクニックも見せてもらった、あとは自分でやるだけ、と思うのでしょうが、その人の中での私の賞味期限など長く持って数カ月でしょう。自分の力で頑張って成功し、岡井先生に立派になった自分の姿を見せて報告したい、という気持ちはわからなくはありませんが、どうしてもっと私を頻繁に活用して、一日も早く成功しようと思わないのでしょう。

ポジティブなエネルギーをインプット

自分が今何をすべきか? 一人で悶々と努力するのか? それとも自分にポジティブなエネルギーをインプットしてくれる人の力を借りて努力するのか? どちらがいいかは明白だと思います。ぜひ、あなたにとって最も影響力のある先生たちに頻繁に会って、そのエネルギーを最大限に活用して必死に努力してください。人は誰でも、そのようにエネルギーのインプットを必要としています。私でさえ、まさに渇望していると言っていいでしょう。日本で皆さんから、そんなポジティブなエネルギーをたくさんインプットしてもらえることを願っています。

岡井 健D.C.(おかい・たけし)
1964年7月4日東京都生まれ。福岡市出身。
福岡西陵高校を卒業
1984年ボストンに語学留学
マサチューセッツ州立大学
ロサンジェルス・カレッジ・オブ・カイロプラクティック(LACC)卒
1992年カリフォルニア州開業試験を合格
1991年より1995年まで上村DCのクリニックでアソシエート・ドクターとして勤務
1995年サンフランシスコのサンマテオにて開業
2001年にはシリコンバレーのサンノゼにもクリニックを開業
サンフランシスコ・ラジオ毎日での健康相談や地方紙でのコラム連載
趣味:ゴルフ、料理、S.F.Giants応援
「Dr. Okai Chiropractic Clinic」
「The Chiropractic Club」

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

其の二十五 『講師は喜(よし)ちゃん、鈴木喜博氏!』

投稿日:2018年08月30日

日間賀島に着くと送迎車で合宿所のアイランドホテル浦島へ、予定を前倒しして早速、合宿研修が始まった。講師は喜ちゃんこと鈴木喜博氏、彼との出会いも、その前に既に会っていたかもしれないが、明確に覚えているのは、1980年代の半ばに私が初めてアメリカ視察・研修ツアーを企画し、実施したときのことである。われわれがパーマー大学のあるダベンポートに着き、ホテルにチェックインしたとき、ちょうど新婚旅行で母校を訪れた喜ちゃんに会ったのである。ゴジラの第一作が放映された年と同い年の生まれ、だが学年は彼が一つ上。その後、帰国してからいろんなことで関わることになった。

鈴木喜博氏はミスター几帳面!

名古屋の名門、西高の出身で、とにかくマメというか几帳面、そのエピソードは枚挙に暇がない。1980年代はDC連絡協議会(DCLC)を立ち上げ初代代表世話人として、90年代は日本カイロプラクティック連絡協議会(略称:カイロ連)の理事として、2000年以降はJSCCの名古屋支部を立ち上げ運営委員長として、また、その翌年からはJSCCの副会長として、いずれも2014年まで会の運営に粉骨砕身当たっていた。東海地区における関係者からの人望の厚さは絶対のものがある。

この2年ほど前からは、その意味を書くまでのこともないと思うが、「きケンじーシン」ちゃんセミナーなるものを主宰している。ネーミングから十二分に茶目っ気を感じるが、同い年生まれとして敢えて言わせてもらうと、「スベっているんじゃない!」

喜ちゃんワールドとかつどん企画

私は正規の参加者ではないが、ゲストとしてセミナーに同席した。講師の喜ちゃんが年長さんで、年少さんは27歳の神谷君。几帳面な講師が作ったと思われるハンドアウト、プロジェクターで映し出されるパワーポイント、そして実技、すべていかにもという感じだった。企画した伊澤も冥利に尽きるものだったと思う。彼はセミナー中も雑務に追われているようだったが、講師のデモの際はビデオカメラを操り、実技では体の悪さを惜しげもなくベッドに横たわりモデルになったり、正に八面六臂の活躍であった。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

小野塾 より実践的な、臨床に即した勉強会に! 

投稿日:2018年08月29日

テクニックに本当の力を与えるために、患者を理解する。

これまで様々なテクニックを学びましたが、残念ながら学んだだけの表面的なものにとどまってしまっていたのではないでしょうか? これからはより実践的に、どこまで深く、どのように結果を出していくか、に焦点を当ててやっていきたいと思っています。

また、いずれかの団体に所属して基本的な検査など(脳神経、オーソペディック、モーション・パルペーション、筋力テスト)を学んでいない参加者のためにも、それらの予習もしていきたいと思っています。

それらの評価の仕方の練習として、ひとりの被験者を皆で評価し、見逃している点がないか、また触り方などは、など質を高めていくために上手く導くことができたらと思っています。

講師プロフィール

小野 永一 (オノ エイイチ)

1958年青森県生まれ。1985年日本カイロプラクティック総連盟学院卒業し、名古屋市カイロプラクティック完誠堂にて修業して、1989年青森県五所川原市にて小野カイロプラクティックオフィスを開業する。

その後も精力的にカイロプラクティックを探究し、ナショナルカイロプラクティック大学(シカゴ)や大連医科大学にて解剖実習に参加し、日本カイロプラクティックアカデミーを卒業する。1997年世界カイロプラクティック大会イン東京にて研究発表し大絶賛を受ける。また、カイロプラクティックを広めるため自ら勉強会を立ち上げ、日本カイロプラクティック師協会東北支部長、日本カイロプラクティック師協会会長就任を経て日本カイロプラクティック師協会顧問に就任する。

2010年11月 アチーブメント株式会社主催「頂点への道スタンダードコース」を初受講。2014年2月ベーシックプロスピーカーとなる。
現在も精力的にセミナーに参加する傍ら、自らも講演を展開し後進の育成にも力を注いでいる。
著書『大丈夫?子供のカラダ』(鈴木明弘氏と共同出版)がある。
ケリーダンブロジオの師事のもとTBB,TBE,PRT,筋エネ、関節エネ、リンパトレナージュなどのテクニックを習得。
トム・シェーバーの師事のもとバイオダイナミクス9を修了!アシスタントして協力している。
選択理論心理士の資格を取得して、人間関係が良くなることでうつ、自殺のない社会に取り組べき活動している。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

日本カイロプラクティック徒手医学会 第20回学術大会

投稿日:2018年08月27日

毎年この時期に学術大会を開く日本カイロプラクティック徒手医学会、今回のテーマは「脊柱・・・カイロプラクティックの再考」とのこと。カイロプラクティックの基本である脊柱に立ち返り本来のカイロプラクティックを見直し、同時に新しいカイロプラクティックの構築を目指し開催される。

テーマ『脊柱… カイロプラクティックの再考』

2018年10月6日(土)
受付11:30 開演12:20

2018年10月7日(日)
受付9:00 開演9:30

会場 きゅりあん 6F(品川区立総合区民会館:大井町駅前)

詳しくは日本カイロプラクティック徒手医学会

其の二十四 『まともに書いたら長過ぎるわい! JSCC主催CDF臨床ゼミ 第1回合宿研修』

投稿日:2018年08月27日

先週末の土曜日は、やらなければいけないことは多々あったが、自宅での荷物の受け取りをこの日に指定していたこともあって、完全オフ日と決めだ。だが、なんと一日中一歩も外に出ないとは思いもしなかった。一旦、家に入ると無精癖が出て、わざわざ外に出てやりたいことが起きないらしい。しかし体は、かえって疲れたような気がする。

MPSG東京ベーシック

そうして日曜日。この日は第3日曜日だったので、モーション・パルペーション研究会(MPSG)の東京ベーシックの日。8時に出社、解錠。内海、西村、石井の3人のスタッフを待ち会場設営。あっという間に終わり、スタッフや三々五々やってくる参加者たちと時間まで話し、今日明日(日月)のメインイベント参加のため会場をあとにした。

いざ、日間賀島へ!

私が顧問を務め、私の部屋が事務局になっている、日本カイロプラクティック徒手医学会(JSCC)主催のCDF(カイロプラクティック・ディスカッション・フォーラム)が、第3回目にして初の一泊二日の合宿研修となり、その場所が愛知県は知多半島沖の日間賀島であった。

東京から名古屋へ、名鉄で河和(こうわ)へ、さらに徒歩で河和港へ、そして総勢16人の参加者で海上タクシーに乗船し目的地へ、社を出てから乗り物に乗っている時間は3時間弱、待ち時間も入れて約4時間の旅だった。もっとも、JSCCの理事でCDFの生みの親であり、担当の伊澤勝典君から事細かな旅程表をもらっていたので、間違いようがなかったこともある。

かつどん、伊澤勝典!

伊澤の付き合いも長い。経緯までは定かに覚えてないが、彼がまだ20代の半ばにもなっていなかったときから知っている。彼に限らないが、現在、手技療法業界で活躍する40代、50代の面々の若気の至りを知っているのも私の社交の大きな武器になっている。彼は自分では認めないだろうが、イベントの段取りが好きで、仕事でその手のことをやってきた私から見ても、なかなかに上手だ。来年以降は永年(?)担当のCDFに加え、学術大会の大会長も複数年やるそうだ。私も元気なうちは彼の手伝いをしようと思っている。それも自発的にではなく、やらないとぶちぶちうるさいから(いや、そんなことありません。何も言わず黙ってやらせてもらいます)!

其の二十三 『知多半島沖の島に行くことになろうとは!』

投稿日:2018年08月27日

私は遺伝的に(母親もそうだったらしい)滅法日焼けに弱く、にもかかわらず小学校の頃は水泳が得意で町中のプールでは毎日泳ぎまくっていた。しかし、ひとたび海に行くと完全に日焼けから火傷状態になり、いつもそれなりに細心の注意を払っていた。

幸か不幸か日焼けに弱い! 科学新聞社にお世話になった経緯

それから皮膚には何事もなく10年が過ぎた。今にして思えば、魔が差したのか幸運だったのか判断しかねるが、40年以上前に当時入り浸っていた雀荘の仲間と伊豆七島の神津島に遊びに行った。もちろん弱いのはわかっていたので、泳ぐ際はTシャツを着るなり、細心の注意を払ったつもりだったが、隠しきれなかった首と膝から下が火傷状態になってしまった。お世話になっていた民宿ではどうにもならず、応急処置をしてもらうことになったが、もう既にお金が底をついていた。そこで民宿に学生証を預けお金を借り、最低限の処置をしてもらって帰ってきた。

それがまだ梅雨明け早々の時期だったので、夏休み中は麻雀どころではなくお金を返すためにもアルバイト、アルバイトとなった。そこで公的なアルバイト斡旋所である学徒援護会(学生援護会ではありません)に、夏の間だけ2カ月のアルバイトを探しに行った。そこに募集が出ていたのが、その後40年にわたってお世話になることになった科学新聞社だった。

だから島には特別な思い入れがある。と言っても、大きな島ではなく小さな島である。それがなんと、日曜、月曜で知多半島の沖、日間賀島というところに行くことになった。

岡井健【著】「マイ・プラクティス カイロプラクティック 基本テクニック論」を読んで 山﨑徹

投稿日:2018年08月22日

岡井氏の新刊に感想を寄せる。山﨑氏がセラピーウェイの第1作、岡井健氏著の「マイ・プラクティス カイロプラクティック 基本テクニック論」を購入して帰り、早速その感想を寄せてくれたので、これを紹介させていただく。

軸トレ塾 臨床講座 開催決定!

投稿日:2018年08月22日

開催決定!

軸トレ塾 番外編「特別臨床講座 2 」 2019年3月24日(日)
「無振動伏臥テクニックの復習」
「腰椎施術、前後の検査と施術方法について」
 ※下記に古谷真人氏から寄せられた講習後記を掲載しておりますが、「本講座 1 」を受講された皆様には、その際に使用いたしました資料を忘れずにご持参ください。コピー防止用の用紙を使用しております。予備に限りがございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事