斎藤 信次 残日録 | カイロプラクティックジャーナル

斎藤信次残日録

齋藤 信次(さいとう しんじ)

2016年6月、科学新聞社の代表取締役社長を勇退、顧問に就任
今後はこれまでの経験を活かし、同社の出版事業をサポートするかたわら、広く手技療法界全体の活性化を目指し、独自の活動を展開していく予定
幅広い人脈を持ち、また人情味にも厚く、業界の良き相談相手であったことから、今後ますますの出番が予想される力強い助っ人

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事