非表示 | カイロプラクティックジャーナル

  非表示

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

中川貴雄の臨床応用 17《東京》頚推障害 4

投稿日:2018年07月16日

主な内容

  1. 前回の復習
  2. むち打ち症治療のデモ
  3. 「むち打ち症」治療への応用
  4. その他、頚部症状について
  5. Q&A 質疑応答



中川 貴雄(なかがわ たかお)
昭和23年2月、三重県鳥羽に生まれる。昭和53年、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのロサンゼルス・カイロプラクティック大学(LACC、現・南カリフォルニア健康科学大学SCUHS)卒業、ドクター・オブカイロプラクティック(D.C.)取得。
カリフォルニア州開業試験合格。同地にてナカガワ・カイロプラクティック・オフィスを開業するかたわら、母校LACCで助手、講師を経て、昭和62年まで助教授としてテクニックの授業を受け持つ。その間、昭和56年には全米カイロプラクティック国家試験委員も務める。
カリフォルニア州公認鍼灸師。
平成11年、帰国。大阪にて中川カイロプラクティック・オフィス開業。 
日本カイロプラクティック徒手医学会 会長
明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)保健医療学部 柔道整復学科教授
宝塚医療大学 柔道整復学科 教授

著書

脊柱モーションパルペーション
カイロプラクティック・ノート1
四肢のモーションパルペーション上
四肢のモーションパルペーション下

など 

訳書

関節の痛み
オステオパシー臨床マニュアル
オステオパシー・テクニック・マニュアル
カイロプラクティック・セラピー

など

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

中川貴雄の臨床応用 17《大阪》頚推障害 4

投稿日:2018年07月16日

主な内容

  1. 前回の復習
  2. むち打ち症治療のデモ
  3. 「むち打ち症」治療への応用
  4. その他、頚部症状について
  5. Q&A 質疑応答



中川 貴雄(なかがわ たかお)
昭和23年2月、三重県鳥羽に生まれる。昭和53年、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのロサンゼルス・カイロプラクティック大学(LACC、現・南カリフォルニア健康科学大学SCUHS)卒業、ドクター・オブカイロプラクティック(D.C.)取得。
カリフォルニア州開業試験合格。同地にてナカガワ・カイロプラクティック・オフィスを開業するかたわら、母校LACCで助手、講師を経て、昭和62年まで助教授としてテクニックの授業を受け持つ。その間、昭和56年には全米カイロプラクティック国家試験委員も務める。
カリフォルニア州公認鍼灸師。
平成11年、帰国。大阪にて中川カイロプラクティック・オフィス開業。 
日本カイロプラクティック徒手医学会 会長
明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)保健医療学部 柔道整復学科教授
宝塚医療大学 柔道整復学科 教授

著書

脊柱モーションパルペーション
カイロプラクティック・ノート1
四肢のモーションパルペーション上
四肢のモーションパルペーション下

など 

訳書

関節の痛み
オステオパシー臨床マニュアル
オステオパシー・テクニック・マニュアル
カイロプラクティック・セラピー

など

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

スポーツカイロプラクティックセミナー《2018東京》筋膜編 第2回

投稿日:2018年07月16日

筋膜

菱形筋群、広背筋、内肋間筋、外肋間筋、僧坊筋、前鋸筋

適応症

肋間神経痛、翼状肩甲骨症、肩痛、呼吸障害、側弯症



お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

スポーツカイロプラクティックセミナー《2018東京》筋膜編 第4回

投稿日:2018年07月16日

筋膜

三角筋、ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)、大円筋、関節包、肩鎖関節、烏口肩峰靱帯、大胸筋、小胸筋

適応症

五十肩、インピンジメント症候群、肩鎖関節痛、胸郭出口症候群



お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

神経学講座 【神経局在診断】を読む第15回《まとめと応用》

投稿日:2018年06月26日


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー



お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

神経学講座 【神経局在診断】を読む第14回《大脳の機能を考える》 

投稿日:2018年06月26日

主な講義内容

  • 左右の脳の情報処理は独立して行われる
  • 大脳皮質の機能領域
  • 第1次領野
  • 連合野
  • 血液供給と機能
  • 半球に見る左右性機能
  • 皮質と末梢の相互作用

末梢からの入力により大脳皮質の機能性は決定されます。

末梢-脊髄-脳幹-間脳-大脳皮質。この経路のどこに問題がおきることで痛みやシビレなどの感覚障害が生じ運動障害が発生するのか。

大脳皮質の機能が重要なカギとなり施術の手掛かりがそこにあります。


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー



お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第10回 頭部2

投稿日:2018年06月14日

頭部2主な講義内容

  • 脳神経の検査
  • 小脳の機能検査

カイロプラクティック、柔道整復、鍼灸、どの学校でもあまり時間をさかないところだと思います。

また、自分で勉強しようと思ってもなかなかとっつきにくく、手をつけれていない先生が多いのではないでしょうか?まずは苦手意識から変えれるようにしていきましょう。



講師

辻本 善光
現在、和歌山市で開業。
東大阪の国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)一筋、一昨年まで22年間勤務。その間、教務部長、臨床研究室長を務め、解剖学、一般検査、生体力学、四肢、リハビリテーション医学、クリニカルカンファレンスなど、主に基礎系の教科を担当。
現在もICCブリッジおよびコンバージョン・コースの講師を務め、また日本カイロプラクティック登録機構(JCR)設立当初には試験作成委員を務めた経験もある。
現在は、カイロプラクティックの基礎教育の普及のため、基礎検査のワークショップを各地で開催するなど、基礎検査のスペシャリストとして定評がある。
辻本カイロプラクティックオフィス

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第9回 頭部1

投稿日:2018年06月14日

頭部2主な講義内容

  • 生体力学
  • 問診
  • 視診
  • 触診

全身性の症状を全部頭蓋を含む上部頚椎の問題として扱ってませんか?3か月以上続く痛みを全部ストレス性にしていませんか?

安易に問題を決めずにきちんと評価すれば、上部頚椎の問題なのか、ストレス性なのか方向性が見えてきます。

特に上部頚椎である環椎は椎間板も持たず、その支持は靭帯と筋によるものです。これらの組織を評価できれば、上部頚椎にアプローチする根拠ができます。非常にデリケートで重要な部位だからこそ、慎重に評価していきたいと思います。

頚部の状態を把握することは危険なアプローチの予防、安全なアプローチの最低条件です。そのうえで、どのような施術を行うのか?

しかし、頚部は臥位以外では他の関節からの代償が入る開運動連鎖の最終と言っても良く、患者さんの訴えている問題が、頚部に起因するものなのか?他からの代償なのか見極める必要があります。

そして神経学的問題も同じで頚椎性の問題か、末梢性の問題かを判断できなければ患者さんの訴えている問題を解決することはできません。



講師

辻本 善光
現在、和歌山市で開業。
東大阪の国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)一筋、一昨年まで22年間勤務。その間、教務部長、臨床研究室長を務め、解剖学、一般検査、生体力学、四肢、リハビリテーション医学、クリニカルカンファレンスなど、主に基礎系の教科を担当。
現在もICCブリッジおよびコンバージョン・コースの講師を務め、また日本カイロプラクティック登録機構(JCR)設立当初には試験作成委員を務めた経験もある。
現在は、カイロプラクティックの基礎教育の普及のため、基礎検査のワークショップを各地で開催するなど、基礎検査のスペシャリストとして定評がある。
辻本カイロプラクティックオフィス

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事