カイロジャーナル・ドットコム

SCIエッセンシャル講座 第6回
「カイロプラクティックを科学的にみてみる」近江 顕一D.C.

SCIエッセンシャル講座 第6回  「カイロプラクティックを科学的にみてみる」近江 顕一D.C.

 今回のスピーカー、近江顕一君とはまだ出会って10年と経っていないが、本講座の前回のスピーカー、大陰君の紹介で、用賀で開業する堀川君と渋谷で一緒に飲んだのが始まりである。その後、彼が開業前に籍を置いていた赤坂のオフィスを訪れたり、幾度か夕食を共にしただけだが、コロナ前の今から3年前、(まだ店仕舞いしたわけじゃないが)現段階としては最後の「カイロプラクティック・ソウルナイト」のスピーカーを頼んだこともあり、「カイロプラクティック」と「科学」に目を向ける、なんとなく気になる存在のナイスガイである。今回も当社で行ったDCの集まりの際に、「カイロプラクティック」と「科学」の話をしていて、「やってみる?」「ええ、是非!」となって即座に決まった次第である。(科学新聞社 斎藤 信次)

スピーカー近江 顕一D.C.
日   時2022年6月28日(火) 19:30~21:00
参 加 費2,750円(税別2,500円)

 カイロプラクティックに関するリサーチが近年増えてきている中で、神経生理学に基づくカイロプラクティックへの理解は、「科学」というものを考えたときに、カイロプラクター間の共通認識として是非持っておいていただきたいものだと考えています。
 カイロプラクティックをより多くの人に正しく理解してもらうための、きっかけになるようなお話を共有させていただきます。

細とお申込み→


近江 顕一
東京都出身、1984年生まれ。早稲田大学スポーツ科学部を卒業後に渡米。ジョージア州のLife UniversityでDCと修士(スポーツ科学)を取得後、米国内のオフィスでアソシエイトを経験し帰国。2018年に地元である多摩地区での地域活性・健康増進に携わるため、東京都立川市でOUMIスポーツカイロプラクティックを開院。神経生理学に基づくカイロプラクティックの理解に関する発信や、自主開催セミナーなどを行う傍ら、TheragunやROCKTAPEなどのスポーツケアに関係するツールのインストラクターとしても活動中。スポーツカイロプラクター(CCSP・ICSC)。

Return Top