カイロジャーナル・ドットコム

留学日記
中村 将希 in Life university [第10回]

留学日記中村 将希 in Life university [第10回]

セミナー その2

 今回は最近参加したセミナーについて書かせていただきます。

 まずはDr. Herb Wood(ハーブ・ウッド)によるガンステッド・テクニック、サービカル・チェア・アジャストメント・セミナーです。Dr.ウッドはDr. ガンステッドから直接学んだ方で、数多くのカイロプラクティック大学で伝統的なガンステッド・テクニックを教えているドクターです。今回は彼がパートナーと企画しているシリーズのプロモーションのためのセミナーでした。

 以前から彼のセミナーには目をつけており、今回は彼の頚椎のアジャストメントを体験するというミッションを密かに自分の中で計画していました。なので、ナーブスコープの説明時に患者役が必要となった際に、これはチャンスとばかりにすぐに上着を脱ぎ、さっさとサービカル・チェアに座りました。

ドクターが説明を終えたときに「アジャストしていただけませんか?」とお願いしたところ、彼は快く応じてくれたので、このチャンスを逃してなるものかと友人に頼んで録画してもらったのですが、とても有名なガンステッド・ドクターからアジャストメントを受けるというミッションを達成した私の顔は、「やったぜ!」というにやつきを隠しきれていませんでした。

 ドクターのアジャストメントを見るのも重要ですが、実際に体験してみるのはもっと勉強になります。Dr.ウッドはセットアップをとても細かく分解して、一つひとつを丁寧に説明してくれました。ガンステッドはとても有名なテクニックですが、不思議なことに有名なテクニックほどセミナーが多くありません。長年にわたって伝統的なガンステッド・テクニックを伝承しているDr.ウッドから、頚椎のアジャストメントを学べたのは非常に光栄なことでした。

Dr.ウッドと記念撮影

Dr.ウッド による頚椎のアジャストメント

 次はDr. Matthew H Sweat(マシュー・H・スウェット)によるアトラス・オーソゴナル(AO)ベーシック・セミナーです。今年の初めにDr.マシューのお父様、AOの創始者Dr. Roy W Sweat(ロイ・W・スウェット)がお亡くなりになられたことは、カイロプラクティック界にとって非常に大きな損失だったと思います。私にとって創始者にお会いし直接お話しさせていただけたことは、とても光栄なことでした。お亡くなりになる寸前まで患者を診続け、AOの発展に生涯を捧げたDr. ロイのカイロプラクターとしての姿勢は、正に匠そのものでした。

 Dr.マシューが現在はお父様に代わってAOの発展に努められておられます。Dr.マシューから教えていただくのも、話をさせていただくのも初めてだったのですが、私の拙い質問にも丁寧に答えていただき、またマニュアルの1ページ、1ページを参加者全員が理解できるように進めていただき、とてもわかりやすかったです。今年の夏学期から私の好きなテクニックを大学で使えるようになるので、それまでに完璧に理解できるように少しずつ自ら勉強していきたいと思っています。

Dr. マシューと記念撮影
0.0 rating
Return Top