カイロジャーナル・ドットコム

【情報更新】6月6日から、榊原直樹による「カイロプラクティック セミナー」が開催されています。テーマは「神経モビリゼーション」

【情報更新】6月6日から、榊原直樹による「カイロプラクティック セミナー」が開催されています。テーマは「神経モビリゼーション」

Dr.Sこと榊原直樹氏による「東京セミナー」の今シリーズがいよいよ6月6日(日)よりスタートします。テーマは「神経モビリゼーション」。

本セミナーでは末梢・中枢神経の解剖・疾患・治療法について学んでいきます。神経系の治療において、もっとも大切なのは問題(絞扼)箇所を特定することです。そのためには触診技術が必要になりますが、それと同等に大切なのが“神経の走行”“絞扼の好発部位”を知っていることです。どんなに素晴らしい触診技術を持っていても、これらの知識がなければ絞扼箇所を特定することは困難です。

スケジュールと具体的内容、適応症状

日程神経対応症状
第1回6月6日(日)頭頚部の神経第1頚神経後枝(後頭下神経)、第2頚神経後枝(大後頭神経)、小後頭神経、第3後頭神経(C3頚神経後枝)、鎖骨上神経、頚横神経、後頭神経痛、大耳介神経頚性頭痛、慢性頚部痛
第2回7月4日(日)交感神経節下部頚神経、横隔神経、肋骨下神経、星状神経節、肝臓への横隔神経支配、上頚神経節、中頚神経節、頚動脈洞、脊髄後枝症候群、腰神経後枝症候群自律神経失調症、上肢痛、T4症候群
第3回8月1日(日)腕神経叢腕神経叢、肩甲背神経、後頚三角、副神経(第11脳神経)胸郭出口症候群、頚静脈孔症候群
第4回9月5日(日)上肢の神経①肩甲上神経、尺骨神経、尺骨神経手背枝、腋窩神経、橈骨神経、橈骨神経深枝(後骨間神経)、橈骨神経浅枝、肩痛、上肢痛、ゴルフ肘、テニス肘、ガイオン管症候群、肘部管症候群、橈骨管症候群
第5回10月3日(日)上肢の神経②筋皮神経、外側前腕皮神経、内側前腕皮神経、正中神経、正中神経掌枝手根管症候群、回内筋症候群
第6回11月7日(日)下肢の神経①腰神経叢、臀部の神経(上殿皮神経、中殿皮神経、上殿神経、下殿神経、坐骨神経腰痛、坐骨神経痛、メイン症候群、上殿皮神経症候群、梨状筋症候群
第7回12月5日(日)下肢の神経②後大腿皮神経(会陰枝、下殿皮神経)、陰部神経(下直腸神経)、皮神経貫通枝)、腸骨鼡径神経、腸骨下腹神経、胸腹神経絞扼症候群
第8回2月6日(日)下肢の神経③大腿神経、大腿三角、内転筋管、陰部大腿神経、内転筋腱裂孔、閉鎖神経、知覚異常性大腿痛閉鎖筋症候群、膝痛、足根管症候群、内転筋管症候群
第9回3月6日(日)下肢の神経④伏在神経(膝蓋下枝、縫工枝)、脛骨神経、内側足底神経、総腓骨神経(浅腓骨神経、深腓骨神経)、外側腓腹皮神経、腓腹神経オスグッド病、ジャンパー膝、足底筋膜炎、反回関節枝症候群
第10回4月3日(日)頭頚部・上肢復習セッション
第11回5月8日(日)下肢①
第12回6月5日(日)下肢②

※開催は原則毎月第1日曜日となりますが、講師等の都合で変更する場合があります。Webでご確認ください。また、参加申込みをされている方には、速やかにご連絡いたします。
※2022年1月の開催はありません。

●時 間:10:00~16:00(昼食、休憩時間を除いて実質5時間の講義です。)

●会 場:科学新聞社 6階(住所は下記参照)

●参加費:各19,800円(税別18,000円、資料・昼食代を含みます)

お申込み期限

9月29日(水) 〜17:00

お申込み

お申込みは、下記のリンクまたは直接下記までお申込みください。

問い合わせ・申し込み先

科学新聞社 斎藤宛
〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館
Tel:03-3434-4236 
Fax:03-3434-3745
E-mail:saitoh@sci-news.co.jp

講師情報

榊原直樹, DC, DACBSP®, ICSSD, CSCS

・東北大学卒業(動物遺伝子学)
・Cleveland Chiropractic College卒業。
・カイロプラクティック・ドクター免許取得(#DC25271)
・公認スポーツ障害専門カイロプラクター(CCSP)
・公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)
・トリノオリンピック・メディカルチームメンバー
・スポーツ・カイロプラクティック学位(DACBSP)
・岐阜大学大学院医学系研究科非常勤講師
スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
blog スポーツドクターSのざっくばらん

Return Top