カイロジャーナル・ドットコム

推進会議ガイドライン、内閣官房コロナ対策ホームページの業種別ガイドラインに掲載

推進会議ガイドライン、内閣官房コロナ対策ホームページの業種別ガイドラインに掲載

 2カ月に一度、厚生労働省や消費者庁から担当官を招き会議を行っている、カイロプラクティック制度化推進会議の「カイロプラクティック事業所における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(第3版)が、令和3年3月30日時点の「内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページ」の業種別ガイドラインに掲載されている。

 当初希望していた「医療サービス等」での掲載は、未法制の壁が厚く「生活必需サービス」での掲載となったが、主目的であった業界内の感染症対策の徹底を図るために、とにかく公的なリストへの掲載を優先しての判断となった。

 推進会議は現在、一般社団法人・日本徒手療法師会を設立し「徒手療法師」資格認証による臨床安全の担保に向けて作業を進めているが、同ガイドラインはその線に沿って、会員に限らず徒手療法全般の事業所を対象に作成されたものである。

 また掲載された第3版は、第1版から第2版へと改訂を進めていたが、行政担当官からの助言に則って、政府や行政発表の最新情報に追従しての改訂を行い、実際の感染状況の変化やその予測に対応した実効性の高い内容を目指したものである。

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページ 業種別ガイドラインhttps://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

カイロプラクティック制度化推進会議ホームページ 新型コロナウイルス感染症対策https://clpc.jp/covid19.html

Return Top