カイロジャーナル・ドットコム

新シリーズ「今日の一冊」

新シリーズ「今日の一冊」

現在、カイロジャーナル・ドットコムのセミナー、Webセミナーで講師を務められている先生方が、臨床家を目指して勉強していた頃、そして開業、講師活動をするようになった今でも、座右の書としていつも傍らに置かれている本を紹介していただきます。

第1回は、現在Webセミナー「徒手療法家のための基礎講座」を開講されている辻本善光氏に紹介していただきました。

書籍名著者出版社
ベイツ診察法Lynn S. Bickley
日本語版監修 福井 次矢 他
MEDSI
メディカル・サイエンス・インターナショナル
図解 四肢と脊椎の診かたS.Hoppenfeld
監訳 野島 元雄
医歯薬出版
カパンジー機能解剖学A.I.Kapandji
訳 塩田 悦仁
医歯薬出版
ネッター解剖学アトラスF.H.Netter
訳 相磯 貞和
南江堂
アナトミートレインThomas W. Myers
訳 板場 英行/石井 慎一郎
医学書院
基礎運動学中村 隆一/齋藤 宏医歯薬出版
AKA
関節運動学的アプローチ 博田法
博田 節夫医歯薬出版
マイプラクティス
カイロプラクティック基本テクニック論
岡井 健セラピーウェイ
四肢のマニピュレーション中川 貴雄科学新聞社
脳の中の痛み守屋 徹科学新聞社
以下は絶版
Amazon等で中古本をお探しください
エッセンシャル カイロプラクティック 哲学科学新聞社
カイロプラクティックマネジメントエンタプライズ

今回第1回目は、紹介していただいた書籍その中から2冊、「図解 四肢と脊椎の診かた」と「基礎運動学」をご紹介します。

図解 四肢と脊椎の診かた

S.Hoppenfeld(著)、野島 元雄(翻訳)、首藤 貴(翻訳)

5,200円(税別)
発売日:1984年2月1日
出版社:医歯薬出版

著者のオッペンフェルドはアメリカの整形外科医で関節の専門家として、臨床と教育に長年携わってきた人です。
本書は皮膚をたどりながら、関節、筋、神経などを理解できるように工夫されたテキストです。
整形外科医や理学療法士、鍼灸師や柔道整復師などの手技療法系の治療家にとって得ることの多い本だと思います。
すごいのは、1984年に出版されたものですが、決して古さを感じさせない。改訂されていないということは、それだけすごくまとまっていてとてもいい内容だっということになります。読み応えもあります。
いまセミナーでは、触診は概論的なところをやっていますが、だんだんと各論に入っていきます。触診の仕方や、そこからの異常がすごくわかりやすく書かれています。この値段でこれだけ書いてあると文句の言いようがないですね。ぜひ次期のセミナーの参考にしてください。とてもお買い得な一冊です。

基礎運動学 第6版

中村 隆一(著)、齋藤 宏(著)、長崎 浩(著)

6,800円(税別)
発売日:2003年12月20日
出版社:医歯薬出版

この本は、皆様にぜひ読んでいただきたいですね。運動学のエッセンスを簡潔にまとめ、基礎から解剖学、筋肉の起始停止。支配神経から始まって、反射の話しとか‥‥、反射も脊髄反射ではなく、原始反射、人が成長していく段階で見られる、反射が書かれています。これをとっかかりに勉強していくと面白いと思いますよ。
人の身体を診る基礎になります。これを読み込んでおくと、他の本が非常に読みやすくなります。

Return Top