「カイロプラクターとしての使命」 | カイロプラクティックジャーナル

  「カイロプラクターとしての使命」

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健DCのI Love Chiropractic ! 「カイロプラクターとしての使命」2020.03.16

皆さん、お元気ですか? 今年に入って初めてのコラムになります。いろいろと忙しくもあり、楽しいことが山盛りの2020年を迎えていました。ところが、ここ最近はコロナウィルスのニュースで世界中が震撼している状況です。私はここで、我々ヘルスケアに携わる者が、そしてカイロプラクティックという特別なヒーリングアーツに従事している者として、冷静に社会に情報を発信し、その使命を果たすべく活躍すべきときではないかと熱く燃えています。

軽挙妄動に走るな、過激論者やメディアによって

このコロナウィルスは、最悪のタイミングをもって中国で発生し、中国の春節の休暇を楽しむ方々によって、世界中に拡散することになりました。ここで我々がすることは中国やその他の国を誹謗中傷することでしょうか? またウィルスに怯えてパニックを起こし、電車内で咳をする人に暴行をはたらいたり、マスクや除菌製品をめぐって争ったりすることでしょうか? 聡明な皆さんならそんなことではないとお気づきのはずでしょう。世界中の多くの方が同様に、今の世界のウィルスに対する過剰反応に疑問を持っていることでしょう。しかし、いつの世も過激論者やメディアの論調に大きく影響を受けて世論が形成されてきました。そして言いたいことが言えない雰囲気が漂い始めます。

正確な情報や知識、考えて発言や行動を

第二次世界大戦も、一般の人たちが何も知らされないうちに戦争へと突入し、やがて軍部やメディアによる世論操作や、非常時の異常な精神状態によって、とんでもない結果へとなっていきました。今になって思えば、とても不思議で歯痒い出来事で信じられないことです。では、今の状況はどうでしょう? 先の大戦と一緒にするな、と怒る人がたくさんいると思います。しかし、その中で本当に正確な情報や知識を元に、自分自身の考えを持ち発言や行動をしている人がどれだけいるでしょうか? 我々は自分では気づかないうちにいろいろなものに影響を受け、自分で考えることをせずに容易に入ってくる情報や多数の意見を鵜呑みにし、受け売りの意見で、それがあたかも自分が正論を吐いていて、反する意見は間違っていると思うものです。

過剰に恐れることはない、怖いのは

今、世論に逆らい私のような意見を声高に叫ぼうものなら、不謹慎だとかお叱りを受けるかもしれませんし、ネット憲兵にしょっぴかれるかもしれません。必ずしも自分は世論と同じ考えでないのに、叱責を受けたり、炎上したりするのが怖くて正直な意見を言えない人が世の中にはたくさんいます。守るべきものがあるので、世間を恐れてしまいます。私は健康な成人ですので、コロナウィルス自体は怖くありません。私にとってはただの風邪に過ぎません。怖いのは今の世の中であり、自由を奪われる隔離であり、風評被害です。疑心暗鬼になった人たちからの差別や迫害です。すなわち我々人間が怖いのです。皆さんもそうではありませんか? 我々は自分たちで恐怖をつくり出しています。

カイロプラクターとして

私の今のモヤモヤした思いはここまでにして、本題である私たちカイロプラクターが、今やるべき使命について述べたいです。社会でカイロプラクターとして認知されたいのであれば、それなりの役目や使命を果たさなければなりません。ただ世の中の意見に同調しているのではなく、物事の本質に目を向けて本当にやらなければならないことをしなければなりません。マスクをしようがウィルス感染はします。ただ、少しでも確率が減少したり、粘膜の保湿効果があったり、他人へ菌をまき散らさないという有効性もあります。単にマスクをしていれば安全という訳ではありません。エチケットとして人に菌をまき散らさないという意味の方が大きいのです。その情報を患者に伝えて、マスクがなくてもパニックを起こさないように説明しましょう。

免疫力を上げる

そして何より大切なのは、自分自身の免疫力を上げることに全力を尽くすべきということです。ウィルスをもらわないようにすることばかりに気をつけていても、目に見えないウィルスはどこに潜んでいるか、どこから飛散してくるかわかりません。常識的な範囲で対策をし、社会生活や自分の生活パターンが極度に制限されるまで警戒することは、コロナウィルスより大きなダメージを受けることになります。それよりも、こういうときにこそ、明るくポジティブに自分の免疫を上げる努力をすることです。まずは精神面です。恐れてビクビクして疑心暗鬼になるより、体を動かして適度な運動をして体を鍛えることです。花粉症が気になりますが、季節はコロナに関係なく春が訪れようとしています。朝から晩までテレビやネットでコロナのニュースを追いかけるより、外に出て体を動かすべきです。気持ちが前向きになります。食生活や睡眠に気をつけて、いい音楽を聴いて、好きな楽しい趣味をエンジョイすることです。そんなメッセージを発信していきましょう。

カイロプラクティックこそ

ここで忘れてはいけないのは、カイロプラクティックで自己免疫力や治癒力を上げることです。一般には、カイロは腰痛や肩こりのための医療と認識されています。カイロの最も大切な効能を知っていただき、より健康になっていくことを今こそやっていかなければなりません。それが私たちカイロプラクターの使命です。私の愛すべき仲間である皆さん一人ひとりが勇気と使命感を持って行動してほしいと思います。コロナウィルスに負けずに私たちは皆さんの健康な生活のために、メッセージを発信し、一人でも多くの方をアジャストしていくべきです。さあ、一緒に今すぐ行動に移しましょう。私は心から皆さんを頼りにして応援しています。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事