代替療法の世界 第16回 「孫子の兵法! 守屋氏の待望の新刊を手にして」 | カイロプラクティックジャーナル

  代替療法の世界 第16回 「孫子の兵法! 守屋氏の待望の新刊を手にして」

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

代替療法の世界 第16回 「孫子の兵法! 守屋氏の待望の新刊を手にして」

『脳の中の痛み -痛み学NOTE-』
(守屋徹・著/A5判355頁・カラー/定価:本体5,800円+税/科学新聞社・刊)

本ウェブサイトに寄稿させてもらっているライターの一人として、甚だ僭越ではあるがちらっと感想を言わせてもらうと、カイロ-ジャーナル紙の連載時からずっと感じていたことだが、守屋氏の文章はすこぶる読みやすい。奇をてらうことなく難解な言い回しもない。

良いものは良い、良くないものは良くない、すべて私の主観

こんなことを書くと、本書の発行者で本ウェブサイトの代表でもある斎藤氏と私、山﨑の関係性から、依頼を受けて(脅されて)こうした書評を書いているのでは、と勘ぐる人がいるかもしれないが、答えはノー! 頼まれてもいないし、本も自腹で購入している。あのね、そうじゃなきゃ自由に物が言えないでしょ! 少なくとも日本では表現の自由がある。隣の国とは違って大切に守られている。だからこそ、忖度が働かないように書評を書くときは自腹購入が原則だ。良いものは良いし、良くないものは良くない。私の主観で自由に書くだけ、単純明快な話である。

見本を見かけて

さて前置きはこれくらいにして本論に入る。本書が出版されるひと月以上前に、斎藤氏の部屋を訪れたとき、本棚に本書の見本が置いてあった。中をめくって、「これは」と衝撃が走った。それまで守屋氏の存在は知っていたものの面識はなかった。即、守屋氏にFacebookの友達申請をした。それ以来の関係であるが、その本が出版されたと知って、すぐさま斎藤氏に注文した。

敵も己も知れば、危ういことはない。治療もしかり!

この『脳の中の痛み –痛み学NOTE-』は前述の通り、長くカイロ-ジャーナル紙に連載されていた記事に加筆修正を加えたものだ。守屋氏が長い間、痛みに向き合い知己を得てきたことが書かれている。様々な角度から「痛みとはなんぞや?」ということをテーマに論じている。

「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」序文に孫子の兵法の一節を引き合いに出して、「痛みを敵、それを知ることでどんな患者にも対応できると」と守屋氏は説く。古来より読み続けられる孫子である。戦国時代は武田信玄が風林火山の旗印にも引用した。ビジネスシーンでも応用できるし、治療もまたしかり。

敵を知らず己を知れば、勝ち負けを繰り返すだけ。再現性を語れず!

その孫子には続きがある。「敵を知らずして己を知れば一勝一負す」である。自分の治療方法に自信がある治療家でも、痛みである敵のことがわからなければ勝ち負けを繰り返す。勝つこともあるが、負けることもある。勝負は運否天賦(うんぷてんぷ)。神のみぞ知る戦いである。そんな丁半博打(ちょうはんばくち)のような治療ができるか? 少なくともあたりをつけて治療して、再現性のあるものに仕上げていかないといけない。「痛み学NOTE」がどのような位置づけか? その意味が良くわかる孫子の一節である。

敵も己も知らなければ、危ういことばかり。獲物を捕らえられず! 

さらに「敵を知らず己を知らざれば,戦う毎に必ず危うし」と続く。痛みのことも知らない。自分自身の治療スタイルも確立できていない。また自分の治療方法の弱点も把握していない。何をしたらいいかもわからないし、今の自分の現状を把握もしていない。

そうした自分を知らない治療家は、セミナーに出席すると講師の一挙手一投足に注目し、一見、鵜の目、鷹の目(うのめ、たかのめ)に見えるが、実のところ、どうでもいい言葉尻ばかり捕らえて、自分自身がわかっていないから、鵜や鷹のように獲物を捕らえることはできない。それは鵜の目、鷹の目ではなく、ただのアラ探しと言う。

質問で人間性浮き彫り。本性丸見え!

そうして果てには「他の講師はこう言っていたが、あなたはどう思うか?」などと失礼極まりない質問をする始末。もはや末期症状である。この人は高い受講料を払って一体何をしに来たのだろうか?

質問力はそのまま人間性も問われることになる。海外講師はニッコリ笑って受け流すけれど、オフセミナーで本音を聞くと、「さっきの質問してきた人、心が疲れているね」とすべて見抜かれている。欧米人はやんわりと批判するから。心が疲れているとは、頭のおかしい人と同じ意味だ。

自己分析とターゲットの特性を知る。鳥は片翼だけでは飛べない!

そんな治療家は治療するたびに危うい。つまりは負けることが多くなる。これは患者を納得させるだけの治療ができないと同義である。そうならないために,自己分析をすることで自分の治療方法について、学びの欠点を知ることだ。守屋氏はそれを行間で伝えているように思う。痛みの知識は治療家として必要条件である。

それと同じくらい、治療家が自分自身を知ること。その大切さも説いているのだ。確かに痛みの知識は大変重要である。しかしながら、鳥は片方の翼だけでは飛ぶことはできない。もう片方の翼である自分自身を知ることが肝要だろう。「痛み学NOTE」には価値がある。だがその価値を生かすも殺すも治療家次第なのである。自由の翼を手に入れるには、そうした心構えが必要になる。

どんなときにも、まず自分のことを知ること。これが始まりである。そして、「痛み学NOTE」とともに自分を確立すれば「百戦危うからずや」なのである。

最後に、私の好きな墨子の格言を。謙虚であれ!

孫子の兵法を主軸に論じてきた。しかし盲目的に自分を信じることにもいささか注意が必要だ。同じ諸子百家から墨子(墨家)を紹介する。今の中国には皮肉たっぷりだが、非攻と兼愛の精神を説いた墨子の私の好きな格言。「人はその長ずるところに死せざるは寡(すく)なし」(人は自分の長所によって身を滅ぼすことが多い)。

長所を伸ばせという昨今の風潮とは真逆の言葉。身につまされますなぁー。自分の力を過信するなとも読み取れる。過信は平たく言うと自惚れだ。治療に自信を持つのは良い。しかしながら、それが身を滅ばすこともあるのだ。謙虚であらねばならないだろう。どんなときでも。自戒の念を込めて。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事