局在神経学基礎講座 神経局在診断を読む 大阪 第14回 大脳の機能を考える | カイロプラクティックジャーナル

局在神経学基礎講座 神経局在診断を読む 大阪 第14回 大脳の機能を考える

ヒトとしての進化の過程で高度な機能とともに発達を遂げた大脳。 外界からの情報を処理し感覚を統合、運動機能に反映させ体内環境を制御。 高度な処理機能を持つ大脳の理解を基本的に進めてゆきます。

日付2020年2月16日
時間9:45~ 16:30(休憩1 時間)
講師丸山 正好
会場新大阪丸ビル新館
JR新大阪駅東口より交差点を直進、細い路地の突きあたりを左折。地下鉄御堂筋線新大阪駅5、6番改札より上へ
参加費16,200円(税別)※資料・昼食代を含む
受講対象者神経学を学びながら、自分の行っている治療と患者様の抱えている問題を、より深く理解したい徒手療法家および、医療従事者
受講制限:なし
主催カイロジャーナル
定員20人
  

大脳の機能を考えるの主な内容

  1. 発達
  2. 肉眼的な構造と諸領域
  3. 組織構造
  4. 白質
  5. 機能局在

大脳皮質は大きく前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉と4つの領域に分かれ、機能的に52の領域に分けられます。
それぞれのエリアが複雑に情報を処理することで感覚、運動、情動をコントロールし神経系のセンターコントロールとして重要な働きをします。

Check 注目情報

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事