和泉宏典氏の新連載「カイロプラクターのための栄養学」、 4月には同名の紹介セミナーも! | カイロプラクティックジャーナル

  和泉宏典氏の新連載「カイロプラクターのための栄養学」、 4月には同名の紹介セミナーも!

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

和泉宏典氏の新連載「カイロプラクターのための栄養学」、 4月には同名の紹介セミナーも!

また一人、米国在住の日本人D.C.との知己を得た。これまで幾人の日本人D.C.とお会いし、お付き合いしてきたろう? 日米で優に100人は超えていると思う。今回は会社宛に届いた一通のメールからだった。

栄養学に対する関心は?

メールの内容は、日本のカイロプラクターたちの、栄養学に対する関心の高さはどの程度かというものだった。メールは社内を巡ることなく私に回ってきた。すぐさま、日本におけるカイロプラクティックの現状を知らせるとともに、メールでの意思の疎通が難しいからと、電話でのやりとりを希望する返信をした。

Izumi Family Chiropractic and Wellness Dr.宏典&Dr.路子

すると、電話で話すための日本時間を十分に考慮してくれたメールが届き、初めての声の交歓となった。彼の名前は和泉宏典(いずみ・ひろのり)氏、ニューヨーク州マンハッタン郊外で「Izumi Family Chiropractic and Wellness」を開業していると言う。また今回、直接やりとりすることはなかったが、夫人の路子(みちこ)さんもD.C.なので、近々もう一人D.C.リストが増えることになりそうだ。

すっかり打ち解け、連載も、セミナーも

和泉氏と電話で話すうちにすっかり打ち解けることができた。「カイロプラクターのための栄養学」という連載をWeb版で始めること。4月に帰国する予定があるというので、そのときにお会いすること、また、空いている時間を利用して、連載と同名のセミナー(4日、土曜日予定)を試しに開催してみること、などが次々に決まった。

矢島氏との関りは?

実は和泉氏の苗字を聞いたときに、ジョージア州アトランタで開業する矢島敬朗(やじま・よしろう)氏のことが頭に浮かんだ。カイロ-ジャーナル紙を発行していたときに、「カイロ・オフィスだより from アトランタ」を連載してもらっていたD.C.だ。現在は「矢島カイロプラクティック」になっているが、彼と初めて会って名刺を交換したときに書かれていたのは「和泉カイロプラクティック」だった。

さあ存分に!

そして、これまでのアメリカでの生活を聞いたときに、やはりアトランタで矢島氏が継いだオフィスは、和泉氏が始めたものだった。もう何も言うことはない! 連載とセミナー、思い切ってやってもらおうと思う。その第1回目をアップする。乞うご期待‼

 

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事