其の三十九 果たせなかった健三さんの夢!ラルゴ社長に就任 | カイロプラクティックジャーナル

  其の三十九 果たせなかった健三さんの夢!ラルゴ社長に就任

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

斎藤信次残日録 其の三十九 果たせなかった健三さんの夢!ラルゴ社長に就任2019.05.06

この日の宴会中に発表させてもらったのだが、この日から元々会社設立時に出資し、その後もずっと応援し続けてきた大阪の医療機器販売会社、「ラルゴコーポレーション」改め「ラルゴ」の社長に就任した。江崎器械の先代、健三さんから、生前「年取ったら会社誰かに譲って、古賀さんと3人で『おじん商会』やらへんか! 老後は楽しく仕事しようや」とずっと言われ続けていた。その頃はまだバブル期だったので、簡単にやれそうな気がしていたが、そう言っていた健三さんがさっさとこの世からリタイヤしてしまい、景気も当時とは比べものにならないほど悪くなってしまった。でも、だからこそ当時を思い出して「やれるだけやってみるか」と引き受けた。ということで皆様、新生「ラルゴ」をズズ、ズィーと末長く、よろしく御願いたぁーてまつりますぅー

MPSG、10周年記念イベント開催

翌2日の日曜日は、大阪でモーション・パルペーション研究会(MPSG)の10周年記念イベントが行われた。もちろん、主宰する中川さんとは30年を越えるお付き合いがあり、そう簡単に「先約があります」と言える間柄ではない。

東京の第1日曜日は榊原君の勉強会が入っているので、九州のどこで同友会の忘年会があろうとも、いつも早朝に東京に向かって宿を出ていた。今回は東京に戻る前に大阪に立ち寄らなければならない。門司をとても朝方とは思えない暗がりに宿を出、在来線で小倉に移動し、新幹線で大阪の会場に向かった。始発でなくても開会に間に合いそうだったので、間に合う新幹線を予定していたが、起床時間が変わらなかったので始発にしたら、かなり余裕を持って会場入りすることができた。お陰であたふたすることなく挨拶することができた。私がカイロの仕事をし始めて、かなり早い時期に中川さんにお会いし、そしてそのお付き合いが未だに続いていることこそが、私のカイロ人生をこの上なく充実したものにしてくれたと、心の底から話すことができた。

会えずに残念がった馬場さんに新大阪でバッタリ!

午前中の研究発表を聞かせてもらい、昼から榊原君との今年の締めに間に合うように会場を後にした。新幹線の改札を通りホームに向かっていると、前日会えずに残念な思いをした馬場さんが目の前に立っているではないか! 「なぜ、こんな時間にこんな場所で」と一瞬目を疑ったが、ご不幸が「芦屋に行く」とお聞きして合点がいったが、しかし、こんな偶然があるものなのか、と本当にビックリした。

榊原君と一年の締め

榊原君の勉強会が終わる時間に帰社、今回の行脚の最終目的に無事辿り着くことができた。以前はビールをガンガン飲んでいたが、今はもうほとんど飲まなくなった榊原君と、食と会話を堪能して今年一年を締めくくることができた。3日間、東奔西走でハードだったが、いざ終わってみると、どれも欠かすことのできない、私のエネルギー源であったことがわかる。皆さん、こんな私をお誘いいただき、またお待ちいただき、本当にありがとうございます。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

Check 注目情報

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事