中川貴雄の臨床応用 19《大阪》上部頸椎(2) | カイロプラクティックジャーナル

  中川貴雄の臨床応用 19《大阪》上部頸椎(2)

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

中川貴雄の臨床応用 19《大阪》上部頸椎(2)

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

今回は、スタティック・パルペーションとモーション・パルペーションの練習。応用として上部頚椎の痛み、頭痛、めまいの治療を考えようと思っています。

日付2019年7月7日
時間9:30〜16:30
講師中川貴雄D.C.
会場新大阪丸ビル新館
JR新大阪駅東口より交差点を直進、細い路地の突きあたりを左折。地下鉄御堂筋線新大阪駅5、6番改札より上へ
参加費20,520円(税別)
主催カイロジャーナル
定員40人
  

上部頸椎(2)の主な内容

  1. 上部頸椎検査と治療の復習
  2. 上頚部の痛みと運動障害
  3. 頭痛
  4. めまい

「上部頚椎の症状を治す」は2回の予定です。前回(第1回)は、上部頚椎、軸椎、環椎、後頭骨の仰臥位と坐位のスタティック・パルペーションとモーション・パルペーションを中心に勉強しました。この検査法と治療法がわからなければ、上部頚椎の症状の治療は不可能であるからです。上部頚椎のモーション・パルペーションは、仰臥位、坐位ともに正確に細かく行わなければ、治療効果を認めることはできません。前回は、このスタティック・パルペーションとモーション・パルペーションを実際に練習していただきました。     

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事