中川貴雄の臨床応用 18《東京》「上頚部の症状や頭痛」のための検査と治療1 | カイロプラクティックジャーナル

  中川貴雄の臨床応用 18《東京》「上頚部の症状や頭痛」のための検査と治療1

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

中川貴雄の臨床応用 18《東京》「上頚部の症状や頭痛」のための検査と治療1

今回から上部頚椎、頭部症状の検査と治療に入ります。特に頭痛の治療をメインに、2、3回でお話しできたらと思っています。

日付2019年2月3日
時間9:30〜16:30
講師中川貴雄D.C.
会場日本赤十字社ビル
東京都港区芝大門1丁目1番3号
参加費20,520円(税込)※資料・昼食含む
主催カイロジャーナル
定員40人
  

「上頚部の症状や頭痛」のための検査と治療1 の主な内容

  • 上部頚椎治療に大切なこと
  • 上部頚椎(C1、C2 )のスタティック・パルペーション
  • 上部頚椎(C1、C2 )のモーション・パルペーション(仰臥位、坐位)
  • C1のモビリゼーション
  • C2のモビリゼーション

「首の痛みを治す」は結果4回のシリーズになりました。検査と治療をお話ししたあと、実際に練習し、次に、その応用法を考えていただきました。できるだけ勉強したことを皆様の臨床に役立てていただきたかったからです。そのように進めるためには1回の勉強会では、とても時間が足らなかったからです。

第1回(2017年10/11月)は、頚椎で最も使われる仰臥位での基本検査法(触診、モーション・パルペーション)とその異常に対する治療法、第2回(2018年2/3月)は、坐位での検査法と治療法、第3回(2018年6/7月)と今回、第4回(2018年10/11月)は、1回目と2回目にお話しした仰臥位と坐位の頚椎検査法と治療法を応用して、寝ちがい、上肢の痛み、しびれなど、実際臨床でよく見られる問題を治療する方法と進めてきました。

頸椎の最終回は、むち打ち症についてお話ししました。むち打ち症とひと言で言っても、様々な受傷機転、症状、予後があります。この複雑な症状に対して、1回目、2回目、3回目の知識と方法を使って、どのように対処すればよいかを考えてみました。また、むち打ち症からの全身症状に対処する方法も考えてみました。

そして、今回からは上部頸椎に焦点を当てて、考えていきます。



中川 貴雄(なかがわ たかお)
昭和23年2月、三重県鳥羽に生まれる。昭和53年、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのロサンゼルス・カイロプラクティック大学(LACC、現・南カリフォルニア健康科学大学SCUHS)卒業、ドクター・オブカイロプラクティック(D.C.)取得。
カリフォルニア州開業試験合格。同地にてナカガワ・カイロプラクティック・オフィスを開業するかたわら、母校LACCで助手、講師を経て、昭和62年まで助教授としてテクニックの授業を受け持つ。その間、昭和56年には全米カイロプラクティック国家試験委員も務める。
カリフォルニア州公認鍼灸師。
平成11年、帰国。大阪にて中川カイロプラクティック・オフィス開業。 
日本カイロプラクティック徒手医学会 会長
明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)保健医療学部 柔道整復学科教授
宝塚医療大学 柔道整復学科 教授

著書

脊柱モーションパルペーション
カイロプラクティック・ノート1
四肢のモーションパルペーション上
四肢のモーションパルペーション下

など 

訳書

関節の痛み
オステオパシー臨床マニュアル
オステオパシー・テクニック・マニュアル
カイロプラクティック・セラピー

など

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事