ケリー・メソッドへの誘い『リンパ・バランシング編 2』 | カイロプラクティックジャーナル

  ケリー・メソッドへの誘い『リンパ・バランシング編 2』

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

ケリー・メソッドへの誘い『リンパ・バランシング編 2』

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

前回の「ケリー・メソッドへの誘い『リンパ・バランシング編』では、言い訳になりますが初回だったということもあり、十分に内容を消化しきれずに終わってしまった感があります。その辺のところを踏まえまして、今回は消化不良を解消すべく資料等を作り直しました。作り直したと言うよりは、ケリー・メソッドが十分伝わるように「練り直した」と言った方がしっくりくると思います。リンパの治療という側面からの切り口でセミナーを行う予定です。

日付2018年10月8日
時間10:00~16:00
講師(紹介者):山﨑 徹
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費10,800円(税込)
受講対象者受講制限はありません
主催カイロジャーナル
定員12人
  

伝えたいことは単純です。

1. 評価して
2. 治療して
3. 再評価する
再評価の結果、変化が無ければ治療を重ねるし、変化していれば治療は終了します。
こうした流れを、リンパ・バランシング編で伝えられたらと思っています。

具体的には

1. リンパの流れの評価をする。うっ滞している部位の確認、それに伴う身体のサインの確認。
2. リンパの流れを阻害する要因の評価。(小脳テント、胸郭入口、横隔膜、骨盤隔膜)
3. 自律神経の評価。
上記1~3で見られた評価に対して治療する。
再評価。1~3をもう一度評価して、治療が成功しているか確認する。
こういった一連の流れで評価と治療を行います。


ケリー・ダンブロジオ氏が治療において、最も重要視していることがらである全体性と局所の関係性。リンパ・バランシングにおいてもそれらは落とし込まれています。ケリーのリンパ・バランシングは、全体性を表すTBB(トータルボディ・バランシング)にリンパ・テクニックを融合させたものです。今回のリンパ・バランシング編では、全体治療という概念でリンパ・バランシングを行います。実技を中心に行いますので、動きやすい服装でお願いします。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事