塾トレ塾 第7クール 第1回(4月22日)を終えて | カイロプラクティックジャーナル

  塾トレ塾 第7クール 第1回(4月22日)を終えて

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

塾トレ塾 第7クール 第1回(4月22日)を終えて

  

この日の講義を終えてゲスト講師を中心に記念撮影
後列 向かって左から、土井公一、斎藤信次、古谷真人、参加者の大野勝、濱口哲治
前列 古谷盛人、浅津このみ、勝俣啓介(敬称略)

ゲスト講師に冬季五輪競技、ボブスレーの日本代表選手、浅津このみさんをお招きし、過去3年間のトレーニングの取り組み方、アキレス腱部分断裂からの競技復帰における治療とトレーニングの実際を、PCを利用し上手に詳しく伝えていただきました。

これまでの塾の内容とはかなり違う雰囲気の中、参加された方々が真剣なまなざしで聞き入っている姿を見て、このクールの初回に浅津さんの特別講義を組んで、本当に良かったと実感することができました。

たくさんの良い刺激を持ち帰ってもらえたと確信しています。また、このような機会を設けたいと思いました。

壁なしバックキック・壁なしスタンプの誕生

「壁のない所ではどのようにすればいいんですか?」という質問からでした。

壁なしの利点

  • 側方・前方・後方より形を見せやすい。
  • 壁なし実施後、壁のある所で行うと、より形が整い「力みポイント」を明確に理解することができる。
  • より一層、体が締まる。
  • 試合中など、いつでも、どこでも手軽にできる。

次回(5月27日)予告

急性期の大腿部筋膜炎の段階的識別と超音波治療器による対応

施術と平行して出す運動処方箋とそのタイミングについて行います。

皆さま、奮ってご参加下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
by TEAM FURUTANI

チームフルタニ軸トレ塾について詳しくはこちら

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事