2017 6月カイロプラクティックジャーナル

  2017  6月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

其の十六 『イヤじゃない忙しさ ②』

投稿日:2017年06月30日

「早いとこ遅れを取り戻さなきゃ」

あっという間に6月も今日で終わり。これから書こうと思っているが、6月はホントに忙しかった。予測できる覚悟した忙しさと、そうではないものが重なって、ブログの遅れはとうとうひと月になってしまった。

月曜日(5月29日)からはジャーナルの作業が待っていた。今年度(来年2月号)でジャーナルの紙の発行を休止することを決めたので、そのことを知らせなきゃいけないし、広告の締切に合わせ、続々というほどではないがこれも重なると結構整理するのに時間がかかる。そうこうしているうちに今月に入ってしまった。今月は忙しいことが初めからわかっていた。

1日は昼までで仕事を切り上げ、仕方なく、本当に仕方なく、今は誰も住んでいない実家のある蔵王の麓、宮城県の白石市に向かった。理由は実家のある区域が地租改正(いつのこっちゃ?)以来の地籍調査区域に入ったので、31日から2日までの間に行う説明会に出席するようにとの案内が届いたからだ。

兄から「その間、都合が悪いんでオマエ行ってくんない!」と連絡が入り、「オレすか?(アニキよりオレの方が忙しいと思うんだけどなぁー。まっ、いいか。実家のことだし取り敢えず行くかと思い) いいよ!」となって、この日を選んだのである。19時からの説明会に臨んだが、おおよその説明を聞き質疑応答となったら、訳のわからないオッサンがここぞとばかり固定資産税のことやらなんやら持ち出して、いつまでもグダグダ食ってかかっているので、もうおおよそのことはわかったし、「こんなところで己を出すな、いい加減にしろ、オッサン!」とばかりにさっさと会場を出た。帰りの新幹線はガラガラ、快適、缶ビールでカンパーイ!

2日はジャーナルの作業で櫻井が来社(室)、夜は今や姿勢評論家としての地位を確立した感のある碓田拓磨君と、久しぶりに(モト山本が羨む)サシ飲みをした。こうしてみると、やはり私は時間がないのではなく、酒席に割く時間が多いんだなぁーとつくづく思う。

そうして3日早朝、ロサンゼルスから台風一過ならぬ一家、吉田美和ファミリーが来日(帰国)した。ここから夕刻に中川夫妻、スタッフの小野と会うところまでは割愛させていただくが、朝食、博品館、ホテルのチェックインと結構忙しかった。そして19時、中川さんと美和ファミリーが浜松町駅で会った。

それからこの日は、お昼に四国・高松から中井佐由里ちゃんが前回(2月)の中川勉強会のDVDを見にきた。当然、美和ジュニアたちと遭遇したわけだが、ジュニアたちは全く人見知りせずに話しかけていた。美和のしつけか、はたまたアメリカで生活しているとこうなるのか、どちらにしても、程度の問題もあるが人見知りされるよりは、よほど楽である。

4日は中川勉強会「中川貴雄の臨床応用」と榊原ゼミ「スポーツ・カイロプラクティック」。会場を行ったり来たり。これができるように、私が企画するセミナー・勉強会は浜松町界隈で行うことにしている。午後に美和ファミリーが故郷・新潟に向かうので、東京駅の往復があったが、このあとの懇親会(モト山本が仕切った、ただの飲み会)も含め、世間が休みの日も浜松町界隈にいた。

この40年でどれほどの時間、浜松町界隈にいたのだろう? ほぼ1年前に社長退任のサプライズ・パーティーをやってもらった世界貿易センター地下の「ワインコーナー」に、この40年で300回を優に超える回数行っている。別に数えていたわけではない。入社間もなく会員になり、そのカードを提示すると店に行った回数が控えに印字されてくるのである。200回を越えると常連ゴコロをくすぐるためか、会員カードが別物になる。今度、これまで入れたボトルの本数も記録されているのか聞いてみよう。

社長退任のサプライズ・パーティー

今回の書き出しと一緒だが、月曜日(6月5日)からはジャーナルの作業が待っていた。火水と櫻井が来て作業をしていった。私も同様だったが火曜には北海道千歳の吉田(雅信)の訪問を受けたり、水曜には科学技術広報財団の理事会があり、なんとなく一つのことに集中せずに済んでいい感じだった。広報財団は公益法人で、科学新聞社の社長をしているときから理事を拝命していて、顧問となった今でも日頃お世話になっている理事長からのお声掛かりでお引き受けしている。

そうして週末、9日の金曜日となり、新潟の美和から翌日からのセミナーのハンドアウトのデータが届き、セミナー準備。夜の9時になって美和が東京に入ってきた。チェックインさせ、打ち合わせの名を借りたサシ飲み。昔からそうだが美和もそこそこ飲める、というかかなり強い方である。ついつい杯が進み、かなりいい気持ちに! オーダーストップを知らされ、やっとお開きとなった。翌日からに備えるどころか結構いい時間になっていた。

10日、美和のセミナーが始まった。セミナーが始まるとある種、落ち着くというか、あとはアクシデントだけ起きないように気を遣うだけなので、始まる前に比べてかなり楽になる。「始まったら楽になるなんて、冗談だろ! いつも気楽に振る舞っているじゃないか!」と思ってる人も多いと思うが、実はそうなんですよ!

美和はLACC(ロサンゼルス・カイロプラクティック大学、現・南カリフォルニア健康科学大学)でクリニシャン、スーパーバイザーの肩書きで学生たちの指導にあたった経験を持つだけあって、座学にしてもデモにしても堂に入った的確な指導をする。1年に一度の、それもファミリーの面倒見付きの、他の講師とはひと味もふた味も違った接待を必要とするイベントだがが、子供たちの成長も見て取れるし、なかなか面白い経験になる。

アメリカントリートメント2017

初日のセミナーも終わり、セミナー会場と同じ建物内で20数人が参加した懇親会、さらに10人ほどの二次会と流れ、無事この日を終えた。

本稿も中途半端だが、このあと諸々やらなければならないことがあるので、今日はここまでにさせていただく。ここでやっと遅れが3週間、来週早々には2週間にして週末には1週間にできたらいいなぁー

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

時代の波には抗えず 本紙発行来年2月で休止

投稿日:2017年06月30日

カイロジャーナル発行人 斎藤信次
カイロジャーナル89号 (2017.6.19発行)より

雑誌モデルの急死 頚椎アジャストのせい?

投稿日:2017年06月30日

米カイロ業界、偏見に負けず
科学的根拠ある前向きな姿勢
カイロジャーナル89号 (2017.6.19発行)より

【広告】ATスティル サザーランド オステオパシー スタディーグループ主催 ≪アメリカのD.O. による国際セミナー≫

投稿日:2017年06月28日

「スティル ラフリン テクニック( 頭蓋) とAT スティルにより開発された捻挫のテクニック」

 【講師】Charlies Beck D.O. 【日時】7 月15 日㊏~ 18 日㊋の4 日間
 

「トラウマ ブレイン インジャリー( 外傷性脳損傷) おける、 頭蓋、軸骨格の影響とベクター フォース」

【講師】Kenneth Graham D.O. 【日時】8 月23 日㊌~ 26 日㊏の4日間
 

「オステオパシーの診療における鑑別診断と治療」

【講師】Carl Steele D.O.  【日時】12 月9 日㊏~13 日㊌の5 日間

「バイオダイナミクス メディカル アプローチ(四肢)」

【講師】Gregory Yesensky D.O. 【日時】2018 年1 月13 日㊏~16 日㊋の4 日間
 

「周産期」

【講師】William M Foley D.O. M.S. 【日時】2018 年3 月10 日㊏)~13 日㊋の4 日間


 

詳しい内容は当協会HPをご確認ください。http://osteopathynagoya.jimdo.com/お問い合わせ 事務局・山本 Tel 0566-52-0080 E-mail: itsuji.osteopathy.hitsuji@gmail.com

神経学講座 【神経局在診断】を読む第Ⅱ期 第1回

投稿日:2017年06月27日

主な内容

  • 酸化的リン酸化
  • 代謝
  • 神経の基本的機能
  • ニューロン
  • シナプス
  • グリア細胞
  • 神経の生存条件

神経の働きを理解するにはエネルギー(ATP)の産生システムである代謝機能を知らなければなりません。

解糖システムからミトコンドリアのTCAサイクル(クエン酸回路)、そして電子伝達鎖へと進む酸化的リン酸化。

この一連の反応でエネルギー(ATP)の産生効率は爆発的な機能を発揮します。

ATPが神経、筋肉にどのように作用し機能しているのか、第1回目では神経系を生理的にそして生化学的に考察していきたいと思います


各回の内容と年間スケジュールはこちらをご覧ください


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー

お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

軸トレ塾 第6クール

投稿日:2017年06月26日

第6クール1回目 講義予定

一回で全部覚えようとしなくて結構です。自分のチョイ足しをしたいところから吸収して下さい。皆様のご参加心よりお待ちしております。

  1. 左右非対称の見極め
  2. 座学 図説 関節・運動器の機能解剖 下肢編 P128〜足関節
  3. BKT(Back Kick Training))の症例アプローチと実践、こんなところに原因があった。 手根管症候群、母指対立筋異常など
  4. 栄養講座 担当 勝俣啓介
  5. PMテーピング
  6. 質疑応答

2関節トレーニングのバックキックは、老若男女からアスリートまで、どのジャンル、どのニーズにもお応え出来る万能トレーニングです。

右脚可動型のビギナー1から始まり、バックキック・プロ、左脚から始まるバックキック・スタンプ、チューブの強度を上げる事で思いのままに身体が変化していきます。

ウエストのくびれが欲しい方、進化形壁なしバックキックが最適です。

第5クールの様子

自宅でこっそり筋力・体力をつけたい方、天候に左右されずコツコツトレーニングをしたい方、バックキック・スタンプ&壁なしバックキックがお薦めです。
治療院まで通うのが遠いので、自宅で何か出来ることがないですかと質問を受けた時の答えに、アンチエイジングをトレーニングでと考えている方に、ジョギングが趣味の方、市民ランナーの方のウォーミングアップに、足が速くなりたい子供さんに、骨・関節の予後療法に、リハビリの方法に、もちろん、身体の歪み、骨格矯正とセルフケアにはもってこいのトレーニングです。

ぜひ、取り組んでみましょう!

テキスト



筋トレッチing(強くなりたきゃこれを読め‼︎ ストレッチing編) 誕生秘話

ストレッチing編 P140〜

レースでは、いつも結果が良くて、実績を積んでいる長距離選手で18才から当院にケアで来院してくれている実業団の選手が、ふくらはぎに張りが出て、いつも、右足首が痛くなるんです。
自分で治せる方法を教えて欲しい。と、言われて、背筋を行なってみたところ、肩甲骨は寄せられないどころか、全く胸を張れない状態、、、、。

テレビの映像では、そんなこと想像もつきませんでした。

これは、困ったぞ。。

そこで、考えてついたのが、補助をつけてふくらはぎが柔らかく なる角度まで持って行き、静止時間を少々長めに行う方法に行き着きました。

ネーミングしないと、選手間に伝わらない。

良いネーミングは、ないかと、弟子と頭をひねった結果、筋トレとストレッチングの間の刺激だから「筋トレッチing」が、いいんじゃ ないですか。と、言うことで、「あ〜、これは、ぴったりだ。これにしよう。」と、選手本人立ち会いのもと決定致しました。

それが、今日の筋トレッチingです。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

【広告】第2回 カイロプラクティック・ディスカッション・フォーラム

投稿日:2017年06月25日

日本カイロプラクティック徒手医学会【セミナー情報2017】第2回・CDFのご案内

お申し込みはJSCCまで

カイロプラクティック・ディスカッション・フォーラム
(Chiropractic Discussion Forum、略してCDF)とは・・・?

学会独自のアイデンティティーを活かし、先生から生徒への1方向のベクトルではなく、参加者全員が知識や技術を共有して思考できる場を創出できないかとの思いから企画されたニュースタイルの研修です。

プレゼンテンターの講師が各々の理論、思考、技術等を出し合い、議論し、参加者全員で共有する。

コメンテーターと参加する先生方の各々の考えやイメージもその場にエッセンスとして絡ませながら、カイロプラクティックに関するテーマをディスカッションして、共に楽しみ学び合う場です。

第2回のテーマは、「スポーツ臨床とカイロプラクティックケア」です。

2020年に東京オリンピックが開催されることで、改めてスポーツ臨床が注目されています。皆さんはスポーツ障害とどのように向き合っていますか?老若男女スポーツに親しむ人からプロアスリートのケアまで、様々な場面で通常の臨床とは違ったスポーツ障害のケアが臨床では求められます。

  • 痛みをとればいいのか?
  • 怪我を予防するには?
  • 怪我をした時の復帰までのプランは?
  • 普段の練習での体のケアは?
  • 試合に合わせたコンディショニングはどうすればいいのか?
  • 通常の臨床とは違った視点が必要なことも多いはずです。

今回は、オリンピックを経験しスポーツ臨床の場面において最前線で活躍されている後藤雅博先生と江口典秀先生の両名を講師にお迎えします。

トップアスリートと向き合っている豊富な経験から繰り出される内容をとおして、実際の臨床場面の紹介、ケアの方法論、デモンストレーション、怪我の予防、コンディショニング・・・といった多くの視点に触れ、ディスカッションしたいと思います。

後藤 雅博(ごとう まさひろ)
学 歴
・北海道大学医学部附属診療放射線技師学校
(現 北海道大学医学部保健学科放射線技術科学専攻)卒業
・ニューヨーク州立大学
(現 エクセルシア大学)卒業 理学士 取得
・パーマーカイロプラクティック大学卒業
ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C.)取得

資 格 等
・診療放射線技師免許
・米国カイロプラクティック国家試験 合格
・米国カリフォルニア州 カイロプラクティック 就業免許
・オーストラリア カイロプラクティック 就業免許
・スポーツ カイロプラクティック 認定プラクティショナー (CCSP)
・日本統合医療学会 認定療法士(カイロプラクティック)
・FMS(ファンクショナル・ムーブメント・システムズ)メンターシップ(指導者)プログラム修了
・グラストン・テクニック 認定クリニシャン
・国際スポーツカイロプラクティック認定プラクティショナー (ISSCP)

職 歴
・1990年10月~1991年2月 米国ミシガン州イーストデトロイト市 イーストデトロイト・カイロプラクティック クリニックにてインターン研修
・1991年7月 後藤カイロプラクティックオフィス 就職
・2015年〜現在 (株)ウェルネスフロンティア スポーツクラブ ジョイフィット インストラクター研修担当
・2016年8月 リオデジャネイロ・オリンピック公式医療スタッフ

役 職
・2004年7月 後藤カイロプラクティックオフィス 院長 就任
・2010年9月~2011年12月1日 日本ドクター・オブ・カイロプラクティック協会会長 
・2011年4月 日本統合医療学会 北海道支部 評議員
・2016年11月 国際スポーツカイロプラクティック連盟 メンバーシップ・コミッション
・2017年4月 日本統合医療学会 100人委員会 委員

所 属
・米国カイロプラクティック協会 (ACA)
・日本統合医療学会 (IMJ)
・国際スポーツカイロプラクティック連盟 (FICS)

江口 典秀(えぐち のりよし)

マークスボディデザイン代表

トレーナーとして、現在までプロスポーツ選手や実業団選手など、数多くのトップアスリートのケア及びコンディショニング指導を行う。

・(財)日本オリンピック委員会専任メディカルスタッフ(トレーナー)
・(財)日本セーリング連盟オリンピック特別委員会トレーナー
・順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科卒業
・JCDC認定カイロプラクター
・仏SIDAS社認定 コンフォーマブル・ポディアテック・
 エキスパート認定技術者

・2000年〜現在 本田技研工業(株)陸上競技部トレーナー

・2002年〜06年 全日本男子アルペンスキーチーム
           コンディショニングトレーナー

・2004年 アテネオリンピック日本代表セーリング競技
           ミストラル級男女トレーナー

・2006年 トリノオリンピック日本代表
           アルペンスキー競技男子チームトレーナー

・2008年 北京オリンピック日本代表セーリング競技
           49er級トレーナー
・2012年 ロンドンオリンピック日本代表セーリング競技
           専任トレーナー

開催要項

一般社団法人日本カイロプラクティック徒手医学会 第2回・カイロプラクティック・ディスカッション・フォーラム Chiropractic Discussion Forum
日時
2017年8月20日(日)10:00〜16:00
参加費
学会員・・10,000円 *学会員の方は、ポイント付与対象となります。
一般・・・12,000円
会場
新大阪丸ビル新館509号室

お申し込みはJSCCまで

【広告】日本トラディショナルオステオパシーカレッジ 第三期生募集

投稿日:2017年06月24日

カイロジャーナル89号 (2017.6.19発行)より

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事