2017 4月カイロプラクティックジャーナル

  2017  4月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

其の一 再度ブログをはじめました

投稿日:2017年04月30日

日残リテ昏ルルニ未ダ通シ
(ヒノコリテクルルニマダトオシ)

私は無類の時代劇好きで、家にいるときはニュース以外の時間はほとんど、J:COMの時代劇専門チャンネルを流している。流しているというのは、以前に視たことのあるものばかりで、大概のもののストーリーは知っていて、何もずっとテレビの前にいる必要がなく、家にいて非常に楽に時間を過ごすことができるのである。地上波でもうちょっとマシな番組があれば、といったところである。

そんな中で、『三屋清左衛門残日録』という藤沢周平の作を、仲代達矢、北大路欣也の二人の日本を代表する役者が魅力ある主人公を演じたものがあった。その冒頭に「日残リテ昏ルルニ未ダ通シ(ヒノコリテクルルニマダトオシ)」という件がある。隠居した人間の生き方を描いたものだったが、この一説が今の私の心境にピッタリなので、以前もほんのちょっとブログを書いたことがあったが、再度本欄でその心境を書くことにした。

以前はまだ現役の社長だったので、ブログを書いている最中に電話や返事を求める急ぎのメールなどがあり、なかなか朝の決まった時間内に書くのが難しかった。またそのときも、「こういうものを読む人はいろんな人のものを次々に読むんだから、もっと短く、簡潔に」とよく言われたが、そうそう身についたクセを直すことはできなかった。

こうやって、また余計なことを書いている。本題に入る前にこんなだから、今回もついたクセそのままに書くことになりそうだ!

松前 重義氏

昭和21年4月29日、71年前の今日、「戦後日本の復興は科学技術の振興以外になし」という理念で、逓信省の総裁を務め東海大学を一代で築き上げた故・松前重義が、10日に一度発行の『科学文化新聞』を創刊した。いわゆる創刊記念日である。今となっては社員でさえこの日が意識から外れているようだが、私は経営から離れた今でもこの日だけは意識から離れたことはない。今は昭和の日となっているが、昭和20年代生まれの私にとっては天皇誕生日である。今となっては理由を知ろうにも知ることができないが、戦後間もない時期にあってもこの日に創刊したことにはそれなりの理由があったに違いない。

昭和53年にアルバイト上がりで入社してから数年はカイロプラクティックのことなど何も知らず、週刊の締め切りに合わせ曜日毎の作業をしていた。その後、発送、購読管理、広告営業と仕事を増やしていくにつれ、会社の全体像が見えてきた。そんな毎日を過ごしながらも、会社にかかってくる電話を取ることも、編集の人間が全く取らないので私ら限られた人間の仕事になった。

そこにかかってくる、新聞にかかってくる電話とは明らかに雰囲気の違う電話で、その後、60年以上の人生の半分以上の年月を付き合うことになるカイロプラクティックを知ることになる。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

スポーツカイロセミナー《2017東京》代償性パターン認知アプローチ編 第1回

投稿日:2017年04月27日

第1回 胸郭の代償パターン①
6月4日

  • 異常姿勢の影響(静的非対称性、動的非対称性、呼吸障害、腹斜筋の機能低下)
  • 胸郭の形状・機能
  • 横隔神経
  • 胸郭を支えている構造(胸横筋、鎖骨下筋、肩甲挙筋、広背筋、前鋸筋、下部僧帽筋)
  • 肋骨の運動
  • 肋骨と胸椎
  • マルアライメント症候群
  • 脊柱の代償性パターン
  • 四肢関節・筋肉への影響
  • 検査法
  • テクニック

年間スケジュールと各回の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

寄稿 新生JSCC 学問的研鑽と情報共有の場として発展目指す

投稿日:2017年04月27日

一般社団法人 日本カイロプラクティック徒手医学会 副会長兼事務局長 木村功
カイロジャーナル88号 (2017.2.19発行)より

【新連載】フルヤ施術院じゃないよ、フルタニだよ!
ー日々こんな症状に立ち向かっていますー

投稿日:2017年04月27日

この4月から、主宰する『軸トレ塾』が第5クールに入ったチーム・フルタニのリーダー、古谷 真人(ふるたに まさと)氏は、アスリートの強い味方というだけでなく、臨床歴35年を誇る、これまで数え切れないほどの患者を診てきた、プロ中のプロのプラクティショナーである。その古谷氏が《塾トレ・第5クール》のスタートを機に、彼のこれまでの臨床の中から読者の日々の臨床に役立ちそうな症例をピックアップしてもらったものを、本欄で紹介していくことにした。
カイロジャーナル発行人 斎藤 信次

左右非対称の軸・腱トレーニングで、スポーツ・パフォーマンスの効果を実証してきた古谷真人氏が、彼のオフィスを訪れるさまざまな患者さんの症例をシンプルに紹介します。日々の臨床に役立つワンポイント・レッスン付き! 治療、リハビリ、トレーニングが一繋がりになって、患者さんの状態とともに治療を進めていくフルタニ・ワールドからは多くのことが学べます。

フルタニ・メソッド、トレーニング法については『強くなりたきゃ これを読め!! ストレッチing編』『もっと強くなりたきゃ これを読め!! 軸・腱トレーニング編』を参考にしてください。

◆症例 其の一◆

【患者】
16歳、男子高校生
不安そうな顔をして来院。

【症状】
開口障害・右顎関節痛
1週間ほど前から痛み出した。

【施術前検査】
開口初動から約1cm開いたところ(人指し指1本入る程度)くらいから、下顎が右に振れる。痛みが増大する。
耳穴の左右差はほとんどないが、どちらも、狭くて浅い。右腸骨下がり、右肩下がり

【施術】
右腸骨後傾、左腸骨過剰前傾、腰椎5番徒手矯正。

左右鎖骨アンバランス
右鎖骨内方下方が、胸鎖関節可動性がないため、右上肢内転位を改善するように徒手矯正する。
左右鎖骨アンバランスが整い、開口初動からの痛み8割方軽減する。
右三角筋に、テーピングを施して帰院してもらった。

【日常の注意事項】
右前腕のストレッチを指導する。

【ワンポイント・レッスン】
なぜ前腕のストレッチをアドバイスしたかと言うと、肩関節での上腕骨の内転・内旋が改善すると同時に右肩も上がるからである。顎を痛がったり、開きにくかったりしたら試してみてください。
これだけでは改善が甘いようだったら、右アキレス腱ストレッチも組み合わせて行ってみましょう!

【参照】
『強くなりたきゃ これを読め!! ストレッチing編』 18~19、34~35ページ

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

カイロプラクティック・オフィスfromアトランタ 第6回

投稿日:2017年04月26日

坐骨神経痛
ハーフマラソン当日に施術 40代女性 捻れ矯正で完走勝ち取る
カイロジャーナル88号 (2017.2.19発行)より

軸トレ塾 第5クール 第2回

投稿日:2017年04月24日

セミナー後記

ご参加頂いた皆様、如何だったでしょうか。

  • 前回の股関節の復習
  • 大腿骨頭に圧をかける。
  • 圧縮応力の大切さ。

機能軸と解剖軸の解釈を、確認してから、図説 関節・運動器の機能解剖 下肢編 膝の章の読み合わせ前後の安定を維持出来るのは、前十字靭帯、後十字靭帯で、側方の安定をさせてくれているのは、内側側副靭帯、外側側副靭帯で、膝伸展がそれを可能にする動作 いなる事。

膝の軸、生理的外反と下肢の力学的軸の解釈、伸展ー屈曲時の「転がり、滑り運動」もう一度、読み返しておいて下さい。

来月は、半月板からの読み合わせて行きます。

壁なしバックキック どれくらい身体に効いていますか。
理論と実体験した事を、治療院での運動指導に、スポーツ指導の現場で役立て頂ければと思います。

日本人が9割誤解している糖質制限 牧田善二著を元にまとめた糖分のお話、そばに置いて、ちょいちょい見て下さい。

アスリートに関わる時のトレーニング処方箋例は、資料、次回もご持参下さい。

主な内容

  1. 左右非対称の見極め方、セルフチェック法を含む
  2. バックキックチューブを用いて、腱を強くすると同時に関節を安定させる方法
  3. メディシンボール、プレートを用いて、「軸入れ」からの「軸・動作の転換」させる方法
  4. 胸郭出口症候群、開口障害、顎関節症改善の実例とその運動処方箋
  5. 図説 関節・運動器の機能解剖 下肢編 膝関節p63〜読み合わせを座学します。
  6. 糖質制限の概略と白砂糖の害について
  7. 質疑応答

テキスト

バックキックチューブ・トレーニング誕生秘話

私自身アスリートであったことから、一治療家としてアスリートのパフォーマンス向上に26年前から実践して来ました。

当時は治療家視点からのアスリートのパフォーマンス向上に関する情報も乏しく、試行錯誤の毎日でした。

一般の患者様と違いアスリートは試合やシーズンでの結果を求めることから、無理をしてしまう、より精密にいい状態でいなければ結果が出せないなどのジレンマを抱えていました。特に、

  • 左右がアンバランスで片方の足の出が悪い。
  • よく肉離れをする。片方の足がパンパンになる。
  • こんな事をすごく耳にしていました。
  • 何故なんだろうと疑問を持ち日々、その疑問を打ち破るための事を探っていました。
  • 治療に来れば良くなるが、来れないと、すぐに痛くなる。
  • 合宿で、痛くなる。
  • 遠征で、調子が崩れる。
  • 通うのに遠くて 中々、来れない。

これら全ての問題を解決するには、どうしたら良いかを、毎日、来る日も来る日、考えていました。

当然、治療を受けに来ていただいたり、私が現場に行きサポートすれば、アスリートをより良い状態に導くことは、治療家として可能ですが常にすべてのアスリートと行動を共にすることはできません。

当時、治療家として確信を持っていた身体の非対称性を踏まえた治療をアスリートが自宅で、疲労回復が早く、過度なアンバランスを改善して、ハードな合宿で、試合前、試合後に、セルフチェック出来る治療的なエクササイズツールがあるはず!日々、考え、研究していました。

何より、身体の非対象性を踏まえた治療はケガのリスク回避に役立ちます。

多忙なアスリートが実践できて、かさばらず、持ち運べて、 場所を選ばず、天候も選ばず、どこでも出来るもの。そんな便利なものはないか?

第1回の講義より

そうだ、チューブを使おう!!

チューブならどこにでも持ち運べるしかさばらないし、試合にも、合宿にも持って行ける。

遠くから来てもらっても、やり方を教えてあげれば自宅で出来る。これだ! 当初は、アメゴムで実施していました。

しかし、まだまだ、一般に普及するには不十分でした。もっと簡単で誰にでも出来るものにしなければと、日々、試行錯誤し、クレーマージャパンさんのご協力のもと現在のバックキックチューブ・トレーニングにたどり着きました。

本当に、ここに至るまで多くの方々にお世話になりました。心より感謝申し上げます。

しかし、運動不足の方、運動が苦手な方、高齢者の方々に、発育期の方々に、年齢を問わず提供していくには、アスリートベースの方法だけではダメで、もっと優しく出来ることが必要で、バックキック・ビギナー1とバックキック・ビギナー2が誕生します。

このバックキック・ビギナー1、2の開発に関しては、弟子の勝俣啓介君と何度も何度も、けんけんがくがくのやり取りを繰り返しました。

勝俣啓介君からは、幾度となく「院長、アスリート向きだけじゃ、一般の方は、出来ませんよ。いくら、良いって言っても伝わりません。改良が必要です。このままじゃ、宝の持ち腐れです。考えましょう。」この野郎、生意気だな。って、何度も思いました。

帰宅して、風呂に入り、思い出しては、イラだったり、反省したりの繰り返しを何度したことでしょう。

「いや、あいつの言ってることは、正しい。誰でも出来なきゃ、意味がない。奴の言ってる事を受け入れよう。」って、決めました。

そんな、結果生まれたのがバックキック・ビギナー1・2です。

その後、アスリート向けには、もう一段階、二段階アップグレードしたものがあって良いんじゃないですか?と、私に提案して来た。案を持っているんなら言ってみろと、言ったら、これはどうですか?と、バックキック・クラウチングを言ってきた。

こうして、バックキックチューブ・トレーニングは、ビギナー1、ビギナー2、ノーマル、クラウチング、プロと五段階のやり方を世に出すことになります。

バックキック・トレーニングは、左支持脚ブロックで、右腸骨後傾を改善する、右脚可動型のトレーニングです。同時に左支持脚側の、腸骨過剰前傾も改善して、左右の骨盤バランスを取ります。

チーム古谷と軸トレ塾の詳細はこちら

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

【新企画】小児カイロプラクティック・リレー投稿 第一回

投稿日:2017年04月23日

この道を選ぶ理由がたくさんあった
山﨑美佳
カイロジャーナル88号 (2017.2.19発行)より

フレキシブルに原点回帰 第6回

投稿日:2017年04月23日

精神面が健康を左右
中2女子の症例で再確認
カイロジャーナル88号 (2017.2.19発行)より

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事