2017 3月カイロプラクティックジャーナル

  2017  3月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

土曜基礎講座─機能評価ゼミ 第2回

投稿日:2017年03月28日

主な講義内容

  • 問診で最初に押さえておきたい7つの質問
  • 視診/触診

患者さんの話をよく聞くことは当然のことですが、それらの話を施術にどう生かしていくのかは、どう解釈していくかにかかってきます。

腰が痛いという患者さんでもその表現の仕方はまちまちで、おおよその見当をつけていかないと、まず腰の何を診るべきなのか、どこを触診していくべきかが明確に浮かび上がってこないと思います。

例えば、左右の肩の高さが違うとき、一体どちらの肩が異常を来しているのか?

脚長差を診たとき、一体どちらの脚に異常を来しているのか、その差をつくっているのは骨盤なのか、腰椎なのか、あるいは頚椎なのか?

初めに施術の方向性を決めることにより、良い結果を生み出すことができます。

シリーズ全体の紹介ページをご覧ください


講師

辻本 善光
現在、和歌山市で開業。
東大阪の国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)一筋、一昨年まで22年間勤務。その間、教務部長、臨床研究室長を務め、解剖学、一般検査、生体力学、四肢、リハビリテーション医学、クリニカルカンファレンスなど、主に基礎系の教科を担当。
現在もICCブリッジおよびコンバージョン・コースの講師を務め、また日本カイロプラクティック登録機構(JCR)設立当初には試験作成委員を務めた経験もある。
現在は、カイロプラクティックの基礎教育の普及のため、基礎検査のワークショップを各地で開催するなど、基礎検査のスペシャリストとして定評がある。
辻本カイロプラクティックオフィス

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

神経学講座 【神経局在診断】を読む第12回 大脳

投稿日:2017年03月28日

主な内容

大脳

  • 発達
  • 肉眼的な構造と諸領域
  • 組織構造
  • 白質
  • 機能局在

大脳皮質は大きく前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉と4つの領域に分かれ、機能的に52の領域に分けられます。

それぞれのエリアが複雑に情報を処理することで感覚、運動、情動をコントロールします。

大脳は神経系のセンターコントロールをつかさどります。


各回の内容と年間スケジュールはこちらをご覧ください


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー

お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

中川貴雄の臨床応用13 《東京》

投稿日:2017年03月10日


昨年の第1回目では、肩の症状をどのように治療するかということを解説し、特に肩甲上腕関節の、痛みのない、また安全な基本検査と治療法をお話ししました。第2回目では、ほとんど教えられていない、また見逃しがちな胸鎖関節、肩鎖関節、そして肩甲骨の検査と治療、脊柱診断法(特に上部胸椎)、筋肉との関連性、さらに肩関節可動域異常の治療法についてお話ししました。

次回、まとめとなる第3回目では、個々の障害、五十肩、腱板障害、肩こりなどの治療のために、1、2回目で解説した検査と治療法をどのように使えばよいのかを説明したいと思っています。

内 容:肩の症状に対する検査と治療を行う

  1. 筋肉を考える
  2. 肩こり
  3. 腱板障害
  4. 五十肩
  5. 肩と全身の関連を考えて治療を行う

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

[metaslider id=17027]

小倉 毅のクリニカル勉強会 大阪

投稿日:2017年03月10日


一昨年、ある事情から標題の勉強会を、9月に東京で、11月に大阪で主催させていただきました。私といたしましては、それで一応の区切りをつけさせていただいたつもりでおりましたが、幸いなことに、その後も「同様のセミナーは開かないのですか」「今度はいセミナーを開くのですか」とのお問い合わせを多数いただき、特に関西方面からの開催のご要望を多数頂戴し、この度、再度カイロジャーナルさんのお力をお借りして、別掲の概要で勉強会を開催させていただくことにいたしました。

勉強会では前回同様、できるだけ多くの先生方の治療をさせていただこうと思っております。そして、その症状別検査法、矯正法などを説明しながら進めていきたいと思っております。ぜひこの機会にご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

Dr. S(榊原直樹)の名古屋「筋膜リリース・アプローチ」第1回

投稿日:2017年03月04日


第1回

頚椎/顎関節

筋膜リリース

  • 後頭下筋群、
  • 斜角筋群、
  • 胸鎖乳突筋、
  • 顎二腹筋、
  • 咬筋、
  • 側頭筋、
  • 肩甲挙筋など

適応症

  • 頚性頭痛、
  • 三叉神経痛、
  • 眼精疲労、
  • むち打ち症、
  • 顎関節症

各回の主な内容

  • 第1回 頸椎/顎関節
  • 第2回 胸椎/肋骨
  • 第3回 腰椎/骨盤
  • 第4回 肩関節
  • 第5回 肘関節
  • 第6回 手関節
  • 第7回 股関節
  • 第8回 膝関節
  • 第9回 足関節

  • 日程:毎月第3日曜日
    (状況によって変更が生じる場合がございます)
  • 時間:10:00 ~ 16:00
    (昼休み1時間)
  • 会場:名古屋駅周辺
    (参加人数によって変更することがございます)
  • 参加費:16,200円
    (税別15,000 円/資料代を含みます)


住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

膜バランシング 《頭蓋》

投稿日:2017年03月01日

kerry_fascial_cranium

主な内容
膜バランシング(FB)頭蓋 (セクションV ー5)
1. 短いテコの膜リリース
2. 長いテコの膜リリース
3. 関節膜リリース
a. 下顎骨リリース b. 上顎骨リリース c. 頬骨リリース
d. 鼻骨リリース e. 前頭骨リリース f. 頭頂骨リリース
g. 側頭骨リリース h. 後頭骨/蝶形骨リリース

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事