2016 9月カイロプラクティックジャーナル

  2016  9月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

第26回 尻猫背の弊害と対策

投稿日:2016年09月30日

立っている時に腰痛頻発! 骨盤を後傾させる練習を
カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

日本製AOテーブルが完成!

投稿日:2016年09月24日

細部まで工夫
日本のAOカイロプラクティック普及に大きな一歩!
カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

丸山ゼミ 【神経局在診断】を読む第6回 脳神経-1

投稿日:2016年09月23日

脳神経を理解する

脳神経を検査することで中脳、橋、延髄の状態がわかり、その時の神経状態を診ることができ検査結果はそのまま治療へとつながっていきます。

脳神経の働きが生理的反射に大きく関わり種々の症状を引き起こします。

脳神経を理解することで患者さんを改善する糸口が見えてきます。

主な内容

  • 起源(起始領域)-構成要素-機能
  • 脳神経Ⅰ-嗅覚系
  • 脳神経Ⅱ-視覚系
  • 脳神経Ⅲ、Ⅳ、Ⅵ-眼球運動
  • 脳神経Ⅴ-三叉神経
  • 脳神経Ⅶ-顔面神経
  • 脳神経Ⅷ-蝸牛神経
  • 脳神経Ⅷ-前庭神経
  • 脳神経Ⅸ、Ⅹ、Ⅺ-迷走神経系
  • 脳神経Ⅻ-舌下神経

各回の主な内容
2016年8月~2017年7月の毎月第2日曜日開講(全12回)

  • 第1回 8/14 神経の構成要素 
  • 第2回 9/11 感覚系 
  • 第3回 10/9 運動系 
  • 第4回 11/13 筋の長さと緊張の調節(筋紡錘・腱紡錘)
  • 第5回 12/11 脳幹
  • 第6回 2017/1/8 脳神経-1
  • 第7回 2/12 脳神経-2
  • 第8回 3/12 小脳
  • 第9回 4/9 間脳と自律神経系
  • 第10回 5/14 大脳辺縁系と基底核
  • 第11回 6/11 大脳
  • 第12回 7/9 まとめと応用

※ 当初の予定からスケジュールに変更がありましたのでご確認ください。


住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー

お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

第29回 肘関節の後外方回旋不安定性

投稿日:2016年09月15日

カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

「きょうから使える中国伝統療法 刮痧」刊行 著者 孫維良さんインタビュー

投稿日:2016年09月08日

器具を使って経穴を刺激
カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

新連載 代替療法の世界 第1回 山﨑 徹

投稿日:2016年09月05日

武士道とオステオパシー
明治時代、新渡戸稲造の神経衰弱完治に貢献
カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

ウェブ 速報 伊佐DCが浦安市の松崎市長を表敬訪問

投稿日:2016年09月05日

本日(2016/9/5)の6時10分からのNHKの首都圏ネットワークで流れるそうです

Isa Sports Chiropractic / イサ スポーツ カイロプラクティックのフェイスブックページをシェアします

丸山ゼミ 【神経局在診断】を読む第5回 脳幹

投稿日:2016年09月03日

主な内容

  • 個体発生から見た脳の区分
  • 外部構造
  • 脳幹の内部構造 延髄
  • 脳幹の内部構造 橋
  • 脳幹の内部構造 中脳

脳幹は非常に複雑で神経系の中でも難解な部分です。

延髄、橋、中脳がその他の中枢神経系とどのようなかかわりを持ち機能的連動を果しているのか。

脳幹を検査することで患者さんの神経の状態を観察でき、それに基づき治療の方向性が決定できます。

脳幹の解剖、生理を少しだけ深く掘り下げてみたいと思います。


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事