2015 5月カイロプラクティックジャーナル

  2015  5月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

アクティベーター・メソッド・クリニカル勉強会 《大阪》

投稿日:2015年05月31日

“実際の治療法お教えします!”

セミナー名称をアクティベーター・メソッド オープン治療勉強会 から アクティベーター・メソッド・クリニカル勉強会に変更いたしました。

15年ほど前から昨年まで本当に長きにわたって、アクティベーター・メソッドのベーシックからアドバンスまで、一通りの内容をカバーするシリーズ・セミナーの講師を務めさせていただきましたが、このたび諸事情により終了することと相成りました。ここに至りまして、これまで私の拙い講義を懲りずに受講してくださいました先生方へ、何かお役に立つ御礼ができないかと思い、不慣れながら今回の勉強会を企画、主催させていただくことにしました。

勉強会では、できるだけ多くご参加の先生方の治療をさせていただこうと思っています。そして、その症状別検査法、矯正法を説明しながら進めてまいりたいと考えております。これまで私のセミナーにご参加いただきました先生方、本当に長い間ありがとうございました。ぜひこの機会に奮ってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

アクティベーター・メソッド・クリニカル勉強会 《東京》

投稿日:2015年05月31日

“実際の治療法お教えします!”

セミナー名称をアクティベーター・メソッド オープン治療勉強会 から アクティベーター・メソッド・クリニカル勉強会に変更いたしました。

15年ほど前から昨年まで本当に長きにわたって、アクティベーター・メソッドのベーシックからアドバンスまで、一通りの内容をカバーするシリーズ・セミナーの講師を務めさせていただきましたが、このたび諸事情により終了することと相成りました。ここに至りまして、これまで私の拙い講義を懲りずに受講してくださいました先生方へ、何かお役に立つ御礼ができないかと思い、不慣れながら今回の勉強会を企画、主催させていただくことにしました。

勉強会では、できるだけ多くご参加の先生方の治療をさせていただこうと思っています。そして、その症状別検査法、矯正法を説明しながら進めてまいりたいと考えております。これまで私のセミナーにご参加いただきました先生方、本当に長い間ありがとうございました。ぜひこの機会に奮ってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

関節のメッセージを聴け!

投稿日:2015年05月16日

joint_mess

関節からのシグナルには重要なメッセージが込められている!

 世界的に高名なオステオパス、バラルD.O. が、数千もの症例を丹念に調べ、関節の痛みと感情や行動との間には深い関係があることを《発見》した。
 本書では、肩、腰、足などの関節を取り上げ、起こりがちな障害とその原因、そして、その障害が心身のバランスに及ぼす影響について、詳細かつ体系的に解説。また身体はもちろん、心理、食事など、さまざまな角度から、最適な治療方法を丁寧に紹介
している。
 前著『体からのシグナル』に続く待望の書!


「身体の仕組みにおいては、心と身体が密接にかつ絶え間なく情報交換を行っている。感情、器官、関節は相互に関係しており、そこでは重要なシグナル、メッセージを頻繁に交換し合っているのだ。痛みと患部の因果関係に着目することが大切だ」―― はじめにより


本書の内容構成

第1 部 関節を持つ身体と感情
第2 部 なぜ関節は痛むのか
第3 部 関節からのメッセージ
第4 部 自分で健康を管理する


住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

もっと強くなりたきゃこれを読め!! DVD

投稿日:2015年05月16日

more_st_dvd

CONTENTS

古谷の理論

  1. バックキック トレーニング
    • バックキック・ビギナーⅠ
    • バックキック・ビギナーⅡ
    • バックキック・ビギナー・ノーマル
    • バックキック・クラウチング
    • バックキック・プロ
  2. 大腰筋
    • 1 人スタイル
    • 2 人組プッシュスタイル
    • 2 人組プルスタイル
    • メディシンボールスタイル
    • 抵抗スタイル
  3. 背筋
    • 一般
    • アスリート
    • 2 人組
    • 3 人組
    • 2 人組抵抗
    • 3 人組抵抗
  4. ラットプルダウン
    • バックラット プルダウン 一般(後方から/前方から)
    • フロントラット プルダウン 一般(後方から/前方から)
    • バックラット プルダウン アスリート(後方から/前方から)
    • フロントラット プルダウン アスリート(後方から/前方から)
    • バックラット プルダウン 中間クイック アスリート(後方から/前方から)
    •  バックラット プルダウン 最大クイック アスリート(後方から/前方から)
  5. 懸垂
    • バック懸垂(後方から/前方から/側方から)
    • フロント懸垂(後方から/前方から/側方から)
  6. プッシュアップ
    • 前方から/側方から
  7. メディシンボールを使った補強
    • 一般 肘曲げて(前方から/側方から)
    • 一般 肘伸ばし(側方から)
    • 一般 ジャンプ(前方から/側方から)
    • アスリート ジャンプ(前方から/側方から)
    • アスリート クイックジャンプ(前方から)
    • アスリート 叩きつけ(前方から/側方から)
  8. ハードルまたぎ
    • 前進(側方から/前方から/後方から)
    • 後進(側方から/前方から/後方から) 
  9. ウォーキングランジ
    • 一般 かつぎ(側方から/前方から/後方から)
    •  一般 差し上げ(側方から/前方から/後方から)
    • アスリート かつぎ(側方から/前方から/後方から)
    • アスリート 差し上げ(側方から/前方から/後方から)
  10. バックキック・チューブ応用編
    • バックラット プルダウン(後方から/前方から)
    • 大腰筋(シングル)

指 導:古谷 真人(古谷施術院 院長)
モデル:山田 荘太郎(砲丸投・日本記録保持者)
    勝俣 啓介(古谷施術院 草加本院 副院長)
撮影協力:法政大学陸上競技場およびトレーニングルーム

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

古谷式ストレッチ&トレーニングの実際《第3回》

投稿日:2015年05月15日

詳細については第1回の募集要項をご確認ください


住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

古谷式ストレッチ&トレーニングの実際 《第2回》

投稿日:2015年05月15日

詳細については第1回の募集要項をご確認ください


住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

大陰勉強会

投稿日:2015年05月08日

内容はこれまでに世界一流の先生方から大陰 幸生D.C.が直接、学んできた哲学、科学、芸術です。カイロプラクターとしての基礎から応用まで、実際に現場で使えるものが中心です。また、自分が成功するだけでなく、後進を教えられるようにもなっていただきたいと思います。学生から現場で活躍中の先生方まで大歓迎ですが、本気のカイロプラクター限定でお願いします。

  • 持ち物:筆記用具、タオル、動きやすい服装(Tシャツの替え)
  • 受講料は(当日、受付でお支払いください)
  • 10回シリーズで授業レベルは基礎〜中級くらい。
  • 学割で5,000円引きとさせていただきますが、シオカワスクールで月1回開催の哲学クラスに出席することが条件となります。
  • 参加者は練習会を主催、または既存の練習会に参加をお願いします
  • 毎回、哲学2-3時間、テクニック4-5時間。
  • 哲学の時間中に1分〜10分ほどのスピーチ(スピーカーの育成)。

テクニックの予定は以下の通りです。

  1. スタティック/モーション・パルペーション、検査法
  2. 胸椎中部(T4-8)
  3. 胸椎上部(T1-3)
  4. 胸椎下部(T9-12)
  5. 頸椎中部(C2-5)
  6. 頸椎上部(C0-2)
  7. 頸椎下部(C6-T2)
  8. 骨盤(PI腸骨、仙骨)
  9. 骨盤(仙骨、AS)
  10. 腰椎(キックムーブ)

※成績優秀者を対象に、少数の「アドバンスクラス」の開催を計画中です
初回に限りお申し込みは直接 科学新聞社の「大陰勉強会」係までTELもしくはメールでお願いいたします。

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事