2013 2月カイロプラクティックジャーナル

  2013  2月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

<第7回>頭蓋治療を考える。

投稿日:2013年02月22日

カイロジャーナル76号 (2013.2.22発行)より

カイロプラクティック、オステオパシーなどの手技療法の中で、頭蓋骨を調整するテクニックがある。美容などの関係では小顔などのために頭蓋に施術を加えるということも耳にしたことがある。

手技療法での頭蓋調整は、治療を目的として使用される。頭蓋骨、顔面骨に、その形状を変化させる目的で施術を行うことは、医原性障害を起こす原因にもなり得ると考えられる。頭蓋障害の施術は、そのテクニックをそのまま、障害がない部分に加えることはできない。したがって、頭蓋調整のための施術法のみマスターするだけでは、治療のための頭蓋調整を行うためには不十分である。

筆者自身もセミナーでは、頭蓋治療を扱うことがある。頭蓋の解剖、動き、その機能などを含め施術法を紹介しているが、時折どのようなときに使えばよいのかという質問を受けることがある。そのために頭蓋の解剖、動き、機能の理解が必要になるのだが。とかく頭蓋調整法というと、何にでも効果のある魔法のテクニックというような印象を受けることもあるのではないかと思う。このような捕らえ方をすると、臨床では全ての患者に使用するか、あるいは使用方法がわからないということになる。頭蓋治療を適切な状況で適切に使用するためには、調整方法をマスターするとともに、その調整方法により、どのような構造に変化が起こり、どのような機能に影響するのかを熟知する必要がある。

構造を熟知する必要がある頭蓋底

構造を熟知する必要がある頭蓋底

例えば、頭蓋調整は、頭蓋骨の各骨に調整を行うために力を加えるわけであるが、それがどのような組織に影響を及ぼしているのか理解する必要がある。頭蓋骨そのものは、一部の骨は非常に薄く、模型とは異なり生体の骨は非常に柔軟性があるとされているが、その形状にわずかな変化が起こる可能性もある。この頭蓋骨の正常な形状が異常な形状に変化する原因は、硬膜や縫合などの結合組織である。これらの組織の特性の変化が頭蓋障害を起こすことになるわけである。実際には、わずかな骨の形状の変化による障害よりも、これら結合組織の変化により障害が起こる可能背の方が高いと思われる。ゆえに、頭蓋調整では頭蓋骨に接触して力を加える方法がとられるが、実際に調整により変化するものは、硬膜や縫合などの結合組織でしかない。

このことは、以前紹介したフィクセーションモデルと共通する部分である。これを理解することで、同じ頭蓋骨の調整法を使用する場合でもその特性を変化させるためには、瞬間的な圧力や過剰な圧力による調整は効果が少ないことが理解できると思う。頭蓋調整などでよく言われる、“開放リリース”とは、この結合組織の特性の変化、そして、それに伴う頭蓋部の構造の各種機能の変化によるものである。

それでは、硬膜や縫合など結合組織の特性に異常をもたらすもの、その原因はどのようなものになると考えられるであろうか。それは頭蓋骨に加わる力、圧力によるものである。これは、外傷のように急激な大きな圧力も含まれるが、特に頭部への外傷の既往歴がない場合では、特に持続的な圧力が加わることで起こると考えられる。これらは頭部を支えている頚椎、あるいは頭部に付着する筋である。特に横臥位など除く座位や立位などによる姿勢のゆがみなどが関与するということになる。

頭蓋障害に対する治療は、頭部だけではなく、頭部を支え、頭部に力を加える全身の歪みに対する治療が必要になる。しかし、頭蓋骨に異常な力を加える歪みを治療すれば頭蓋骨そのものに対する治療は必要ないというわけにはいかない。

結合組織の特性が変化してしまった場合、それを改善するように全身の歪みが頭部に異常な力が加わらないようにしたとしても、改善が難しいケースも少なくない。このため、頭蓋骨そのものに対する治療が必要になる。要するに頭蓋治療は、頭蓋骨、結合組織に対する治療とさらに頭蓋障害を起こすような筋骨格系の異常の治療も同時に行わなければならないということである。

カイロジャーナル76号

投稿日:2013年02月20日

  • 国センが報告書 「手技による医業類似行為の危害」 相談件数年々微増
  • 論壇 カイロに辛口? 危険な印象一人歩き 相談件数は少なめなのに
  • カイロのすばらしさ伝える映画「ドクタード」、DVD発売へ
  • ライフ大学創設者、シッド・ウイリアムズDC死去

<第33回>頻発する「こむら返り」

投稿日:2013年02月20日

カイロジャーナル76号 (2013.02.20発行)より

通称「こむら返り」と称される痛みは、「有痛性痙攣:cramp」の病態である。痙攣とともに強烈な痛みが起こり、ほとんどは一過性に終わる。「こむらがえり」とは方言由来の言葉である。多くは腓(こむら=腓腹筋)に起こることから通称されるようなったようだ。要するに、骨格筋に起こる筋痙攣である。局所の筋線維が膨隆して強烈に痛み、しばし動けなくなる。何らかの機械的刺激が筋線維の一部を強く収縮させた結果であり、大抵は一側性に発症する。

一般的には運動や過酷な労働によって、関節部や筋肉が酷使された時などによく起こる。睡眠中に起こることもあるが、これも原因は神経ではなく筋肉由来のものとされている。下位運動ニューロンの終末部における自発性興奮が引き金となって、痙攣痛が起こるのである。大量に汗をかいた後、下痢症状後や利尿剤の服用あるいは透析などによる脱水、体液の急激な喪出によっても誘発されることがあり、これはカルシウムとMマグネシウムの電解質代謝異常に起因するとも言われている。

それでも健常な人にも起こるので、明確には原因を特定できない痛みを伴った筋痙攣である。一過性で深刻なものではないのだが、それが頻発するようになると重篤な問題が潜んでいることもあり、鑑別による除外が肝要とされる。頻発する場合には心しておかなければならない痛みでもある。

例えば下位運動ニューロンの障害としては、筋委縮性脊索硬化症、多発性ニューロパシー、陳旧性ポリオ、ラジクロパシーなどが挙げられる。これらは大きな筋肉の線維束攣縮(fasciculation)で、運動に関連した中間の痙攣である筋性防御によるものとみられている。代謝障害によるものでは、妊娠、尿毒症、甲状腺機能低下症、副腎機能低下症腎不全、下肢静脈瘤などが挙げられている。

こんな患者さんがみえたことがある。数年前からの慢性的な腰痛があって、椎間板ヘルニアと診断されている。牽引と鎮痛薬、湿布剤を処方されていたが、今度は首の具合が悪くなった。いつもの整形外科医院で診察を受け、レントゲンで頚椎の老化を指摘された。いつもの処方に加えて筋緩和剤が処方された。2年前からは、内科医に尿酸値を抑える処方も受けている。老後のゴルフを何よりの楽しみにしていて、多少の腰痛があってもゴルフを楽しんでいた。ところが、頸の痛みが出た2カ月前から、ゴルフもできなくなって悪化する一方だった。

両腕と両大腿前部の痛みで動作痛がある。寛解因子は安静位である。運動の始動が増悪因子で、立ち上がり動作、 寝返り動作、歩行など、どうしても緩慢な動きがみられる。動き始めると、どうにか動けるが、痛みが無くなるわけではない。特に、両腕、両大腿前部と両側性 に対称性の痛みを訴えている。

この患者さんは最初の治療直後の結果でも2度目の来院でも、思ったような改善は見られなかった。そこで「こむら返りは起きない?」と聞くと、「たびたび起こる」と言うので生化学検査を勧めることにした。紹介した神経内科で50項目の生化学検査を行ったところ、19項目に陽性所見があった。特に重要な検査所見はCRP値で、正常値の10倍高かった。神経内科医の診断は「リウマチ性筋炎」である。

さて、この患者さんの頻発する「こむら返り」は何だろう。おそらく、筋炎や代謝障害による線維束攣縮(fasciculation)に関連した中間の痙攣で、筋性防御が働いていたものではないかと推測できる。こうした「こむら返り」の所見から、病態を推測できることもあるのだ。


<第24回>『大きなもののために』

投稿日:2013年02月20日

改革はまず日本の基準構築から
カイロジャーナル76号 (2013.02.20発行)より

今年もすでにひと月以上が経過しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 新年には多くの方が今年の抱負なるものを掲げますが、2月に入るころにはすでに綺麗サッパリ忘れ去っている方が大多数ではないでしょうか?

私はここ8年ほど毎週欠かさず「今週のトピック」というメッセージを仲間に向かって発信しています。最初は本当に近しい仲間10人ぐらいから始め、セミナーなど事あるごとに紹介し、さらに仲間たちからの紹介で、現在では200人を越える人たちがメッセージを受け取ってくれています。誰でも簡単な自己紹介とともにリクエストしてくだされば、メールが届くという手軽さも手伝ってここまで増えてきたのでしょう。昨年の最後のメッセージで、今回の表題と同じような私の新年の抱負を書いて発信させていただきました。その抱負は実は私自身のためだけでなく、カイロ界の皆さんに対し期待するところでもあったのです。

そのメッセージには、大きなものに向かって進んでいきたい、ということを書きました。大きなビジョンを持ち自分のためだけではない、大きな目標のためにできることをしたいということです。この世の中は個人の集合体でできています。個人はそれぞれの考えを持って、誰もが自分は正しいと思って生きているものです。そして困ったことに、多くの人が自分と違う考えの人を受け入れられないどころか、攻撃すらし始めます。または自分自身のことのみに一生懸命で、世の中のために何かをする余裕がない人や、他人や世の中の流れや意見に無頓着な人もいます。なかには自分さえ良ければ、他の人なんかどうでもいいという極端な人もいます。

いでよ!情熱家

皆さんが、なぜカイロプラクターになったのか、いくつかの理由があると思います。人の役に立てる仕事だから、人に感謝される仕事だから、人を幸せにできるから、という方が多数いらっしゃると思います。日々患者と向き合い、精一杯の治療をすることこそ使命だと頑張っておられることでしょう。それと同時に、カイロを知らずに薬漬けになったり、苦しみ続けている人のためにも、カイロができることを世の中に知ってもらう努力もしていかなければならないはずです。

わかってくれる人だけを対象にすれば、精神的にも楽ですし楽しいことも多いでしょう。わからない人、疑心暗鬼になっている人たちに新しい考えや、出会ったことのないものをわかってもらうことは大変なことです。でも、本当に大きな意味でカイロで多くの人に幸せになってもらおうと思ったとき、今の業界には大きな改革が必要です。改革に必要な新しい大きなうねりを生むためには、その大切さを、突っ走りながら唾を吐き出しながら、人々に訴える情熱家の存在が必要なのです。

私はカイロ界の人たちに是非情熱家になっていただきたいと思っています。自分に都合の良い情熱家ではなく、大きな目的のために情熱を燃やしてほしいと思います。自己利益や自分のエゴのためでなく、人々の幸せとカイロ界の発展のため、とびっきり素敵な情熱家になっていただきたいのです。カイロ教育に携わっている方々には、その責任の重さを認識していただき、情熱とプライドを持ってただの金儲けではなく、本当の意味で業界が繁栄していくための人材を育てることを目指していただきたいと願います。そうすることが結局は自分たちも栄えることになると確信しています。

セミナーやテクニックを教授する者は、その相手がそれを伝えるに相応しい知識や行動力を持っているかを考えなければならないと思います。いくら情熱を傾けて教えても、それを受け止める側にそれを真摯に学ぶ情熱がなければ、意味がないどころか危険です。JACが言うように国際基準を持った者だけを対象にするというのは、現時点では無理があるものの考え自体は間違ってないし、将来的には一定の基準を持った人以外はカイロを行ってはならないというのは大賛成です。

今のままでいいのか

しかし、現時点で国際基準が日本の基準というのは性急過ぎると思っています。物事には適正な成長スピードがあると思っています。無理に急げば必ず将来その歪が現れます。大切なのは、日本にいる多くの国際基準を満たしていないカイロプラクターの中から、本物の情熱を持って努力していく覚悟のある人たちに対し、日本基準を与えるシステムの構築が必要であり、その上に国際基準が来るのが妥当だと真剣に思っています。

日本基準ができ上がれば、それを満たすことのできない覚悟のない人たちは、カイロプラクターを名乗ることも、カイロや類似行為を行うことも一切できないようにするべきだと思います。業界全体が大きな目標を持って頑張ることができなければ、いつまで経っても日本のカイロは世間から見れば、中国の秘境から伝わってきた怪しげな民間療法という認識を変えることなど到底無理でしょう。それを嘆いたところで、皆さんが大きなものに向かって努力できないのなら仕方のないことなのです。

いくら皆さんが自分のホームページ等で、カイロはアメリカでは法制化されたれっきとした医療だと謳おうが、日本では法制化されていない無資格の医療で、正規の教育を受けていない人が行う民間医療だと言われれば反論の余地がないのです。私はそれが死ぬほど歯痒いのです。日本で国際基準を持たないカイロプラクターの方は、どんなに情熱を持って頑張っても、今のままでは世間から怪しげな民間療法士と同じように見られてしまうのです。

そういった当の先生たちからは、資格や法制化などは自分たちには関係ない話だと、考えもしなかったという声をよく聞きます。自分には自分を信頼してくれる顧客がいてくれるから、その人たちのために一生懸命頑張ればいいんだとおっしゃいます。確かにそれはそうでしょう。だけど「それだけでいいんですか?」と私は訊ねずにはいられません。

あなたは真剣に、一生懸命頑張って多くの方の役に立っているカイロプラクターかもしれませんが、短期のカリキュラムを大した勉強もせず終了し、ろくな知識も、技術も、倫理観も、プライドもない人が大勢カイロを行っていることをどう思うのですか? その人たちがカイロと呼んで行っている行為は、科学も、哲学も、アートのかけらもないカイロとはほど遠いものであることは、皆さんが一番よくご存知だと思います。

次世代のために奮起

自分や自分の仲間だけが良ければそれでいい、というレベルからいい加減脱却しなければならないと思います。次世代の、これからの若者のために、そして皆さんの子どもたちのために、カイロを日本でしっかり確立していかなければならないと思うのです。今のままでいいと思っている人たちは自分のことしか考えていないのです。次世代にとって少しでも良い環境を整えて上げたいと思ったら、今私たちが頑張らなければならないのではないでしょうか!

カイロはカイロプラクターが行うものであり、他の療法士がカイロもできれば患者が喜ぶだろうとか、顧客が増えるだろうという考えで安易に手を出すものではありません。カイロを一生の生業として情熱を持って、カイロプラクターとして生きていく覚悟のある方のみカイロプラクターなのです。実に当たり前の話なのです。鍼灸師は鍼灸師であり、柔道整復師は柔道整復師であり、整体師は整体師であり、どんな立派な先生であろうとカイロプラクターではないのです。まずは、自らがアイデンティティーの確立と自主規制をしていく意識を高めていかなければなりません。これまでそんなことを考えたことがなかったという人たちが大勢いると思います。是非これを機会に、皆さんにカイロ全体のことを真剣に考えて、何をすべきかを行動で示していただきたいと願っています。

今年の大河ドラマでの佐久間象山の言葉が胸に突き刺さりました。「何かを始めようとすると何もしない奴らが必ず邪魔をする。蹴散らして前に進め!」。口先だけの情熱ではなく、まずは自らが苦しくても勉強して知識を高め、練習して技術を高め、己を律して倫理観を高め、大きなもののために行動を起こし、本物の情熱を持ってカイロを次世代のために確立していかなければならないのです。誰かがやってくれるという他人事ではないのです。自分には関係ないと思っているそこのあなたこそが、情熱と行動力で日本のカイロを変えていくのです。

トルクリリーステクニックマニュアル

投稿日:2013年02月04日

trtm_l
<おもな目次>
  • トルクリリースとは?
  • プレッシャー・テスト
  • ダブルエンド・コンタクト・アシスト(DECS)
  • ノンリニア検査法のプライオリティー
  • レッグ・チェックの間違いプロフィール

「トルクリリース・テクニック」の開発者:ジェイ・M・ホルダーD.C.

脊椎のサブラクセーション複合体を取り除くことが心身の健康に深く関わることを神経学的研究から明らかにし、1990年代に「トルクリリース・テクニック」を開発。現在、米国内の多数のカイロプラクティック大学で教えるほか、世界各地でセミナーを開催するなど、トルクリリース・テクニックの普及に努めている。

トルクリリース・センター・ジャパン代表 遠藤光政D.C.

パーマーカイロプラクティック大学卒。90年代に日本カイロプラクティック評議会チェアマン、DC連絡協議会会長を務め、97年の世界カイロプラクティック連合世界大会・東京では組織委員長を務めた。現在、PCTカイロプラクティック登戸の治療院を運営するかたわら、トルクリリースとオリキュロセラピーの治療者育成にあたっている。