2012 3月カイロプラクティックジャーナル

  2012  3月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

<第27回>Nervi Nervorum(神経の神経)は、どんな役割を演じるのだろう?

投稿日:2012年03月29日

カイロジャーナル73号 (2012.2.29発行)より

 

神経因性疼痛や神経の圧迫説などの根拠に「Nervi Nervorum」が持ち出されることがある。「Nervi Nervorum」は「神経幹神経」あるいは「神経の神経」と訳されているが、一般的な解剖書にその名を見ることはまずない。しかし、論文や参考図書には散見することがある。例えば、『臨床痛み学テキスト』(熊澤孝朗監訳)、徒手医学関連では『末梢神経マニピュレーション』、『グリーブの最新徒手医学・下巻』、『バトラー・神経系モビライゼーション』などの図書にも登場する。下の図は、科学新聞社刊『末梢神経マニピュレーション』(J.P.バレル、A.クロアビエ著)から引用した。


【図】神経上膜および神経終膜の神経
【図】神経上膜および神経終膜の神経

神経幹は神経線維が神経周膜で覆われ、さらに神経上膜が包み込んでいる。この周膜と上膜に神経線維から分枝しているのが「Nervi Nervorum=神経の神経」である。その分枝した末端には受容器があるとされている。また、神経幹外からは血管と血管周囲神経叢が、神経幹の周膜と上膜に入り込んでいる。こうした「Nervi Nervorum」に関わるシステム構造が、神経幹を圧迫すると神経因性疼痛が起こることの根拠として論じられることがある。

しかし、「Nervi Nervorum」の役割は未だよく分かっていない。それでも、この神経の末端受容器が神経幹を圧迫あるいは絞扼するような間接的な機械刺激で、簡単に異所性発火が起るとは考えにくい。その証拠もない。したがって、「Nervi Nervorum」の受容器が通常の機械的刺激で作動するという見解には疑問が残る。

『臨床痛み学テキスト』(391頁)では、「神経幹の圧迫では痛みを伴わない場合がある」としながらも、痛みが発症するためには力学的な異常の前に神経の炎症が必要だとしている。その炎症が起こる可能性の1つとして、「Nervi Nervorum」の存在とその役割を挙げている。

そう考えるとうなずける。神経上膜や周膜が損傷すると、神経の結合組織に入り込んでいる血管周囲神経叢の損傷が起こる。この炎症反応は、当然、「Nervi Nervorum」の侵害受容器を異常に興奮させることになるだろう。神経生理学者・Howard L. Fields博士(カリフォルニア大学UCSF教授)は、“Multiple Mechanisms of Neuropathic Pain”のレクチャーの中で、この「Nervi Nervorum」についても触れている。Howard博士によれば、このような「Nervi Nervorum」における過敏な侵害受容体が神経因性疼痛の可能性となり得る1つのメカニズムだとしている。それも損傷された神経に起こった炎症が前提になっている。


カイロプラクティックのプロフェッショナル20人が語る仕事の流儀

投稿日:2012年03月08日

revealed_l

編者プロフィール

デイビッド・K・シャイナーD.C.

1996年にライフ・ユニバーシティを卒業する前から、人の生命力や全体性を、肉体的にも精神的にも、もっと存分に発揮できる方法はないか、ほかの人たちもそうなるように手助けできる方法はないか、その方法を見つけだしたいとずっと切望していた。その望みが達成できたのは、カイロプラクティックによってだった。

個人で開業していた12年間に、アトランタ市など、3か所のカイロプラクティック・オフィスで成功を収めると、カイロプラクティックに対する情熱と、人間として掲げる目標が一段階高まった。

人にはだれも、神経系は障害のない状態にしておく権利があるという強い信念から、現在は著作物や講演を通じて、正しいカイロプラクティックのメッセージを世界中の人々に伝えることを使命としている。
米国ジョージア州アトランタで家族とともに暮らしている。

監訳者略歴

大陰幸生D.C.

 

2002年、米国ライフ・カイロプラクティック・カレッジ・ウエスト卒業。D.C.学位取得。04年、カイロプラクティックCafe of Life Tokyoを東京・自由が丘にオープン。正しいカイロプラクティックを広めるため、全国で講演・指導を行う。

他方、地球と人類への貢献として、無償で現地の人にカイロプラクティックを提供する活動をライフワークとして実践中。これまでに、ブラジル、インド、カリフォルニア、NYグラウンドゼロ、東日本震災地などを訪れて活動に参加している。

共訳書として、『チキンスープ・シリーズ カイロプラクティックのこころ』(岡井健編訳、科学新聞社刊)がある。登場するD.C.クラウディア・アンリグ

ラリー・マークソン
アーノ・ブルニエ
ファブリジオ・マンシーニ
パスクワーリ・セラソリ
CJ・マーツ
ジェラルド・W・クラム
ジニー・オーム
ジョン・F・ディマティーニ
トニー・パラーモ
ドニー・エプステイン
ガイ・リークマン
トム・ジェラルディ
テリー・A・ロンドバーグ
パトリック・ジンテンポ
アーマンド・ロッシ
レジー・ゴールド
ジェームス・シガフース
クリストファー・ケント
ジョー・ストラウス