2010 6月カイロプラクティックジャーナル

  2010  6月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

<第16回>学ぶ力、育つ力

投稿日:2010年06月24日

成長するもしないも全部自分次第
カイロジャーナル68号(2010.6.24発行)より

皆さんの夏はどのような夏でしょう? 私は北カリフォルニアの乾燥した爽やかな気候の中で夏を満喫しています。日々忙しく診療しながら、家族との貴重な時間を楽しみ、趣味の料理やゴルフも思いっきり楽しんでいます。カイロプラクターになって本当に良かったなと喜びと感謝の中で暮らしているのです。感謝する相手もたくさんいます。家族はもちろん仲間や患者さん、そしてカイロプラクティックという、素晴らしいギフトを私に届けてくれた先人たち、業界の方々です。

ドクターとして20年

私も気がついてみれば、大学を卒業しドクターとして20年目を迎えました。この20年間は本当に早かったです。卒業後まもなく結婚し、やがて息子が誕生し、息子が1歳になる前に独立開業をしました。クリニックもすぐに軌道に乗り、アシスタントやアソシエート・ドクターが次々と増えていきました。息子と3歳違いの娘が生まれ、まもなくクリニックが手狭になり、大きな物件に引っ越したのです。そして、翌年サンノゼに2軒目のクリニックを開業しました。サンマテオのクリニックは開業15年、そしてサンノゼのクリニックは10年目を迎えています。ただ無我夢中で頑張ってきた気もしますが、ただ楽しんで自分の好きなこと、やりたいことをやってきただけのような気もします。

自分が幸せを感じるとともに、業界への恩返しとして後進の指導もしなければならないと強く思って頑張ってきました。クリニックでの学生たち相手の練習会も今年で13年ぐらいはやっているでしょうか。インターンの受け入れやアソシエート・ドクターの受け入れも積極的に行ってきました。一時期はMDやPT、そしてマッサージ・セラピストまでいて従業員10名の大所帯になっていました。しかし、人が増えれば増えたで問題も多くなります。10名の給料を毎月払い、それぞれの個性をつかみ能力を引き出そうとしても、相手の気持ちがそれと噛み合わなかったりもしました。治療以外の苦労や仕事が膨大に増えたのです。

そのような状況下でも業界への恩返しや後進の指導への気持ちはなおも強く、テクニックブックを出版したり、日本での業界活動も増えていきました。それでも好きなことをしているわけで、苦労と感じることは少なかったように思います。どんな夢のような仕事でも半分は辛い仕事だというのが私がいろいろな人から学んでわかったことです。自分の仕事だって辛い部分があってもそれは当然であり、喜びの部分がそれを補って余るから楽しいのだと考えています。

つらいと感じること

そんな私が辛いと感じることが幾つかあります。その1番目は皆さんにも共通すると思いますが、資金繰りが大変なときです。これは徹底的に無駄を省くということを実行し始めて、いらない従業員をカットして人件費を削減し、余分なクリニックのスペースをカットし家賃を下げ、広告費も一時期の25%にまで削減し大変身軽になりました。今では私を入れてスタッフは5名です。それでも患者数は毎年増えて自分の労働量は以前よりも格段と増しているのですが、これは治療における労働量で私が一番好きな仕事です。従業員が減ったり、よりシンプルな治療スタイル、マネジメント体系にしたお陰で、治療以外の仕事は以前より減ったかもしれません。

2番目は患者さんが思うように回復せず、治療結果が出ないときです。ただし、このような場合は苦労の末に新たな治療法などを学び成長することも多く、結果的には大きなプラスとなることも多いのです。しかし、結果が出ないということは治療家として大変辛いものなのです。

3番目は人が思うように育たないときです。クリニックのフロント・スタッフ、アソシエート・ドクター、インターン、そして練習会に来る学生と私には育てなければならない人がたくさんいます。今までたくさんのDCが私のもとで学んでいきました。同じように教えているつもりでも、何年経っても身につかない人もいれば、ちょっと教えただけですぐに自分のものにしてしまう人もいます。いわゆる、デキのあまり良くない人に対し「これは自分の教え方が悪いからだ。申し訳ない。どうにかしなければ」という自責の念が強く辛かったのです。実際、テクニックの指導において、能力の差にかなりの開きがあります。そして私の教え方は、型にはめた教え方ではなく、まず理論や考え方を教えて、それに基づいたテクニックを考えていくものですから難しいのかもしれません。

物事を学ぶときにはコピー、すなわち真似をするというのが一番の近道です。しかし、これには落とし穴があります。上辺だけ真似ても中身が伴っていなければ、それは本当に学んだことにはならないのです。いつか、とてつもない壁にぶち当たりくじけてしまうことになるのです。ですから考え方を学び理論を学んで自分でテクニックをつくり上げていかなければならないのです。椎骨をアジャストするときに、理論があるからこの骨をどのように、どの方向へアジャストしたいかが決められるのです。

関節を鳴らすだけ…

その目的を正確に遂行するには、患者さんはどのポジションで、ドクターのポジションはここで、コンタクトの場所はこのポイントにこのように、そしてセットアップとテンションはこのように、最後にソラストとライン・オブ・ドライブはこのようにと、すべてが自ずと決まってくるのです。「ハイ、患者は仰向けで、ここにこのようにコンタクトしてください。そして軽く首を伸展させて回旋させてロックしたところでソラストしてください」と機械的にやれば、首のどこからか音はするのかもしれません。ときには、このようにして感覚的なものをつかんでもらうことも有効かもしれません。だけど、基本的な考え方や理論がなければ、それはアジャストではなく、ただ関節を鳴らしている作業に過ぎません。

このような考えを持っている私に学びに来ると、多くの学生やドクターができていたと思っていたアジャストができなくなってしまいます。必死にアジャストしても、うんともすんともいわなくなり大変落ち込むことになります。それは、それまでアジャストだと思っていたものが、考え始めた途端、理論と合わなくなってしまうからなのです。ただ音を鳴らすだけなら、首は回旋させるか側屈させれば音は出ます。でも、それはアジャストメントではないのです。上辺だけでなく、私のところに来たからには本当のアジャストメントを学んで欲しいと思うのです。

私のところで学ぶことはアジャストメントだけでなくカイロプラクター、または治療家としての考え方やマネジメント、クリニック運営まで多岐にわたると思います。一番大切なのはカイロプラクターとして、どのように治療や患者と向き合い接するかということです。世の中にはたくさん学ぶことはあるのですが、人によってその学習能力に差があるのは当然です。能力だけではなく、心構え、覚悟、努力といったものにも大きな差があります。能力が劣るものが心構えまでできていないとなると、これはもう手に負えません。誰が見ても明らかに心構えも努力もできていないのに、自分では「頑張っています」「努力しています」と軽々しく言っていては伸びるはずがありません。実際にこのような方は非常に多く存在します。そしてこのような方は恨み言を言いながら去っていくのです。

考える力を養おう

最近私が強く思うことは、学ぶ力と育つ力です。私が「どうして成長させてあげられないのだろう?」と悩むのは、実は非常におこがましい思い上がったことなのです。私のもとで成長していった人たちは私が育てたのではなく、その人たちに学ぶ力があって、育つ力があったのです。私が育てたのではなく、その人たちが勝手に育っていったのです。逆に育たなかった方は、学ぶ力や育つ力が十分になかったということなのです。誰かに手取り足取り教えてもらって、育ててもらおうなどと思っていては駄目なのです。相手から盗むという気持ちで自分から学び吸収し、成長していかなければならないのです。学ぶことができない、育つことができないのは自分のせいです。育つ力のある人はどのような環境でも育っていくものなのです。

私は普段からできる限り丁寧に指導しているつもりですが、上辺だけの指導はしたくありません。だから考える力を養ってもらいたいのです。それが本当の意味で学ぶということに繋がるからです。昨年に続き、今年も9月25日に東京で「マイ・プラクティス」という、考え方を学ぶセミナーを開催します。すぐに使える治療法などは教えるつもりはありません。学ぶことができる方、育つことができる方は、ぜひ受講してください。きっと素晴らしいセミナーとなることでしょう。学ぶことができない方は、お金と時間の無駄となってしまうでしょう。多くの方が私の熱意と知識、技術、そして考え方を学びに来て欲しいと心から願っています。

<第13回>「急性ストレス刺激には鎮痛作用もある」

投稿日:2010年06月24日

カイロジャーナル68号 (2010.6.24発行)より

ストレスが痛みの誘因になることは周知のことであるが、逆もあり得る。例えば、損傷などによる痛みの強さは、その発生状況や心理的背景によっても異なるようだ。運動競技中でのアクシデントを見聞きするたびにそう思う。

競技中の不意の損傷で随分と痛そうにしていたかと思うと、間もなく何事もなかったかのように平然とプレイしていたりする。ところが翌日のニュースでは、実は骨折だった、と今度は痛々しい姿を写真つきで報道されることもある。

骨折でも競技ができたというのは、痛みの侵害信号が脳に届くのを遮断するか、あるいは鎮痛物質を放出する仕組みがあるからに違いない。つまり、急性に起こるストレス刺激は鎮痛作用として働くこともあるということだ。

そう言えば、戦時における前線で重傷を負った兵士の三割ほどは、痛みを訴えなかったという記録もある。また、救急病院に搬送された救急受傷者でも、痛みを訴えない救急患者が同程度ほどいるという報告もある。負傷には痛みがつきものだが、負傷と痛みの程度は一致しない。

ストレスには、「疼痛」と「鎮痛」という両極の感覚をもたらすということがあるというわけで、発生状況や心理的・身体的背景は痛みの程度をも左右するのだが、こうした仕組みの解明は1970年代に入ってから活発になったようである。

この痛み抑制系のメカニズムは、つまりは中枢神経系の作用であり、今のところ2種類のシステムによって抑制系が成り立っているとされている。

ひとつは、痛覚伝導路の中継核に痛覚抑制インパルスを飛ばしてシナプス伝達を抑制するシステムである。この伝達系にも「下行性」と「上行性」経路があり、更に脊髄内で作用する「髄節性」の系があることが分かっている。もうひとつは、モルヒネ様の鎮痛物質を放出して抑制するシステムである。


<第12回>「防御反応としての炎症を演出するポリモーダル受容器」

投稿日:2010年06月24日

カイロジャーナル68号 (2010.6.24発行)より

炎症には四徴候があるとしたのはギリシャ時代とされている。「発赤、熱感、腫脹、痛み」の4つの徴候のことで、ポリモーダル受容器はそのすべてに係わっている。ポリモーダル受容器は炎症と切っても切れない関係というわけだ。

皮膚を引っ掻くと、傷んだその部位が赤く腫れる。これをフレア(flare)形成という。神経性の炎症症状とされる末梢神経の軸索反射による現象である。この現象に関与する物質として、ヒスタミンやサブスタンスPなどがあげられている。

サブスタンスPは、ポリモーダル受容器が侵害刺激を受け取ると放出する神経ペプチドで、神経情報の伝達に関与してきた。神経系の発達と共に存続してきた原始的な神経伝達物質である。神経ペプチドは後根神経節で生成され、そのほとんどは末梢側に運ばれ、ポリモーダル受容器が興奮することで放出される。

すると、この神経ペプチドは神経終末の近くにある肥満細胞に作用する。肥満細胞はヒスタミンを放出し、血管を拡張して血管の透過性も増す。この作用には、ヒスタミンだけでなく神経ペプチドも加わる。血管が広がり、血流が増大することで、炎症徴候である発赤がみられ、熱も出る。

また血管の透過性が増すことで、血管から水分が放出される。そのために腫脹が起こる。こうしてポリモーダル受容器は、炎症に深く関与して炎症を増大させている。これは一見するに悪化させている現象でもある。ところが、本来こうした炎症症状は身体の防御反応のひとつでもある。つまりは治癒力につながっている。

神経ペプチドは免疫や傷の治癒、内臓平滑筋の活動調節など、痛覚受容器であるポリモーダル受容器の効果器としての特性も見逃せない側面である。掲載の図はポリモーダル受容器研究の第一人者である熊沢孝朗教授がまとめたものである。

12-01

その熊沢教授が、ポリモーダル受容器は「村役場」とイメージせよと書いていた。一人で何役もこなすからだろう。

こんなイメージもできそうだ。総合病院の専門分科された医師というよりは、町の診療所の家庭医。そんなポリモーダル受容器などを構成子とする情報ネットワークのプログラムが、神経系のシステムには存在しているように思える。


<第11回>「痛み回路の二重システム」

投稿日:2010年06月24日


カイロジャーナル68号 (2010.6.24発行)より

皮膚表面をピンで刺すなどの機械的刺激、皮膚に15℃<45℃が加わる冷熱刺激、あるいは刺激性化学物質、これらはいずれも組織を傷害する可能性がある。この物理化学的な侵害刺激が直接作用すると起こる表面痛は「速い痛み」と「遅い痛み」に分けられる。

速くて鋭い痛みは限局できる一次痛で、逆に遅くて鈍い痛みは局在がはっきりしない二次痛とされる。深部痛や内臓痛にはこうした区別はなく、うずく痛みである。機械刺激による深部痛の閾値は、骨膜で最も低く、骨格筋で最も高い。中でも、骨格筋の痛みは血行障害に持続収縮が重なると現れやすいとされている。

これまで鋭い痛みはAδ線維が、鈍い痛みはC線維が伝達するとされてきたが、近年の研究では受容器の違いが刺激の種類を分けて伝達するとみているようだ。神経線維よりも受容器に注目が集まっている。

ほとんどの場合は、高閾値機械受容器の興奮をAδ線維が、ポリモーダル受容器の興奮をC線維が伝達するというのだが、受容器についてはまだまだ研究の余地が残されている。特に「ポリモーダル受容器」は今後の徒手療法の表舞台にも登場してくるに違いないが、詳細は別項で紹介したい。

では、これらの受容器が受け取った侵害刺激はどのような伝達経路をたどって痛みとなるのだろうか。

運動神経系には基本的な系である「錐体外路系」と、高度の運動を可能にする「錐体路系」があるように、感覚神経系にも基本的な「毛帯外路系」と高度の識別感覚を伝える「毛帯路系」がある。この2種類の侵害刺激伝達回路は、識別感覚という知性に働きかける毛帯路系(新脊髄視床路)と、情動や自律反応系に働きかける毛帯外路系(旧脊髄視床路)ということになる。

そして、侵害刺激は視床より上位で侵害部位の痛みとして認知されるのであるが、痛み感覚はそれだけでは説明されないものがあるようだ。

1)毛帯路系(識別感覚伝達システム)

高閾値機械受容器を興奮させた侵害刺激は、一次痛として脊髄後角の第一層に入る。そこで新脊髄視床路の二次ニューロンを興奮させると、長い線維を介して脊髄の反対側に渡り、脊柱を脳に向かって毛帯路系を上行する。その大部分の線維は視床特殊核の腹側基底核に終わる。そこから大脳皮質に信号が送られるが、そのひとつの領域は大脳皮質の体性感覚野S1、S2に伝わる。ここでの侵害部位の位置確認は正確であることから、毛帯路系の伝達経路システムは知的な識別感覚を促す回路系であることがわかる。明らかな警告系の痛み回路である。

2)毛帯外路系(情動、自律反応伝達システム)

さて、ポリモーダル受容器の興奮をもたらした侵害刺激は、一次痛に約1秒以上遅れて、二次痛として後角の2層と3層に入る。それを受けて二次ニューロンが脊髄の反対側に渡り、毛帯外路系を上行して脳幹に入る。そこから視床にまで達する線維は僅かで、多くは中脳や脳幹網様体から多線維ニューロンが痛覚信号を中継して、視床の髄板内核、視床下部、大脳辺縁系に送っている。

動物実験では中脳より上部を除去しても、痛みを知覚する能力は破壊されないことが知られている。痛み刺激に反応して苦痛を表現するのである。このことは、下位脳が苦痛をもたらす痛みの認識に重要だとされる根拠になっている。

痛みは、体性感覚野で行う識別された本質的認知よりも、下位中枢における知覚認識が極めて重要な役割を果たしている。毛帯外路系という原始的な伝達系が「情動系」と「自律反応系」に痛み感覚を送っているのであるが、このことは下行性の「抑制系」を作動させるためにも重要である。

また、この系は痛みが身体の主要部分にあるということだけは分かるが、局在的な位置確認はほとんど出来ない。臨床の現場でも、慢性の痛みを訴える患者ほど広い範囲の部分を示すことを経験的に知っているが、それはこの毛帯外路系の伝達回路が多シナプス性で広範囲に接続しているからなのだろう。

11-01


カイロジャーナル68号

投稿日:2010年06月24日

68号(10.6.24発行)
カイロの普及訴え
新渡英夫氏 国民新党から参院選に出馬
ダンブロジオ氏が来日

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事