2009 10月カイロプラクティックジャーナル

  2009  10月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

<第7回>「慢性痛には2つのタイプがある」

投稿日:2009年10月16日

カイロジャーナル66号 (2009.010.16発行)より

急性痛と慢性痛という分け方がある。どこがその分岐点かと言うと、一般的には痛みの発症からの期間で分けている。米国政府研究班がまとめた「急性腰痛のガイドライン」ではマニピュレーションをBランクの効果と判定したが、そこでは6ヶ月をその境界にしていた。ところが、2~3週間から数週間で治癒する急性疾患も多いわけで、必ずしも6ヶ月が目安になるとは限らない。大体、急性痛と慢性痛を期間で分けることに意味があるのだろうか。確かな意味など何もないように思える。


「慢性痛はどこまで解明されたのか」より

「慢性痛はどこまで解明されたのか」より

急性の痛みは生体の防御・警告系とされ、身体を傷害や危害から護るために不可欠の生得的システムであるが、通常は一過性である。基礎疾患が治れば、痛みも消えるはずなのである。ところが、痛みが持続する所謂「慢性痛」とされる痛みは、更に2つのタイプに分けられる。

ひとつは急性痛が単に長引いている「慢性痛タイプ」で、もうひとつは神経に可塑的変化が起きた「慢性痛症」である。「慢性痛症」は組織の傷や炎症が治癒したにもかかわらず痛みが持続する痛みで「神経因性疼痛」とされている。この二つのタイプの発症メカニズムは全く違うが、明確にタイプ分けをするのも臨床的には難しい。急性痛と慢性痛の区別は、単なる痛みの期間で分類できないものがあるからだ。臨床的には、治療に対する反応で区別する他ないのかもしれない。つまり、遷延している痛みでも急性痛の治療方法で治癒することもあり、早期の痛みでも既に神経の可塑性が作られて難治性のケースもある、ということになる。

それでも純粋な慢性痛症のタイプである神経因性疼痛が、高率で発生するとも考えられない。印象的にではあるが、慢性痛には多くの遷延された慢性痛のタイプが含まれているように思える。だとすれば、「侵害受容性疼痛」が多分に混在しているのではないだろうか。

では、なぜ除痛に失敗したのか、という疑問が残る。おそらく、その痛みの病態が捉えきれていないか、侵害された受容器の見落としか何かがあるのだろう。兎にも角にも、慢性的な痛みに悩まされるのは辛いことである。ましてや神経が歪む神経因性疼痛の病気になったら、もっと不幸なことである。痛みは、警告系の役目を終えたら消えなければならないのだ。慢性痛症になる前に、出来るだけ早く痛みを取り除くこと。これを痛み治療の大原則としなければならない。


<第14回>自信を持て!成功するための絶対条件

投稿日:2009年10月16日

自信を持て!成功するための絶対条件
カイロジャーナル66号(2009.10.16発行)より

不況であっても

日本の皆さん、お元気ですか? もうすぐ「It’s CHIRO!2009」がやってきますね。東京と大阪での開催です。私も東京会場で皆さんにお会いできることをとても楽しみにしています。

今回のイベントを成功させることは、私たちの業界にとってとても大切なものだと考えています。世界的な不況の中で経営に苦しむ方や、先行きに不安を抱いている方も多いと思います。業界自体も今一つ明るい話題に欠けていて、勢いを感じることができません。このようなときは大きく二つの考え方に分かれていくものです。

残念ながら非常に多いパターンは、世の中の不況を言い訳にして、自分だけが暇なわけじゃないのだと安心してしまうというものです。自分以外の多くの人たちが同じように上手くいっていないのだかからしょうがないだろう、というのでは困ります。世の中はどうであれ、自分が上手くいっていないものは上手くいっていない、という現実問題を直視できなければ解決の糸口も見つからないでしょう。またもう一方では、世の中がどんな状況でも関係なく成功している人たちもいます。それでは、一体そのような人たちはどのような考えを持っているのでしょう。

どの世界であれ、成功している人は自信を持っています。成功したから自信を持っているのか、自信家だから成功したのかは意見が分かれるかもしれませんが、自信がない人が成功することが難しいということだけは確かだと思います。日本でお会いする学生や若いカイロプラクターの皆さんの中に多く見られるのが、自分自身にまだ自信が持てていない人たちです。このような人たちはなるべく早い段階で自信を確立しないと、廃業していく確率が高くなってしまうことを私は知っています。まだ経験が浅いのにどうやって自信を持てばいいのか、とお悩みの方も多いでしょう。この自信の確立こそが人生を大きく変えるポイントではないか、と私は思っています。ですから今回の東京での「It’s CHIRO! 2009」では、そこのところに焦点を当ててお話ししたいと思っています。

性格的に元々自信家の方もいるでしょう。私が20数年前、アメリカに来たときに強く感じたことの一つに、アメリカ人や南米人はとても自信家だということです。大した実力がなくても自分はできると主張するのです。例えば日本人は相当流暢に英語が話せなければ、自分は英語が話せますなどと人前で堂々と言うことはないでしょう。しかし、アメリカ人なら片言の日本語が話せれば、自分は日本語が話せますと堂々と売り込んできます。ときに、この根拠のない自信はどこから来るのかと、とても不思議に思ったものです。

米国人は自信家

日本では少しぐらいできるからと実力をひけらかすことは美徳ではありません。謙虚さがとても大切なのです。ですから、ある程度の実力があっても「自分はできる」などと人前で話すことはしません。アメリカ人は少しかじった程度でも「自分はできる」と言ってきます。それは感覚の違いです。何も嘘をついているわけではないのです。このような精神文化の差が、アメリカに来た当初は非常に面白く感じました。そして、アメリカ人の自信家の部分と日本人の謙虚さの両方の良さを上手く使い分けることの利点を発見したのです。

私は日本の皆さんから見れば自信家と映るかもしれませんが、アメリカ人から見ればこれでもとても謙虚なのです。どうしてアメリカ人がときには根拠がないとも思えるような自信を持っているのか、という理由が子供を育ててみて初めて理解できました。子供の頃にどのように育てられるかが、その後の人生に大きな影響を与えることがわかったのでした。

とにかく褒める

アメリカでは幼少期はとにかく褒めて育てます。スポーツなんかでも褒めて褒めて励まして応援するのです。ところが日本では親はとても批判的です。上手くできたことを手放しで褒めると、つけあがってダメになってしまうような気がして、できなかったことばかりを注意します。少しできるからといっていい気になるな、と諌められます。これでは自信を持つことが難しくなるのは当然です。

したがって日本では、自信家はどうしても攻撃を受けることが多くなり、出る杭は打たれることになります。脳ある鷹は爪を隠せとばかりに、例えできたとしてもそれを表に出すことができなくなるのです。ところが、それが大きなマイナスになることもあるということも知らなければなりません。

患者さんは、一体何を求めてカイロプラクティックのオフィスを訪れるのでしょう。皆さんがもし患者だったら、どのような先生に診てもらいたいでしょう。そして、どのような先生を知り合いに紹介したいと思うでしょうか。そこには色々な要素があるでしょう。人によって好みも違いますし、事情もあるでしょうから、すべての条件が同じというわけではありません。しかし、これだけは言えることは、自分がやっていることに自信がない先生に診てもらいたいという患者は一人もいないということです。自分自身に、そしてカイロプラクティックに、自信を持っていない先生のところには患者は来てくれません。どんなに自分では頑張っているつもりでも、成果はなかなか現れないでしょう。

求められる人は

私は多くの方にもっとカイロプラクティックに自信を持って欲しいと思います。カイロプラクティックは本当に素晴らしい治療法です。もちろん完璧ではありませんし、限界もあるでしょう。しかし、それは世の中すべてのことに共通することです。カイロプラクティックは他の医療ではできない治療をしているのです。その特色を見失わないで欲しいと思います。

カイロプラクティックのフィロソフィーと理論、アジャストメントの力にもっと自信を持ってください。そうすれば技術も上がります。治療結果も良くなります。多くの人が皆さんの治療を求めるようになります。自分に自信のない、カイロプラクティックに自信のない、そんなカイロプラクターの治療を誰が受けたいと思うでしょう。虚勢ではない、はったりではない、本当の自信に満ちたカイロプラクターを世の中の人は必要としているのです。そのような先生のところには不況でも患者さんが訪れるのです。目先のマーケティングだけでは長続きはしません。そこには微動だにしない絶対的な自信が存在するべきなのです。

自信を持つということは簡単ではないかもしれません。間違った自信はときには害にさえなります。しかし、カイロプラクターとして成功し、幸せになるための絶対条件は自分自身に、そして、カイロプラクティックにゆるぎのない自信を持つことなのです。今回の東京での講演では、自信を持つことについて自信を持ってお話しさせていただきます。きっと、皆さんのお役に立てる話ができると信じています。それでは皆さん、11月に東京でお会いしましょう。私のありったけのエネルギーを皆さんにぶつけていきますので、覚悟しておいてくださいね。

<第6回>「警告系の起源は「うずまき反射」

投稿日:2009年10月16日

カイロジャーナル66号 (2009.10.16発行)より

誤って熱いやかんに手を触れたり、尖った金属に触れたりすると反射的に手を引っ込める。これは逃避反射と呼ばれるものだが、同時に痛みを感じることで身体に危害が加わったことを知る。このことからも痛みは警告系とされている。

実験的には、侵害受容器への入力により呼吸・循環系に大きな反射性修飾作用がある、との観察報告がある。刺激の強度に依存して、呼吸が促進したり抑制されたりする、というのである。

このことは、痛みが単に警告系のみならず、内因性オピオイドを介した液性の調整による防御抑制系であることも示している。だから炎症や免疫反応も起こる。痛み系には、他の感覚系とはやや違った様相があるようだ。こうした液性の反応も重要な身体情報系の働きであるが、神経活動に由来する痛みの情報系で最も原始的な警告系は逃避反射なのだろう。

研究者は、椎骨動物の元祖である原索動物のナメクジウオが見せる「うずまき反射:coiling reflex」を、最も原始的な警告系としている。からだの一部に加えられた刺激から遠ざかるようにクルリとからだを巻き込む、いわゆる侵害逃避反射である。

痛みが警告系を離れて神経系が可塑的に変化し、痛みという実体だけを残すようになると、それは「病としての痛み」となる。では、なぜ痛みの神経系には可塑的な変化が起こりやすいのだろうか。

発生学的にみて、「うずまき反射」という原始的な起源を基にヒトの神経系の働きが構築されているのだとしたら、胡乱な現象だと片付けられないテーマである。神経系の中で、痛み系こそ原始的で未分化であり、未分化であるからこそ変化の自由度も高いということになる。つまり可塑性が高く、他の神経系とも連結しやすい。

前にアロデニアについて触れたが、触れただけで痛むということは通常ありえない。触覚神経は痛みを伝える神経ではないからである。ところが、痛み系が触覚神経と連結する病態が出来上がったのがアロデニアである。また、痛み系が自律神経系と結びつくと、気圧や寒冷などの変化によっても、あるいは本来は痛みと関係がない身体状態によっても痛みが起こり得る。

そう考えると、印象的にではあるが「うずまき反射」といわれるヒトの警告系の起源を掘り下げることも、痛みの重要な解決策のひとつなのかもしれないと思えてくる。


<第5回>「神経が歪む病気としての痛み」

投稿日:2009年10月16日

カイロジャーナル66号 (2009.10.16発行)より

受容器が侵害されなければ痛みが起こらないのか、と言えば、そんなことはない。痛覚受容器の侵害と関係なく起こる痛みがあり、それが「神経因性疼痛」である。神経系の可塑的変化によって起こる痛みで難治性である。これは熊澤孝朗教授が述べる「神経が歪んだ」状態とみるべきだろう。生理的な痛みの機序では説明することができない痛みなのである。

例えば痛覚過敏であるが、本来は痛みを発生しないような軽い蝕刺激でも痛みを引き起こすアロデニアがある。十数年も前の話になるが、私もアロデニアと診断された患者さんを診たことがある。後にも先にもアロデニアの確定診断を受けた患者さんを診たのはその一例だけであるが、私にはお手上げだった。

とにかく1分と同じ姿勢を保てない。ベッドに背中が触れただけでも、身体に触れただけでも痛がった。座っていても、じっとしていられないようだった。ありとあらゆる診療科目を回り、ドクターショッピングを続けざるを得ないといった気の毒な患者さんだったが、さりとて私にはどうすることもできなかった。今ならば、何らかのアドバイスなり方法を試みることが出来るように思うのだが...。でも、この患者さんが「痛みという病気」の存在に関心を向けさせてくれたように思う。

他にも帯状疱疹後神経痛、癌や糖尿病による神経痛や術後神経痛、幻肢痛などが神経因性疼痛とされる。神経因性疼痛は、発症の詳しい仕組みも分かっていない。消炎鎮痛薬(NASIDs)や医療用麻薬(オピオイド)も効かない。今のところ効果的な治療法も見つかっていない。痛覚受容器は関与していないとされているようだ。

なぜ神経が歪むのか。よく分かっていないとは言え、強い痛みが「持続」すること、末梢あるいは中枢神経の「損傷」、そして「心理学的機序」が基盤になって、神経系に可塑的変化がもたらされるのだろう。それでも、なぜ痛みが広範に伝搬していくのか。例えば細胞レベルの問題とか、少し違った視点からみることも必要なのかもしれない。新たな研究の成果が待たれるところである。

徒手治療においても、神経の歪みに対する対応が課題となるだろう。脳の可塑性を逆手にとって、本来の機能を新たな可塑性として構築する方法論を模索する必要がありそうだ。


カイロジャーナル66号

投稿日:2009年10月16日

66号(09.10.16発行)
3カ月連続「夢の祭り」
PAAC国際セミナー国内講師3氏が持ち味発揮
加茂淳Drインタビュー

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事