2008 2月カイロプラクティックジャーナル

  2008  2月

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

<第9回>アジャストメントにかける思い

投稿日:2008年02月29日

熱い志持つ仲間とともに上手な先生を見て練習を
カイロジャーナル61号(2008.2.29発行)より

うまくなりたい一心で

昨今の世界のカイロプラクティック界を見回して私が感じる杞憂は、満足なアジャストメント(以下、アジャスト)ができるカイロプラクターが、あまりにも少なすぎるということだ。私が暮らすカリフォルニアはアメリカでも最も多くカイロプラクティック大学が存在する州で、ゆえにカイロプラクターの数も半端ではない。私のクリニックの一つがあるサンマテオ市は、人口約9万で日本では北海道千歳市と同じくらいの大きさのようだ。決して大きいとは言えない街でも、カイロプラクターの数は確認できるだけでも60名を有に超える。因みに、千歳市の電話帳でカイロプラクティックを検索したら3件であった。それだけカイロプラクターが多く密集すると競争も激しくなる。そして、他のクリニックに差をつけるために色々と努力をすることになる。自分のクリニックならではの特色を打ち出すわけだ。その特色でアジャストを売りにしているところは極めて稀である。実際に手でアジャストをしない、またはできないカイロプラクターの数は年々増加の一途をたどるばかりだ。

カイロのアジャストは簡単ではない。ゆえに特殊技能なのだ。アートなのだ。私がカイロの大学に通っていた頃、クラスには120人ほどのクラスメートがいた。その当時でも真剣にアジャストの練習をしている学生など、ほんの一握りだった。私のように暇さえあればテクニック・ルームに入り浸って練習したり、大学近くで開業する先生のクリニックを訪問して、指導を受けたりしている者はほとんどいなかった。私は優秀な先輩を見つけては一緒に練習したり、自宅まで押しかけて教えを請うたりした。数少ない熱心な友人たちとセミナーに足繁く通い、身体がボロボロになるまでお互いの身体を使って練習した。とにかくアジャストが上手くなりたい一心だった。そして、私のアジャストや理論などに大きな影響を与えたのが当時、LACCでテクニックを教えていたフランス人のドクター・フォアクレイという先生だった。私の大先輩にあたる中川貴雄先生とも親しい先生だった。私は自分のテクニックの授業だけでは飽き足らず、フォアクレイが教えるクラス全部のスケジュールを把握し、サボれる授業のときは、もっぱら他のクラスに混じってフォアクレイの授業に潜り込んでいた。フォアクレイは私の顔を見ると、ニヤリと笑うだけで咎められたことは一度もなかった。家に帰っても背骨の模型を使って、ああでもない、こうでもないと、理論とバイオメカニクスを照らし合わせながら悩んだり、そこからいいヒントを得たりした。そうやってカイロプラクティックのこと、テクニックのことばかりに没頭する大学時代を過ごすことができて、本当に幸運だったと思う。

1人の先生では限界

カイロプラクティックのアジャストが上達するための重要な要素の一つが、上手なアジャストを見るということだ。ところが日本でカイロプラクティックを学ぶ人たちには、その機会が極端に少ないというのもまた私の杞憂だ。まず、アメリカに比べて上手いアジャストができるカイロプラクターの絶対数が少ない。いいアジャストを見ずにカイロプラクターになった人が、どうしていいアジャストができるだろうか。

それと、日本では一人の先生につくと、その先生以外については学びにくい環境があることだ。これほどナンセンスな話はない。例え、その先生がどんなに素晴らしい先生でも、所詮人間なのだから良いところも悪いところもある。そして一人の人間ができることなど限界があるということだ。一人の先生だけにしか学ばなければ、その先生を超えることは決してできないだろう。その先生が、常に他の先生から新しいものを学び続ける人ならまだいいが、もう人から学ぶことができなくなっている偉い先生に、自分を仕立て上げてしまっている場合は、本当にもうどうしようもない。それでいて、その先生の実力が実際のところ全く大したことなかったりしたら、そこでしか学べない人は本当に可哀想なことになる。実力のない人ほど自分の生徒に、他の姿を見せたがらないし、根拠もなく他をこき下ろし、生徒の視野を奪い、囲い込みを図るからだ。

繰り返し招待・訪問

これからの日本で、アジャストがないカイロプラクティックという意味不明なものが主流にならないためにも、本当にアジャストが上手な先生を見つけて、とことん練習してもらいたい。そのためにはどうすれば良いか、私なりの提案をさせていただきたい。まず、アジャストが上手くなりたいと心から願う熱い志を持つ仲間と練習会を行うことだ。人数は10人ほどが理想だろう。下手くそが集まっていくら練習しても、大した進歩は得られない。

何をすればいいかというと、評判のいい先生を招くのだ。2時間でいいから来てもらい、テクニックのワークショップをしてもらうのだ。その先生の治療院にお邪魔して、やってもらう方が現実的かもしれない。そこで一生懸命、その先生の理論、哲学、技術を吸収して欲しい。自分に合う合わないは、後で判断すればいい。そこで学んだものを持ち帰り、自分たちでまた一生懸命練習するのだ。そして次は別の先生を招く、または訪問するのだ。そのようにして一人の先生に弟子入りするのではなく、自分たちが先生を招いて学ぶことだ。そうすれば先生を見る眼も肥えてくる。気に入った先生は繰り返し招待し、または訪問し学ぶのだ。そのようなことができる仲間をつくって欲しい。

そして、そのうちに「この先生はいいな、この先生のアジャストをもっと学びたいな」と感じさせてくれる人に出会うはずである。そのときこそ、その先生にしばらく張り付いて学べばいいのである。10人ほどのグループなら一人数千円も出し合えば、2時間の講義を引き受けてもらえるだけの金額が集まるだろう。安いものだ。注意して欲しいのは、自分たちの気持ちを正直に先生方に説明し、学ぶ者の、または人としての礼儀を、しっかりとわきまえて交渉し、真摯な態度で学ぶことが大切だ。少なくとも、わざわざ忙しい時間を割いてくれた先生に、不愉快な思いなどさせないようにしていただきたい。

自ら出会いを求めよう

そのような新しい学びのスタイルを実践している仲間が九州にいる。私は彼らのような真剣な人たちのために力になりたいと思っている。自分もそんな仲間をつくりたいという方は、自分からどんどん出会いを求めて欲しい。そのための場所がソウルナイトでもある。昨年末に大盛況に終わったフィロソフィーナイトをソウルナイトと進化させ、より幅広く色々な人が参加しやすいようにと頑張っている。ソウルナイトには、色々な学校や団体から人が集まる。色々な先生方も集まる。そこで積極的に人に話しかけ、ネットワークを広げて欲しい。素晴らしい仲間や師となる先生方に出会って欲しい。私たちがソウルナイトを開く意味がそこにあるのだ。そこで知り合いになれた先生なら、きっと真剣に学ぼうとする人たちの熱い思いに応えてくれるはずである。

私がアジャストの際に指先や手のひらから感じる、患者の身体の言葉を同じように感じることができるカイロプラクターが一人でも多く増えてくれることを心から願っている。

ロイド・ステファンズマイヤーDCに聞く

投稿日:2008年02月29日

カイロプラクティックの素晴らしさもっと知ってほしい
カイロジャーナル61号(08.2.29発行)より

イタリアのカイロ、悲願の法制化達成

投稿日:2008年02月29日

61号(08.2.29発行)より

300人超参加「最後のフィロソフィー・ナイト」

投稿日:2008年02月29日


61号(08.2.29発行)より

第10回徒手医学会 10月12、13日開催

投稿日:2008年02月25日

テーマは「ケアの本質」
カイロジャーナル61号(08.2.29発行)より

<第4回>岡井健D.C.「若きカイロプラクターの脳みそを揺り動かしたい」

投稿日:2008年02月20日

今回の「この人に会いたい」は、岡井健(おかい・たけし)D.C.です。岡井D.C.は、今年からカイロプラクティック・ソウルナイトと改称したカイロプラクティック・フィロソフィー・ナイトの開催を提唱、一昨年10月に第1回のフィロソフィー・ナイトを東京で成功させてから、丸2年を経た今年10月のソウルナイト Plusまでリードし続けてこられました。
前半では、フィロソフィー・ナイトを開始したきっかけから現在のソウルナイトに至る変遷を、後半では、急きょそのソウルナイト Plusに合わせて出版される新刊「カイロプラックティック経営成功哲学」についてもお聞きしています。若きカイロプラクターに向けた熱いメッセージをお届けします。

斎藤:主催者の代表である私が、提唱者にインタビューするというのもなんとなくクサイ話で少々照れますが、まずフィロソフィー・ナイトを始めたきっかけについてお話しいただけますか?
岡井:きっかけはいくつかのことが重なって、段々に現実化していったということです。その中でも一番大きなきっかけとなったのは、2005年11月に斎藤さんのところ(科学新聞社)からチキンスープ・シリーズの「カイロプラクティックのこころ」を出版していただき、その出版記念の特別講演会を開いていただいたことです。それぞれ翻訳に携わった日本在住の10人ほどの翻訳者の先生たちが、「私とカイロプラクティック」というテーマで講演をしたんです。それが非常に良かった。こういう話はもっと多くの人に聞いてもらいたい。日頃苦労し、いろいろな問題を乗り越えてきたお話は、きっともっと他の多くの人たちの励みにもなるのではないか。また、こういう話をもっと頻繁に聞くことができれば、聞いた人のモチベーションも上がり、その結果、日本のこの業界も良くなるのではないかと思ったんです。
斎藤:日本のカイロ界を良くするというのは、具体的には?
岡井:日本に帰国した仲間たちから日本のカイロ界の現状を聞くと、やっぱり業界としてのまとまりが悪いということを聞かされます。日本でのカイロプラクティックは、まだこれから日本の社会の中で認知されていかなければならない段階だと思うんです。にもかかわらず、業界全体がまとまっていかないと、大きな目的が達成できないのではないかと思ったんです。それでフィロソフィー・ナイトを開催し、下地をつくりながら、皆のモチベーションを上げる。いろいろな団体の方々にも集まっていただき、そこで仲良くなってもらう。いろいろな過去はあるにしても、たまには大きな目的のために皆さんが集まることができ、それを習慣づけていけば業界もきっと変わると思ったんです。
斎藤:第1回のフィロソフィー・ナイトには、ずいぶんと若い人たちが参加してくれました。
岡井:やはりベテランの先生ともなれば、いろいろなしがらみがあって、様子を見ていたということもあったかもしれませんね! その点、若い人たちにはしがらみがない。気軽に参加してくれました。参加費も初回ということもあり、とりあえずワンコイン、500円にしたのも参加しやすかった理由かもしれません。
斎藤:それが東京で10月に、初めて2日間にわたってソウルナイト Plusを開催するまでに至りました。これまでやってきて、変化というものは感じましたか?
岡井:まず毎回講演者が違うということ。それと会場となる地域も違います。それぞれに地域性の違いがあり、行くたびに面白いことが起こりますね! 地方に行くと、皆さんにとても喜んでいただき、とても感謝してもらえるんです。東京はセミナーにしても、このような集まりにしても比較的多くて恵まれていますから、参加者もどこか冷静ですよね! 地方となると、なかなかこういうチャンスに恵まれませんから、参加者から熱いものを感じます。
岡井健D.C.
岡井健(おかい・たけし)D.C.
斎藤:地方で開催するというのは私も大賛成でしたが、いざ開催するとなると、そんなに簡単なことではありませんでした。
岡井:やはり経費の問題ですよね!講演者の交通費や、宿泊代、会場費などの経費を引くと割が悪く、簡単には組めなくなります。結果として、開催が非常に少ないということになります。先日のソウルナイト in 札幌でも話したのですが、地方の人たちが東京までセミナーを受けにくるとなれば、お金もそれ相応にかかるし、休みも取らなければならないし大変なことですよね! だったら、自分たちのグループを大きくしてセミナーを開催できる体力をつければいいんじゃないかと。札幌とかぶってしまいましたけど、先日東京でセミナーを開いたDr.シュレットにしたって、斎藤さん(科学新聞社)に頼めばなんとかしてくれますよね! でも、最低40人集めないと経費面で厳しいですよね! 自分たちのグループだけで40人を集めようと思うと難しい。そこで、このソウルナイトなどを通じて知り合ったいくつかのグループが、一緒にセミナーをホストすれば地方でも質の高いセミナーができるわけです。「私たちのグループだけではとても呼べませんが、とてもいいセミナーなので皆さん一緒に呼びましょうよ!」と、人数が集まればこれが実現できるんです。結果、地域全体のレベルも上げることになります。例えば、東京へセミナーに参加するための10人の旅費や、いろいろと使うお金を考えれば、講師1人の経費のほうが安くつくわけです。東京に行くとなればオフィスも休まなくてはならないし、時間的な無駄も解消されます。十分お得な話です。自分たちの力だけでは難しいけれど皆さんでそういうときは協力しよう、それが皆さんのためになるのだから、そういう考え方をしてほしいですね! ソウルナイトはそういう、普段一緒に行動をしていない人たちの共通の場として存在すればいいと思います。
斎藤:ソウルナイトが終わった後が重要ですね。
岡井:ソウルナイトなどでも開催したときは皆さん集まっていただける。しかし終わってしまうと、また離れてしまう。今回のソウルナイトでも話しましたが、「維持と継続」が大切です。私でもそうですが、モチベーションを上手に自分の中に取り入れていくということは難しいことです。セミナーに参加したときにはモチベーションが上がる、ソウルナイトに参加したときはモチベーションが上がります。でも、その後となると・・・。そのためには頻繁に、積極的にいろいろなものに自分から参加して、モチベーションを自分の中に組み入れてほしいんです。やっぱり最低、月に1回はモチベーションを自分の中に入れる必要があります。「自分はこのテクニックをもう知っているから」、「このテクニックは自分には使えないから」、「そんなに面白そうじゃないから」とか思わずに、参加すれば一つは発見があります。自分が忘れてしまっている大切なことも見つかるはずです。もっといろいろなものに積極的に参加してほしいですね! だからと言って、月一回、無理矢理参加すればいいというものでもありません。セミナーとなればお金もかかる。参加費が3万円ぐらいであれば、それほど大きなリスクはないですけど、高額な参加費となれば、やはり慎重にならざるを得ない。でも、できるだけいろいろなものに参加して、モチベーションを持続してほしい。ソウルナイトは参加費が数千円ですから、これは参加しないほうがおかしいと思います。ソウルナイトをどんどん利用してほしいですね。
斎藤:ソウルナイトを今後はどのように展開していきましょう?
岡井:人というのは、いつも新鮮さを求めています。ソウルナイトも新鮮さを失ってはダメです! 皆さんのためにも、新しい演出を取り入れて、回を重ねる毎にいろいろな新しい試みをしていく必要があるかもしれません。次回の東京では、初めてソウルナイトPlusということを計画しています。これは一つのチャレンジです。ですから、テーマは「チャレンジ」にしました。初日は通常のソウルナイトをやり、それに参加した人たちは2日目のワークショップにも参加することができます。4人の講師が、持ち時間1時間〜1時間半程度、テクニック、経営、姿勢など、いろいろな講演をトピックで紹介をするというものです。「ヘぇー、こんなことができるんだ、こんな考え方があったんだ」と参加した人たちの脳みそを揺り動かしたいと思っています。そこで、もっと知りたい、学びたいと思う気持ちが湧いてくれればいいと思っています。このワークショップですべてを学べるわけではありません。その先生がやっている診断法、治療法の紹介のようなものです。今回、私はそのときに合わせ出版を急いでいる新刊についての話をしようと思っています。経営に関しての私なりの考え方というものを皆さんに紹介して、できればその中で役に立つところだけでも学んでほしい、と思っています。できれば来年あたりは経営セミナーができれば、とも思っているんですよ!

岡井健D.C.

斎藤:新刊「カイロプラクティック経営成功哲学」についてですが、著者本人の口からその本についてお聞かせいただけますか?
岡井:今回の本の内容は、私が今までに犯してきた失敗から、どのように成功に転じさせてきたか、ということをまとめたものです。“失敗は成功の素”というでしょ! 成功だけを続けていける人なんて、そうそういるもんじゃありません。私は失敗があったからこそ今の自分があるんだと、いつもポジティブに考えるようにしています。私が犯した失敗を皆さんが犯さないよう、そして成功するためには、どのような考え方をすればいいのか。いつまでも成功ができない人が陥りやすい落とし穴が、考え方の問題です。どんどん考え方が泥沼にはまって悪循環を生み出してしまうということがあります。そうではなく、こういう考え方もあるのだと、自分自身の中で折り合いをつけさせていくということです。言い訳ばかりしていると自分自身は納得したつもりでも潜在意識に残って、ネガティブな形として現れます。心の中で本当の折り合いをつけていく、納得させ、はっきりとしてポジティブな方向に進んでいくということです。この本はカイロプラクティックのテクニックの教則本ではありません。考え方のプロセスを紹介した本です。
斎藤:校正刷を読ませていただきましたが、とてもいい本だと思います。ぜひとも、若い人たちに読んでもらいたいものです。
岡井:今の日本のカイロプラクティック界は、学校を卒業しても、カイロプラクターにならずに辞めてしまう人、人のオフィスで働いて結局は独立できずに辞めてしまう人、自分の未来の姿、ビジョンが見えない人が非常に多いですね! そういう人たちにぜひ読んでほしい! それと開業しても自分のイメージ通りに成功できていない人、そういう方も非常に多いと思います。必ず読んでほしいです。私が書いたことをすべて実行しなさい、とかいうタイプの本ではありません。考え方の本ですから、それを読んで自分で消化して、その上で、こういう考え方があるんだと目を開き、自分のモヤモヤをスッキリさせることができると思います。スッキリしたときにまた次のエネルギーが沸いてくる、そういう本だと思います。
斎藤:ソウルナイトPlusまでには絶対間に合わせますので、集まった皆さんにぜひ会場で買っていただきたい。今日は短い滞在期間の合間をぬって、時間を割いていただき、本当にありがとうございました。ソウルナイト Plus、ぜひ頑張って、若い人の脳みそを揺り動かしてください。もちろん、私もその力添えをさせていただきますので、何なりとリクエストしてください。できる限りのことはさせていただきます。
岡井:こちらこそありがとうございました。こんな感じでよろしかったんでしょうか? とにかく、斎藤さんのお力添えをいただかないと実現できない話ばかりですので、遠慮せずにリクエストさせていただきます。来年のカイロ事業40周年、カイロジャーナル創刊20周年の企画を私も楽しみにしています。私にできることがあれば何なりとリクエストしてください。できる限りの協力をさせていただきます。お互い業界に刺激を与え続けましょう!

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事