《39回》幸せのための焦点 (フォーカス) | カイロプラクティックジャーナル

  《39回》幸せのための焦点 (フォーカス)

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健DCのI Love Chiropractic ! 《39回》幸せのための焦点 (フォーカス)2018.04.01

大切なカイロプラクティックを愛し活かす道を歩もう
カイロジャーナル91号(2018.2.26発行)より

神様がくれたギフト

皆さんお元気ですか? 紙面としてのカイロジャーナルは休刊となりますが、記念すべき再出発へ向けてのメッセージをお届けしたいと思います。私はいつもカイロプラクティックはカイロプラクター自身や患者や家族、みんなを幸せにする素晴らしいものだと公言しています。そして、人々を幸せにするべきカイロプラクター自らが最も幸せでなければ、周りを幸せにすることは出来ないと思っています。

カイロプラクターとしての幸せとは地位や名誉やお金ではなく、大切なカイロを愛し、信じ、そしてそれを誰かのために役立てることの喜びや幸福感ではないでしょうか。お金はとても大切ですが、決して一番ではないということです。そのことを見失ってしまえば、カイロプラクターであることの幸せや感謝を忘れて、他所へ眼が行ったり、不平や不満ばかりが溜まって、やがて自分を失い不安で押しつぶされてしまうことになるでしょう。私はカイロは神様が自分にくれた大切なギフトだと思っています。その素晴らしい贈り物を大切にして愛して活かしていくことこそが幸せにつながると思っています。

皆さんは人生のどこに心の焦点を当てて生きていますか?自分が置かれた幸せな状況に焦点を当てて生きればいいのに、わざわざ悲しみ、苦しみ、怒りや嫉妬、不安という感情に焦点を当てていませんか?それでは絶対に幸せにはなれないし、困難に遭うと立ち上がれなくなってしまいます。愚かにも私たちは同じカイロを愛する仲間でさえも学位の違い、テクニックの違い、所属団体の違い、フィロソフィーの違いでまるで敵のように思ってしまいます。そんな違いにばかり焦点を当てるのではなくカイロを愛して大切に思い一生懸命に頑張っているという共通点にこそ焦点を当てるべきなのです。

一番の妨げは己の心

誰もが生きていれば必ず大きな困難や試練にぶつかります。そんな時も正しいポイントに心の焦点を当てていればきっと乗り越えられるはずです。どのような気持ちや感情で生きるのかを私たちは自分で選択していかなければなりません。悲しみや不安や怒りの中で生きるのか、それとも喜びや希望の中で生きるのかは自分で選択することなのです。試練は乗り越えたときに必ず大きな実りを与えてくれます。辛い思いをした分そのご褒美が待っていると思います。試練もまた一つのギフトなのです。しかし、ネガティブな感情に包まれてしまっていてはそのご褒美にたどり着くことはないでしょう。

我々の進むべき道を妨げようとするものは必ず現れます。しかし、実は一番の妨げは自分自身を信じることを出来ない己の心なのです。己の心の中にこそ一番大きな障壁が存在しているのです。それを他人や環境のせいに転嫁して、本当の問題に気づけないことこそが一番の問題なのです。自分やカイロを信じることが出来なければいつまでも迷い苦しみ続けることでしょう。ただカイロをやっているからカイロプラクターではないのです。カイロを愛して信じているからこそカイロプラクターだと言えるのです。そのようなカイロプラクターはいい加減なことをせず、自信に満ち溢れ、人にも優しく寛容になれることでしょう。他人のことが鼻についてしょうがないときは、自分自身が幸せではなく、上手くいっていない不安や怒りをそこに転嫁しているのです。誰にでもそんな時があるでしょう。しかし、そこではたと立ち止まって己の中の本当の問題に気づき、考えを改め希望の中に生きていかなければ幸せにはなれません。

小さなビジョンではなく大きなビジョンに焦点を当てれば、自分がするべきこと、進むべき道が見えてくるものです。焦点を当てるべきなのは小さな違いではなく、大きな目的という希望です。カイロを愛し信じて希望の中に生きるカイロプラクターが増えればやがて大きな力が発生し、巨大なうねりがやってくると思うのです。今の日本のカイロ業界は魅力的な業界ですか? もし、そう思えないのなら私たち一人ひとりが正しい焦点の当て方を考えて変わっていかなければならないのです。

大きな希望

私は日本のカイロ業界に大きな希望を持っています。なぜなら皆さんとても情熱家だからです。あとは大きなビジョンと正しい焦点の当て方を持てばいいだけです。もっとお互いに寛容になり、本当にやるべきことに情熱と努力を傾ければどんどん業界は魅力的になります。私はそう希望を持って皆さんを応援していきたいと思っています。

紙面としてのカイロジャーナルは休刊となりますが、これからウェブ版のほうでより自由でタイムリーな情報を提供できると楽しみにしています。そして、業界の方々だけでなく一般の方にとっても興味深いカイロ情報を発信していけるようになればいいと願っています。これからもウェブ版やマイプラクティス・セミナー、そしてソウルナイトで多くの皆さんと交流し、一緒にカイロを愛し、信じ、盛り上げていきたいと思っています。
I Love Chiropractic! カイロを愛し、幸せになりましょう!

岡井 健D.C.(おかい・たけし)
1964年7月4日東京都生まれ。福岡市出身。
福岡西陵高校を卒業
1984年ボストンに語学留学
マサチューセッツ州立大学
ロサンジェルス・カレッジ・オブ・カイロプラクティック(LACC)卒
1992年カリフォルニア州開業試験を合格
1991年より1995年まで上村DCのクリニックでアソシエート・ドクターとして勤務
1995年サンフランシスコのサンマテオにて開業
2001年にはシリコンバレーのサンノゼにもクリニックを開業
サンフランシスコ・ラジオ毎日での健康相談や地方紙でのコラム連載
趣味:ゴルフ、料理、S.F.Giants応援
「Dr. Okai Chiropractic Clinic」
「The Chiropractic Club」

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事