土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第3回 | カイロプラクティックジャーナル

  土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第3回

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第3回

生体力学に基づけば、整形外科テストでわかることが増えてきます。整形外科テストを生体力学的に考察できれば、それはすべて施術ポイントへの変わっていきます。

日付2018年3月10日
時間13:00~18:00
講師辻本 善光
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費12,960円(税込)※資料含む
主催カイロジャーナル
  

主な講義内容

腰部の

  • 可動域テスト
  • 筋力テスト
  • 整形外科テスト
  • 神経学テスト

腰部を運動させる際、特に立位では骨盤、股関節の関連性が必要不可欠になります。

これらをまずスクーリングすることで、優先順位を決めて検査していけば、比較的スムーズに行えるのではないでしょうか?

例えば、ナクラステストは、腰部椎間関節症を示唆する検査として有名ですが、検査法としては膝を屈曲することで、大腿四頭筋の伸張→骨盤前傾→腰部前弯増強というメカニズムの結果として腰部に痛みが発生します。

各関節各組織の関与がわかれば、それを改善させることで、腰部にかかる余計なストレスを取り除くことができるのではないでしょうか?



お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事