小児カイロプラクティック・リレー投稿 第3回 | カイロプラクティックジャーナル

  小児カイロプラクティック・リレー投稿 第3回

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

小児カイロプラクティック・リレー投稿 第3回

カイロプラクティックの本質が活きる場
子供の健やかな成長に直結
溝渕知秀
カイロジャーナル90号(2017.10.22発行)より

アメリカでカイロプラクティックを学び、地元高知県香美市でオーツリー・カイロプラクティックを開業して早くも2年半が過ぎました。カイロに対する正しい認識が十分に浸透しているとは言い難く、筋骨格系の症状を訴えて来られる方がまだまだ多くの割合を占めています。それでも最近は、子供たちの健康増進のためにという意識を持って来られる方が少しずつ増えてきて嬉しく思っています。

高卒で渡米

私自身、元々カイロを知ったきっかけは、まだ小学校に上がる前、母が首を痛めて病院や治療院をさまよい改善がなかなか見られず、最後に行き着き、救いになったのがカイロの先生であったことにあります。そこから西洋医学では解決できない問題を解決したいという思いを持ち、中学卒業の頃にカイロを学ぶことを決意して、高校在学中に少しずつ準備を進め、卒業後すぐにカイロ発祥の地アイオワ州ダベンポート市にあるパーマー大学で学ぶべく渡米しました。そういった経緯でこの世界に入ったことから、私自身は元々症状の改善に主眼を置く対症療法色の濃い西洋医学と同じパラダイムからのスタートでした。

しかし、大学に入り過密な試験スケジュールに心身を削られながらも、身体の構造や仕組みについて学べば学ぶほど、その精密さや奥深さに感嘆させられ、初めて聞いた時は胡散臭く感じていた”Innate intelligence”(イネイトインテリジェンス)というものへの認識が深まっていきました。今でもクライアントさんの症状や悩みを解決したいという思いは変わりませんし、西洋医学による対症療法的治療の必要性も否定しませんが、その弊害や限界も理解し、カイロの本質の「アジャストを通して人間が本来持つ能力を存分に発揮させる」という理念を大切にし、その上で自分が出来ることをやっていこうと日々クライアントさんと向き合っています。

小児カイロの可能性

小児カイロはその本質をとりわけ追求できる分野だと考えています。お母さんのお腹の中にいる間やお産を通して起こる背骨へのストレスにより生じる不具合を早期に取り除くことは、子どものその後のより健やかな成長に繋がります。日々成長、発達している子どもへの1回のアジャストのインパクトは身体が成長しきった大人とは比べものにならないと考えます。

とはいえ、誰でも彼でもアジャストが必要という訳ではなく、問診、視診、触診等によりしっかり身体の状態を分析し、必要な場合に必要な箇所にのみアジャストを行います。もちろん大人とは身体の大きさや柔軟性が異なるのでアジャストの仕方の調整は必要ですし、子供特有の問題や、その問題に気づくために正常な状態というものを熟知していなければいけません。自分の出来ること、出来ないことを認識し、必要であれば他の専門家、医療機関に紹介するという判断力も重要です。小児を専門とするカイロプラクターにはそういった能力も要求されます。

もっとも、痛みや症状を訴えることができない赤ちゃんにケアを届けるためには、まず親御さんに背骨のケアの重要性、アジャストの有用性を理解してもらわなければいけません。そのためには臨床スキルとは別に、親御さんとのコミュニケーションも重要となってきます。この点に関してはまだまだ私にとっての課題です。まず親御さん自身がケアを受けて効果を体感し、背骨のケアの重要性を理解した上で、お子さんをお連れになり、ケアによる変化を実感して継続していただいている方の割合が多いように思います。

土佐山田ショッピングセンターでの一般向けウェルネス講座の様子
土佐山田ショッピングセンターでの一般向けウェルネス講座

エビデンスの積み重ね

カイロプラクティック全体として、現代医療の根幹であるエビデンスにおいてまだまだ弱いという感じは否めませんが、「エビデンスが弱い」=「価値」がないとは言い切れません。私たちカイロプラクターによる一つひとつのケースに対する丁寧な積み重ねによって補っていくことが重要だと考えます。

日本においては小児カイロどころか、カイロ自体が十分な立場を確立できていない現状において近道はありませんし、納得のいくケアを届けることの困難さも日々実感しております。まだまだ若輩で、技術も知識も磨き、経験を積まなければいけませんが、信念を持ち、より多くの人たちに素敵なインパクトを届けられるようなドクターを目指しています。

溝渕知秀
みぞぶち・ともひで
2013年パーマー大学卒業。
D.C.ドクター オブ カイロプラクティック
米国ニューヨーク州免許取得。
15年に高知県香美市でオーツリー・カイロプラクティックを開業。子どもから年配の方までの健康増進を目指し、地域のショッピングセンターなどを利用してウェルネス講座を開催中。

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事