軸トレ塾 第6クール 第3回カイロプラクティックジャーナル

  軸トレ塾 第6クール 第3回

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

軸トレ塾 第6クール 第3回

9月から始まった第6クールも、もう2回が終わり、残すところ最終回の3回目だけとなりました。このクールのスタートまでに間に合わせようと、新刊の拙著「PMテーピング」の校正作業等に持てる力のすべてを費やしたので、どうしてもそこからのスタートになってしまいました。ご容赦いただきたいが、内容的にはこれまで継続して参加していただいている先生方には、それがかえって新鮮で良かったように感じられました。紹介が前後してしまいましたが、2回目の予定と軸トレ塾がどんな流れで進められているかまとめさせていただきました。

日付9月24日/10月22日/11月26日
時間12:00~16:00
講師古谷 真人
実技指導:土井 公一/古谷 盛人/勝俣 啓介
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費10,800円(税込)
受講対象者カイロプラクターなどの治療系施術家、スポーツトレーナー、受講制限はありません
主催チーム・フルタニ
事務局:カイロジャーナル
定員12人
  

2回目は下記のような内容を予定し、そして講義を進めました。

  1. 左右非対称検査の中から、自分の得意な検査を見つけましょう。
  2. 座学 図説・運動器の機能解剖 下肢編 P132〜 足関節
  3. 手根管症候群、母子対立筋異常へのバックキックからのアプローチの仕方・体軸が整うと劇的に変化する様の実践体験(9月に時間が足りなくてやり残してしまいました)
  4. PMテーピング
  5. 質疑応答

1回目後記

真新しい「PMテーピング」の本を手に取り、皆さん目をキラキラさせてくれたので、すごく嬉しく思いました。左右非対称検査は、この本を使って行いました。

今までずっと実践してきた検査ですが、著者本人が一番高揚しているのがわかりました。

初参加の方もさることながらレギュラー参加者の食いつき方が違い、初めの斎藤さんの挨拶から意気込みが全然違う。この本および古谷さんと心中するつもりでつくりました。どんどん活用して、ものにして、世に広めてください。スイッチオンになりました。

足首の座学をしたあと、距腿関節をいかにシンプルに安定化し、『固めないテーピング』にするかを実践してもらいました。

『踵骨を前方に張力100%で押し込みましょう !! 』
これで何が起きるか体感してください。

「足が軽い」、「膝の捩れが取れた」、「変形性膝関節症の人に使えるね」、「いやいや、これはもっと効果を出せるものがあるんですよ」、「外反母趾に抜群に効果があります」、「さあ、さあ、やってみましょう」。チーム・フルタニのメンバー4人はフル回転。「いやぁー、こんなにテーピングを待っていてくれたんですか」というくらい皆さん積極的。

踵骨テーピングを体感していただいたあとに、主動筋にテーピングを行ってみましょう。

仰臥位(あおむけ)で行う主動筋Bのパターンを実践、体験してもらいました。

まだテープの特性が今一つ馴染んでいなかったりして、いろいろありましたが、「とにかく見本通りにやってみて」とガツガツやってもらいました。

「走って帰れるな」、「足の上がり方がハンパない」などなど、嬉しいコメントの続出でした。

この回の栄養講座は、盛人先生の「塩の見分け」を行いました。

天然塩の人体への好影響、購入時は、産地、製造方法の記載確認、みなさん、摂取するものは、自分で気をつけていきましょう。

大腰筋誕生秘話

コアを強くしたい。動作の転換に今一つ速さと強さがない。骨盤は立つようになったが、右から左への切り返しが遅い。もっと「バン !! 」という強さが欲しいというアスリートの言葉から生まれました。

通常は肋木などにつかまって、腰のアーチをつくって行います。

アスリートのリクエストで開発、改良が進んでいったので、どんどん強度が増したものへと向かっていきました。

メディシンボールを挟む大腰筋、チューブを使った大腰筋(骨盤の過剰前傾と後傾を使った同時に解消できるウルトラC)、補助者が抵抗を加える大腰筋、チューブを使った大腰筋シングル、多い人数を対象にしたときの講習会で使える方法

アスリートからのリクエストだけではなく、一人でもできて、ダイエット、運動不足解消になるパターンを教えて欲しいとなり、一人大腰筋トレーニングの方法、大腰筋コンバート・エクステンションとスクエアとバリエーションが増えていくことになります。

それらを網羅したのが、「もっと強くなりたきゃ これを読め‼ 軸・腱トレーニング編」のP35〜P71に掲載しております。ぜひ、手にとって読み進めてください。

3回目は下記のような内容を予定しています。

  1. 得意な左右非対称検査を身につけましょう。
  2. 座学:図説・運動器の機能解剖 下肢編 足関節 P151~
  3. 第6クール全体のまとめ
    ①左右非対称を整えた後の、軸トレ、腱トレのキモとなる考え方
    ②教えて欲しいと言われた方に、伝わりやすい言い回しなど
  4. PMテーピング
  5. 質疑応答
  6. 次回開催のお知らせ

●使用テキスト:「強くなりたきゃ~」「もっと強くなりたきゃ~」「PMテーピング」「図説 運動器の機能解剖 下肢編」
●持参して欲しいもの:短パン(テーピング時、足を出しやすくしてもらうため)

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事