土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第1回 総論カイロプラクティックジャーナル

  土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第1回 総論

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

土曜基礎講座- 臨床各論【腰仙部~頭部】ゼミ 第1回 総論

患者さんから多く訴えられる「痛み」。痛みはどのように伝えられ、どのように緩和されていくのか? その痛みの原因はどのように考察し、検査/施術へつなげていくのか? 基礎となる検査をしっかり行えれば、必然的にその原因にたどり着けるのではないでしょうか?

日付2018年1月13日
時間13:00~18:00
講師辻本 善光
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費12,960円(税込)※資料含む
主催カイロジャーナル
定員16人
  

主な講義内容

  • 痛みの概念
  • 痛みの表現
  • 運動とは
  • 理学検査の種類

今回のシリーズは各部位ごとの検査になりますが、体のどの部位にでも、神経/筋/骨格/血管は存在します。それぞれの組織に共通する理学検査の概要と各検査の概論をお話しします。

まずは臨床でよく診る「痛み」という症候群についてお話します。痛みとは主観的情報であり、施術者がそれを理解することはなかなか難しいものとなりますが、患者さんの痛みの表現により、おおよそ症状に直結する組織が予想できます。そこから、患者さんの状態の把握のために、各検査が始まりますが、主たる検査の方向がずれていれば答えは出てきません。ここがポイントだというところをまずおさえることによって、検査-施術の一貫した流れが出来上がります。

各部位では具体的に検査を進めていきますが、それらの検査をなぜ行うのか?それを理解することで、その後の検査-施術にも幅ができるのではないでしょうか?




お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事