神経学講座 【神経局在診断】を読む第2回カイロプラクティックジャーナル

  神経学講座 【神経局在診断】を読む第2回

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

神経学講座 【神経局在診断】を読む第2回

刺激の経路と感覚種類、それぞれの役割を考察してゆきます

日付2017年10月8日
時間9:45~ 16:30(休憩1 時間)
講師丸山 正好
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費13,500円(税込)※資料・昼食含む
受講対象者神経学を学びながら、自分の行っている治療と患者様の抱えている問題を、より深く理解したい徒手療法家および、医療従事者
受講制限:なし
主催カイロジャーナル
定員16人
  

主な内容

  • 受容器
  • 末梢神経 後根神経節 後根
  • 末梢性規制回路
  • 体性知覚系の中枢での構成要素
  • 体性知覚性情報の中枢での処理
  • 体性知覚性経路の特定の領域での病変時にみられる障害
  • シビレの考察

感覚の種類と刺激の経路、それぞれに強さや速度に特徴があります。

日々の臨床はその時の神経系の状態に合わせ標的組織をいかに正常に活性化させるかということが最大の目標となります。

そのためには刺激の種類と特性を理解することが不可欠であり最重要です。




こちらのセミナーは人気セミナーであることと既存の参加者の継続参加を優先していることにより、ほぼ満席の状態が続いています。
参加可能な場合は開催1か月前をめどに申し込みフォームを設置いたします。キャンセル待ち等、前もって参加を強くご希望の方は直接お問い合わせください。


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー

お問合せ

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事