フルヤ施術院じゃないよ、フルタニだよ!ー日々こんな症状に立ち向かっていますー◆症例 其の二◆カイロプラクティックジャーナル

  フルヤ施術院じゃないよ、フルタニだよ!ー日々こんな症状に立ち向かっていますー◆症例 其の二◆

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

フルヤ施術院じゃないよ、フルタニだよ!
ー日々こんな症状に立ち向かっていますー◆症例 其の二◆

  

【患者】

87歳、男性
来院されている患者さんの付き添いで、右足を引きずるようにして来院。

【症状】

グラウンドゴルフをしていて、右下肢大腿部後面、膝裏、ふくらはぎ外側に痛みが出て、今日もなんとか行こうとしたが、痛くて歩けないから来院したとのこと。
当人曰く「人生初の骨格の痛み」とのことで、『ワシにこんなことが起こるわけがない!』という苛立ちが、明らかに顔から見て取れました。

【問診】

階段、脚立からの落下履歴なし、難聴なし、血圧正常、椅子の生活、足は組まない、あぐらをかけず無理にかこうとすると後方に転げる、テレビを観るとき手枕をする。

【施術前骨格検査】

右肩下がり、右膝屈曲、左大転子に負荷が掛かり側方異常あり、腰椎全体的に後弯あり。

【施術】

手技にて、左右股関節のバランスを取り、腸骨の左右差改善。
第五腰神経、腸腰靭帯、仙腸関節超音波、左股関節周囲、右下肢マイクロアンペアを施す。

【施術後説明】

付き添いの方、本人に左股関節の前方ロックが原因と説明。

【日頃の対処方法】

早期改善のためには、「左足から動作を起こすこと」。
「左片足あぐらをかかないように」とアドバイス。
「どうしてこうなったか」と質問を受けたので、骨格標本を見せながら「股関節が外転と言って、外側に開いているから」と説明を加えました。
付き添いの方も、何度も復唱しながら伝えてくれました。
「仙腸関節と右ふくらはぎに冷湿布をして、痛みのある部位は揉まないように」と伝えて初回はお帰りいただきました。
通院回数5回で完全に症状が改善、元気にグラウンドゴルフに行かれました。

【ワンポイント・レッスン】

グラウンドゴルフをする前のアドバイス:アキレス腱のストレッチを右、左、右の順で行うこと。

【参照】

『強くなりたきゃ これを読め!! ストレッチing編』34~35ページ

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事