スポーツカイロセミナー《2017東京》代償性パターン認知アプローチ編 第1回 | カイロプラクティックジャーナル

  スポーツカイロセミナー《2017東京》代償性パターン認知アプローチ編 第1回

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

スポーツカイロセミナー《2017東京》代償性パターン認知アプローチ編 第1回

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

日付2017年6月4日
時間10:00〜15:30 (昼休み30 分)
講師榊原直樹D.C
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費17,280円(税込)※資料・昼食含む
主催カイロジャーナル
定員16人
  

第1回 胸郭の代償パターン①
6月4日

  • 異常姿勢の影響(静的非対称性、動的非対称性、呼吸障害、腹斜筋の機能低下)
  • 胸郭の形状・機能
  • 横隔神経
  • 胸郭を支えている構造(胸横筋、鎖骨下筋、肩甲挙筋、広背筋、前鋸筋、下部僧帽筋)
  • 肋骨の運動
  • 肋骨と胸椎
  • マルアライメント症候群
  • 脊柱の代償性パターン
  • 四肢関節・筋肉への影響
  • 検査法
  • テクニック

年間スケジュールと各回の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせ:カイロジャーナル

住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館6F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事