本の紹介 骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード事典 | カイロジャーナル

  本の紹介 骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード事典

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

本の紹介 骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード事典

カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

  • 日本骨代謝学会編集
  • 328ページ
  • 羊土社刊
  • 2015年4月発行
  • 6,800円+税

骨研究の最新成果を凝縮

日本骨代謝学会が骨疾患、骨代謝の辞典として活用できるようにまとめた本。執筆者は総勢94人、すべて日本骨代謝学会の会員である。

骨代謝の専門分野は多岐にわたる。基礎医学では、解剖学、病理学、生化学、分子生物学、免疫学、再生医学など、臨床医学では、歯学、内科学、小児科学、整形外科学、代謝内科学、放射線科学などが含まれ、多様な分野の知識を整理し、まとめるという学会ならではの機能が集結している。

徒手療法家にとっては、直接役立てるには細分化し過ぎている面もあるが、骨組織の発生学と解剖などは、詳しければ詳しいほどうれしいというものだろう。例えば骨組織への神経分布については「神経に富む骨膜には、自由神経終末と固有感覚受容器の両方が存在している。緻密骨、海綿骨、骨髄中にもハバース管やフォルクマン管を通じて血管の走行に沿って神経が分布する」「交感神経は、骨組織内の血流や造血系細胞の分化、機能の調節を行っている」「感覚神経も骨代謝の調節に参画していることが明らかになりつつある」など、最新の骨解剖研究を知ることができる。

骨代謝を司る重要因子である原因遺伝子、遺伝子異常、ホルモン、サイトカイン、細胞間因子などは、キーワード一つひとつが詳しく説明されている。主要な骨疾患の病態、診断、治療法についても、最新情報がコンパクトにまとめられている。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事