姿勢教育に力を入れる世界のカイロプラクティック協会 | カイロジャーナル

  姿勢教育に力を入れる世界のカイロプラクティック協会

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

姿勢教育に力を入れる世界のカイロプラクティック協会

真剣さ伝わる世界のカイロプラクティック協会
カイロジャーナル86号 (2016.6.17発行)より

各国のカイロプラクティック協会は、ウェブサイトや配布物でカイロプラクティック情報だけではなく、一般向けに健康に役立つアドバイスを発信している。特に姿勢教育に力を入れているところは多く、カイロプラクターが姿勢の専門家としてリーダーシップを発揮しようという意気込みが感じられる。イギリス、オーストラリア、アイルランドの例を紹介する。

イギリス
独自調査研究をもとに多様なアドバイス

現代イギリス人の約半数は、今現在腰痛または頸部痛に悩まされていること、7割以上の人が20年前よりも今の方が運動しない生活をしていることが、イギリス・カイロプラクティック協会(BCA)の独自の調査研究でわかった。この調査結果や国内外の様々な研究をもとして、姿勢と健康がいかに密接に関係するかを丁寧に説明し、様々な方法で人々への教育を試みている。

姿勢に対する注意点は年代や動作によって異なる。これらをカテゴリー分けし、具体的なアドバイスを行っている。

学校でスポーツをする10代の子供たちに対しては、本練習に入る前のウオームアップの仕方、目的別のストレッチの仕方などを提案している。また、重いリュックを背負っている子供の半数が背部痛になるリスクがあるという研究結果を紹介し、親は、子供が毎日必要な物だけを持ち運んでいるかどうか、ストラップの長さが合っているかきちんとチェックするように、とアドバイスする。

20代の人に対しては、男性の3分の2が背部痛に悩んでいるというBCAの調査結果を紹介し、ファッショナブルな肩掛けカバンよりも両肩に均等に重さがかかるリュックを使うことを勧める。

50代以上の人には、筋骨格系は動くためにあるのだから、とにかくアクティブであることが健康につながることを強調する。

動作別のアドバイスは、「物を持ち上げる方法」「寝るときの姿勢とマットレスの選び方」「コンピュータを使うとき」「車の運転」「ガーデニング」「ゴルフ」「妊娠」「野外に赤ちゃんを連れていくとき」など。多様な場面に対する姿勢のアドバイスが満載である。

もう一つ具体的な提案として、誰もがどこでもできる姿勢体操「Straighten Up UK」を動画で紹介している。これは世界保健機関(WHO)の「運動器の10年」(2000~10年)のとき、世界カイロ連合(WFC)などの呼びかけで作られた姿勢体操で、世界のカイロ協会で普及が試みられている。UKと名を打っているが、全世界共通の体操法である。ホームページで動画とパンフレットをダウンロードすることができる。

オーストラリア
テーマ別ファクトシートで簡潔に説明

オーストラリア・カイロプラクターズ協会(CAA)では、腰痛や背部痛に姿勢が大きく関連するとして、一般向けにたくさんのファクトシートを作成し、姿勢をよくする具体的なヒントを提供している。

例えば、子供の通学用リュックサックに関するファクトシートには「リュックの重さは体重の10%以下にすべきである。不必要なものは運ばない。重いアイテムは腰近くに入れる。両肩に均等に重さがかかるように荷詰めする」と非常に具体的。車での旅行に対するアドバイスは「数時間おきのストレッチ、腰の前弯を維持するクッションの使用、そして一番のお勧めがStraighten Upオーストラリアの実施」である。Straighten Up体操は、UKと共通だが、説明用のパンフレットはオリジナルで、ダウンロードできるようになっている(写真)。この他にも悪い姿勢パターンの紹介、正しい座り方のチェックリストなど多くの情報が得られる。

アイルランド
脊椎検査キャンペーンで普及活動

アイルランド・カイロプラクティック協会(CAI)は毎年、ワールド・スパイン・デイ(世界脊椎の日)である10月16日に合わせ、姿勢教育キャンペーン活動を行っている。

「カイロプラクティック・ケアは、脊椎の機能と健康を改善し、脳、身体、環境のコミュニケーションを改善する。歯の健康をケアするように脊椎の健康ケアをし、最良の健康を得るのためにカイロプラクティックを活用しよう」というメッセージとともに、straighten up体操の紹介と、カイロプラクターによる脊椎検査を大々的に行う。検査料は一律30ユーロで、そのすべてを脊髄損傷の障害者支援団体に寄付する。キャンペーンは7年連続で全国的に行われ、協会にとっての重要な普及活動になっている。


イギリス、オーストラリア、アイルランドの協会が提供する情報やイベントに特別な斬新さはないかもしれない。しかし常に科学的根拠のある情報を提供しようという態度と、継続的な普及活動への取り組みからは、これらのカイロプラクティック協会の真剣さが伝わってくる。姿勢は健康の重要な要素であるだけでなく、一般の人々とカイロプラクティックを結びつける要素にもなり得るのだ。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事