丸山ゼミ 【神経局在診断】を読む第1回 満員御礼 | カイロジャーナル

  丸山ゼミ 【神経局在診断】を読む第1回 満員御礼

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

丸山ゼミ 【神経局在診断】を読む第1回 満員御礼

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

 神経生理学や神経学検査は、カイロプラクティック、オステオパシーを深く学ぶには欠かせない知識。しかし臨床に結びつくところまで独学で学び続けるのは難しい。こんな悩みにぴったりのセミナーが8月から始まります。1冊の本を読み説く中で、神経学の奥深い楽しさを味わい、臨床につなげていきます。

日付2016年8月14日
時間10:00 ~ 16:00 (休憩1 時間)
講師丸山 正好
会場 科学新聞社6F会議室
東京都港区浜松町 1-2-13
参加費11,880円(税込)※資料・昼食含む
受講対象者神経学を学びながら、自分の行っている治療と患者様の抱えている問題を、より深く理解したい徒手療法家および、医療従事者
受講制限:なし
主催科学新聞社
定員16人
   丸山 正好

各回の主な内容
2016年8月~2017年7月の毎月第2日曜日開講(全12回)

  • 第1回 8/14 神経の構成要素 
  • 第2回 9/11 感覚系 
  • 第3回 10/9 運動系 
  • 第4回 11/13 筋の長さと緊張の調節(筋紡錘・腱紡錘)
  • 第5回 12/11 脳幹
  • 第6回 2017/1/8 脳神経
  • 第7回 2/12 小脳
  • 第8回 3/12 脳と自律神経系
  • 第9回 4/9 大脳辺縁系と基底核
  • 第10回 5/14 大脳
  • 第11回 6/11 脳脊髄液と血管系
  • 第12回 7/9 まとめと応用

第1回 神経系の構成要素

神経の基本的機能は、情報を受け取り統合し次に渡すという単純なものです。
しかし神経細胞では科学的、電気的反応が繰り返され複雑な神経網が構築されてゆきます。

第1回では神経の機能、生理に焦点を当てて、神経が正常に活動するための条件、環境を考えていきたいと思います。

  • 神経の基本的機能
  • ニューロン
  • シナプス
  • グリア細胞
  • 神経の生存条件
  • 代謝
  • 酸化的リン酸化

第2回 知覚系

人間には外部環境の変化に対して身体の内部環境を一定に保つ恒常性(ホメオスタシス)が求められます。

ホメオスタシスを可能にしているのが感覚情報です。
皮膚からの表在感覚、関節や筋肉からの深部感覚。内臓や血管からの内臓感覚。視覚や嗅覚、平衡などの特殊感覚。これらの感覚系の情報が体性運動や内臓運動を決定します。

『運動は感覚に依存している』 感覚系を理解することによりは臨床で患者の抱える問題に対する理解が深まるのかをお話しします。


丸山 正好(まるやま・まさよし)
ニューラルヒーリング院長
カイロプラクティック徒手医学会評議員
神経学的アプローチを中心とした治療を行っている。
ブログ:ちょっとずない話
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.神経学セミナー初期メンバー
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事