《第32回》アジャストメントの技を磨け! | カイロジャーナル

  《第32回》アジャストメントの技を磨け!

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健DCのI Love Chiropractic ! 《第32回》アジャストメントの技を磨け!2016.02.25

e3951373c9d66c3b8b8c5ece008d010c

苦しむ人救う基礎づくり
カイロジャーナル84号 (2015.10.21発行)より

日本の皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 今年もあっという間に秋を迎えましたね。実は9月で私がサンフランシスコ・ベイエリアで独立開業して20周年を迎えました。本当に時の経つのは早いものです。ここまで第一線で活躍できたのは周囲の方の温かいサポートのお陰だと感謝しています。また、自分の中にカイロプラクターとして成功できる資質もあったのではないかと思えてくるのです。なぜなら、どんなにカイロが好きで頑張ってもカイロプラクターを志した者の半分以上が廃業していく現実があります。聞くところによると日本でカイロを志した方の廃業率はもっと高いそうです。

私なりに自分自身を見つめて、曲がりなりにも開業して20年間盛業を続けられた理由を考えた時、まず思い当たるのは、自分のアジャストメント・テクニックに対する自信ということです。私はカイロ大学に通い始めた当初からすでに大きな危機感や不安を感じていました。「果たして自分は卒業するまでに一人前のカイロプラクターとして患者を治療できる技量を身に付けられるのだろうか」という大きな不安です。ですから、120名いるクラスの中で一番頻繁にいろいろなセミナーを受講し、早朝や昼休みもテクニックルームに入り浸り、黙々とドリルをしたりクラスメイトや後輩と練習したりしていました。

放課後も夕方から曜日ごとに行われる各種クラブの練習会に顔を出していました。ガンステッド・クラブ、AKクラブ、SOTクラブ、ソフトティッシュ・クラブなどすべてに顔を出し、果たして将来自分がカイロプラクターとしてどのようなスタイルを形成していくべきかを模索していました。

ガンステッド・セミナーにも何度も参加し、ガンステッド・クラブの先輩や地域の先生のオフィスでの勉強会にも休まず参加していました。SOTも総本山であるネブラスカ州オマハの年に一度の大きなセミナーに参加し、まだ存命だったメージャー・ディジャネットの姿も拝見できました。顎関節やクレニアルに非常に興味を持った私は、カリフォルニアに戻ってもマーク・ピックのホームセミナーなどにもまめに通ったのです。その一方AKにも魅力を感じ100時間コースを頑張って受講しました。まさに、セミナーや練習に明け暮れた日々を過ごしていたのです。

卒業までには食っていけるカイロプラクターになっていたいという強い気持ちの裏には、散々親に学費の面倒を掛けたので、卒業したら親に頼ることなくすべて自分の腕で稼いでいくぞ! という思いがありました。ところが自分ではどれぐらい頑張れば一人前と言えるのかの尺度が分かりませんでした。そこで、いくら何でもクラスで一番上手くなればどうにかなるだろうと思い、とりあえずアジャストメントに関してはクラスで一番になろうと誓ったのです。私は天才ではないので誰よりもテクニックのことを考え、誰よりも学び、誰よりも練習しようと思ったのです。

その甲斐あって泣くほど苦労はしたものの、どうにかクラスメートや後輩に一目置かれる存在になり有頂天になっていました。私の大学の元テクニック教授だった中川貴雄DCのクリニックが大学クリニックの向かいにあったので挨拶に行き、自分がどんなにテクニックを頑張って練習し、自信があるかを綿々と述べたのです。身の程知らずとはこのことですが、中川先生はにこやかに聞いてくださいました。今振り返ると先生はさぞ困惑されたことだろうと赤面する思いです。

日本でカイロがもっと認知されるためには、アジャストが上手い方がもっと増えないといけません。いくら知識があっても肝心のアジャストが下手だと興ざめです。偉そうなことを言う私ですが、さらに忌憚なく言わせていただくと、日本のカイロプラクターのアジャストの腕の平均点はあまりにも低過ぎます。それは、教育プログラムのせいでしょうか? 上手なアジャストを見たことがないせいでしょうか? 上手な師に出会えなかったからでしょうか? それとも自分の意識の低さや努力不足のせいでしょうか? 色々な理由があると思います。皆さんぜひ自分のアジャストの腕が誇れるものなのか考えていただきたいと思います。

開業して20年、カイロで食ってきた私が言います。アジャストを上手くなることはカイロプラクターとしての自信とアイデンティティー確立の根幹です。それが自分の支えとなり、世の中の多くの苦しむ方を救うカイロプラクターとして活躍できる基礎となるのです。これからも私は日本の皆さんをどんどん刺激し、皆さんに意識を高めてもらいたいと思っています。11月のソウルナイトの懇親会では、私は希望者を無料でどんどんアジャストするので、私の技を体感し、目で見て欲しいと思います。私のアジャストメントを見たことも受けたこともない方は、ぜひ試しに受けに来てください。一人でも多くの方がより高い意識をもって日本のカイロの発展に貢献してくださることを願い、私も頑張りたいと思っています。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事