岡井健「マイプラクティス8」【鹿児島】 | カイロジャーナル

  岡井健「マイプラクティス8」【鹿児島】

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健「マイプラクティス8」【鹿児島】

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

新しいテクニックや新しい療法のセミナーに出てもそれをマスターするには大変な努力と時間が必要です。私は皆さんが今までやってきたアジャストメントを更に磨く方がどれだけいいかと思わずにいられません。習ってすぐ使えるというものも確かにありますが、それはあなたでなくてもできることです。経営のセミナーも素晴らしいのですが、そこにカイロプラクターとしての熱い心があるかないかでは違ってきます。あなたのマイルールを一緒に作りましょう!!

日付2016年4月16日
時間 10:00〜17:00
講師岡井 健D.C.
会場金生ビル (鹿児島市金生町)
参加費21,600円(税込)※資料・昼食含む
受講対象者カイロプラクター、生き生きと仕事をしたい方、ボディワークを通して社会貢献したい方、経営的視点を学びたい方、セルフコーチングを学びたい方
主催科学新聞社
定員30人
   DSC07064

誰しも他人とは少し違う夢や憧れ、価値観を持っているはず。自分らしく生きて、憧れの働き方をして幸せになれたらそれが一番。

マイルールがあれば、ブレない、自分を高め成長させてくれる。そんな素晴らしいルールをカテゴリーに分けて掘り下げてつくる、そのコンセプトを一緒に考えよう。自分らしいってなんだろう?

知らなかった自分自身の可能性を発見できるかもしれない。

1時間目:人生のマイルール

自分らしく幸せに生きるために必要なルール。人として葛藤や悩み、不安と日々戦う皆さんを応援するために、気持ちが楽になり元気が出るようにマイルールを考えていきます。先生が元気がないと患者は集まらないし、 回復も悪くなるかもしれませんね! 人生の目的や人間関係のルール、金銭的なルール、健康上のルール、将来に対する悩みへのルールなど、カテゴリーごとにマイルールを考え、自分がそのような問題にぶつかったときにより良い対処法を予め持ち、人に流されないように自分らしく自信を持って生きていけるようjにしたいものですね!

2時間目:カイロプラクティックに対するマイルール

カイロプラクターとして堂々と生きていくために、あなたのマイルールをつくりましょう! 自分自身の考えでカイロプラクティック観を構築し、自分の目指すカイロプラクティックに突き進んでいくために。これはカイロプラクターとして自信を持って活動したり、業界内のお付き合いをする、後進の指導をするという点でも非常に重要です。そして何よりも、カイロプラクターとして幸せに生きるためにも重要なことです。その重要さに気づいていただきたいと思います。

3時間目:治療法のマイルール

カイロプラクターとして生きるのか? それともカイロプラクティックにこだわらず治療家として生きるのか? そんな葛藤をしている方が多いように思います。もっと肩の力を抜いて考えることも必要でしょう。治療をする上でのあなた自身のマイルールがあれば自信を持って行えます。誰に見られても恥ずかしくない治療ができるようになります。どのようにアジャストをするかのルール。どのようにアジャストメントを極めていくかのルール。上達の鍵となる思考法とは? 自分自身のアジャストや治療法を最大限に高めていくマイルールを確立しましょう! 治療技術を極めるためのマイルール。

4時間目:プロトコール別マイルール

それぞれのプロトコールを最大限に活かすためのマイルールをつくって治療効果を最大限に引き上げましょう! 結果を出せる治療を極めるためのマイルールづくり。

5時間目:クリニック経営のマイルール

患者のマネジメント、新患のプロトコール、マーケティングのマイルール。スタッフ管理のマイルール。スタッフをどう伸ばすか、自覚を持たせるかのルール。クリニック設備投資のマイルール。クリニックづくりのマイルール。成功へのマイルールづくり。

6時間目:前半は業界貢献、後半はプライベートライフのマイルール

誰かの役に立ち必要とされる人にるためにもマイルールが必要で、これは重要なことです。業界貢献は人のためにあらず、どのように業界の人と交流するかのルール。後進の指導のマイルール。業界繁栄のためにどう貢献するかのマイルール。

一方、家庭や恋愛はとても大きな部分です。そこが充実して幸せでないと仕事にも影響してきます。夫婦関係、恋愛関係、子育てでもポジティブなルールを持つことで関係が向上するでしょう! また趣味などのマイルール。趣味が仕事の妨げとならず、仕事を盛上げるようにするためにはどうすればいいのか? 立派な趣味人は立派な仕事人になれる。そのためのルールづくり。タイムマネジメント向上のためのルールで、世界を広げたり、家族との時間を増やそう!

以上のような内容になっています。是非多くの方に参加して欲しいです。私にしか出来ないセミナーを目指して頑張って準備しています。



岡井先生からのメッセージ

皆さん、マイプラクティス8の告知をさせていただきます。8というからにはもう8年目になるのでしょうか?

自分で言うのもなんですが、もうそんなになるのかと感慨深いです。

このマイプラクティスに参加したことがある方もいるでしょう。しばらく参加していない方や参加したことがない方にも是非今回は参加していただきたいと思います。

マイプラクティスを始めた理由は、これが日本の業界の皆さんに必要だと確信したからです。皆さんテクニックセミナーやカイロのアジャストメントの代替となるような療法のセミナーには非常に興味を持たれます。また、経営セミナーや自己啓発セミナーが好きな方もいるでしょう。中には自分が所属する団体の勉強会やセミナーにしか参加していない方もいるでしょう。治療の幅を広げれば、患者が来てくれる。経営のノウハウを知れば上手くいく。自分を磨けば人が集まる。団体の仲間と仲良く勉強していく。どれも間違ってはいないと思います。ただそこに落とし穴があると思いました。そこに参加していれば大丈夫だと安心しているだけで、その機会を充分に活かしきっていない方が多いように思われたのです。

新しいテクニックや新しい療法のセミナーに出てもそれをマスターするには大変な努力と時間が必要です。私は皆さんが今までやってきたアジャストメントを更に磨く方がどれだけいいかと思わずにいられません。習ってすぐ使えるというものも確かにありますが、それはあなたでなくてもできることです。経営のセミナーも素晴らしいのですが、そこにカイロプラクターとしての熱い心があるかないかでは違ってきます。

自己啓発もカイロプラクターとして人としてバランスをとることが大切で、さらにそれを継続させるために常に努力していかなければなりません。同じ団体での勉強会やセミナーは素晴らしいのですが、どうしてもカラーや特徴が偏ってきますし、世界が狭くなってしまいます。皆さんがテクニックセミナーに参加したり、新しい療法を学びたい、経営セミナーや自己啓発のセミナーに参加したい、団体の仲間と勉強して高めあいたいという気持ちは大切でやめる必要はないと思います。だけどマイプラクティスのようなセミナーがあればそれらをもっと生かすことができるし視野も広がるだろうと思ったのです。

今回私はマイルール作りを皆さんと共に考えていきたいと思います。

冷静にまたはポジティブな状態で色々なポジティブな人からアイデアをもらってあらゆることに関する自分へのルールを作っておくと、心の平安があります。落ち込んだ時に間違った判断をしなくて済みます。人の甘く危険な誘いに乗ることもなくなります。人や社会を逆恨みすることがなくなります。調子に乗って無謀な行動に出ることもなくなります。人間関係が上手くいくようになります。自分らしく生きることができます。仕事が人が好きになります。自分が好きになります。マイルールとはあなたを束縛したり制限するものではなく守り幸せにするために作るのです。

それによって人として輝き、仕事が更に好きになり、学びたくなり、自分らしく生活することが可能になり、罪悪感を感じることもなくなり、落ち込んだ時に立ち直りが早くなります。私自身も毎日色々な不安と戦い生きています。周りの人はそれぞれの都合や考えで生きていますので、必ずしもあなたが望むようには行動してくれないでしょう。でもマイルールがあれば、そんなときでも自分を見失わず立ち続けることができるでしょう。どうでしょう?私と一緒にあなたのマイルールを作りませんか?私は欠点ばかりで人に偉そうなことを言える人間ではないのかもしれませんが、少なくとも経験を活かして皆さんに色々なアドバイスやインプット、気づきを与えられると思うのです。マイルールは人に決めてもらうのではなく自分で考えて決めるものです。

このセミナーを機にあなたの申請が少しでも明るく楽しいものに変わることを願っています。マイルールはどのような立場の人にも必要なものです。それを皆さんが分かって一緒に考えてくれると嬉しく思います。今回は鹿児島と東京で同じ内容のものを行います。都合のつく方に参加していただければと思います。また、度々リマインドをしたいと思いますが、思い立ったら吉日、今心を決めて参加申し込みをすぐにしてセミナー向けて心を整えていただきたいと思います。必ず、あ~、参加して本当に良かったと思っていただけるような内容にしたいと思います。



お問合せ:科学新聞社
住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館5F
TEL03-3434-4236
FAX03-3434-3745
E-mailbook@sci-news.co.jp

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事