PAACメモリアルセミナー・荒木氏の講演に注目 | カイロジャーナル

  PAACメモリアルセミナー・荒木氏の講演に注目

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

PAACメモリアルセミナー・荒木氏の講演に注目

カイロジャーナル84号 (2015.10.21発行)より



荒木寛志JSC会長

PAAC(パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会)恒例のメモリアルセミナーが、今年も敬老の日を利用した9月の20日、21日の両日、盛大に行われた。

今年は設立40周年の節目の年であったが、敢えて記念イベントの体裁は取らず、例年2人の外部講師の枠も、JSC(日本カイロプラクティック師協会)会長の荒木寛志氏1人に絞り、初日は内部講師による講演と懇親会という運びで進められた。

初日の壇上に上がったのは、午前中が理事の土井武志氏、午後が今年度からSOTOジャパンの会長に就任した玉村祐介氏の二人。それぞれ「解剖実習から見えてきた治療テクニック」「SOTベーシックセオリー」をテーマに得々と話した。

2日目は荒木氏による「イメージ力と3軸ライン調整法」。荒木氏は近年その実力に裏打ちされたユニークなブログ等が注目され、JSCのセミナーやイベントは勿論のこと、至るところからお誘いのかかる人気講師。彼の講演だけでも聴講したいと、会員以外の参加もかなりあったようである。昨年の守屋徹氏に続き2年連続でJSCからの講師登壇となった。

盛大に行われたメモリアルセミナー
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事