《オステオパシーの研究と実践》 出版記念セミナー『ムチウチ症に対する治療戦略-脊椎と内臓と筋膜について-』 | カイロジャーナル

  《オステオパシーの研究と実践》 出版記念セミナー『ムチウチ症に対する治療戦略-脊椎と内臓と筋膜について-』

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

《オステオパシーの研究と実践》 出版記念セミナー『ムチウチ症に対する治療戦略-脊椎と内臓と筋膜について-』

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

A.T.スティルが残した最後の書籍がついに和訳で出版!
『Osteopathy Reserch & Practice-オステオパシーの研究と実践-(仮題)』

日付2015年11月29日
時間9:30~16:30
会場味覚糖UHA館
東京都港区浜松町1-26-1
参加費3,000円(税込)
主催JTOC
協賛:科学新聞社
   jtoc_shimamura

ムチウチ症による首の痛みをオステオパシーの哲学の基づいて考察すると、その症状は単なる結果に過ぎません。その原因となり得る脊椎と内臓とそれらをつなぐ筋膜の関係性について紹介します。※写真はJTOC下村 彰慶 学長

【お問い合わせ・お申し込み】JTOC 事務局

★振込先:ゆうちょ銀行 【店名】四三八 【店番】438 普通預金 【口座番号】7145274 【口座名義】『ジャパントラディショナルオステオパシックカレッジ』
(ゆうちょ銀行からお振込みの場合:【記号】14300 【番号】71452741)
facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事