《第31回》ドリーム・プラクティス | カイロジャーナル

  《第31回》ドリーム・プラクティス

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健DCのI Love Chiropractic ! 《第31回》ドリーム・プラクティス2015.08.13

DSC07064


カイロジャーナル83号 (2015.6.28発行)より

考える暇あれば行動起こそう

皆さん、お元気ですか? 今年は日本の夏は随分早く訪れたようですね。実は今年は私のサンマテオのクリニックを開業して20周年になります。本当に年月の流れるのは早いものです。独立開業したのが31歳になったばかりの時でした。資金もないのに1歳になるかならないかという乳飲み子を抱えて見知らぬ土地へ移っての開業でした。すべての設備をリースして電話線一本を引き開業したのですが、不思議と不安よりも自分の大きな夢に向かって踏み出した喜びと期待の方が遥かに大きかったことを覚えています。

自分の幸運に感謝

おかげさまで三か月後には軌道に乗りフロントのスタッフを雇うことができ、家族でささやかながらハワイ旅行にも行けるようになりました。借金もリースという形をとっていたので毎月の支払いだけで済んだのも心を軽くしていたのでしょう。

2年後には無理をしてマイホームを購入し、あこがれの高級車に乗れるまでに成長しました。その代わりだれにも負けないようにと一生懸命努力し、診療や経営の勉強もしていました。そして、何よりも行動力だと人一倍いろいろな方にお会いしてカイロプラクティックの話をし、メディアへの露出を増やすようにしました。さらに2年後には少し大きな家を購入して引っ越し、スタッフも増えてサンマテオ・クリニック開業6年目に2つ目のクリニックをシリコンバレーに開業しました。順風満帆に聞こえるかもしれませんが、そんなに簡単な話ではありません。人には知れぬ苦悩の時だってありましたし、悔しい時、悲しい時だってたくさんありました。時には多くのスタッフの生活を支える責任感で押しつぶされそうになることもありました。

でもそういった経験を積んで苦難を乗り越えるとだんだんタフになってきます。今この20年を思い返し、自分の幸運に感謝します。そして、当たり前のこと、やるべきことを半分もやればある程度の成功はできるものだということが分かってきました。しかし、世の中の多くの方はこの半分のことさえもできていないということも分かってきました。自分では頑張っていると言っている人でも客観的に見てみると半分以下の出来ということが多いです。

まだある伸びしろ

私は楽天的でポジティブで面倒くさがり屋ですので、一つ間違えるととんでもない怠惰な人間になってしまいます。ですから意識的に自分を追い立てていくことをしていきます。それでもやるべきことの半分ぐらいしかできていないのです。日々反省ですが、弱い人間なので自分にすぐに甘くなってしまいます。逆に言えばもうちょっと頑張ればまだまだ伸びしろがあると自分自身に期待しています。そして、日本のカイロ業界の方々にはもっと伸びしろがあって期待が持てることが外から眺めているとよく分かります。

ところが多くの方がそのチャンスに気づいていなくて、やるべきことの三分の一も出来ていない状況を見るともどかしさを感じてしまいます。私は経験があるからよくわかるのですが、つべこべ言わずあれとこれをやればグッと伸びるのに! ということが余りにも多過ぎるのです。チャンスを見ることができずネガティブな思考にとらわれて不安で身動きが取れなくなってしまうのでしょう。「考えている暇があったら行動を起こせ!」と伝えたい。それが私がマイプラクティス・セミナーをはじめた一番大きな理由だったのです。

日本のカイロプラクターの皆さんにはもっと活躍してほしいと願っています。そうすれば結果として収入も増えて豊かな暮らしができるはずです。なにもズルいことをしたり、人を陥れるようなことをしたりする必要はないのです。やるべきことをしっかりやり、正しく長きにわたって成功してほしいと思うのです。地域に愛され、必要とされ、カイロをしっかり根付かせて人々の健康のお役に立って欲しいのです。業界内で小さな考えの違いでお互い合い入れないなんてことに労力を費やしている暇があるなら、業界が一丸となって助け合い支え合いながらカイロをもっともっと世の中に浸透させていくことに没頭すればいいと思うのです。

世の中を健康に

もちろんそのために知識や技術を高めるのは当たり前のことです。ところがいくら知識や技術があっても、行動力が無ければ成功は難しいでしょう。折角の知識も技術も世の中の役に立っていないということです。そんな宝の持ち腐れの無いように、可能性のあるカイロプラクターが世の中のためになる働きが出来るようにしたいと思っています。いまだ本領を発揮できていない多くのカイロプラクターが活躍して世の中を健康にし、その報酬として当たり前のように豊かで幸せな暮らしをするようになるべきです。私はそれを可能にするためにマイプラクティスを続け、私と同じようにカイロで幸せになれる仲間を増やしていきたいと思います。その夢を実現したい方、またそのビジョンが見えない方も是非私に会いに来ていただきたいと思うのです。皆でドリーム・プラクティス目指して一緒に頑張りましょう。


facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事