古谷セミナー 続々開催 | カイロジャーナル

  古谷セミナー 続々開催

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

古谷セミナー 続々開催


カイロジャーナル83号 (2015.6.28発行)より

「ゼミ形式が最善」参加呼びかけ

『強くなりたきゃこれを読め!』というセンセーショナルなタイトルの本の出版から2年半が経過し、著者・古谷真人氏(埼玉県草加・古谷施術院本院長)が昨年暮れに待望の続編『もっと強くなりたきゃこれを読め! 軸・腱トレーニング編』を上梓した。それからは、氏の故郷の和歌山県「くちくまの」地区での毎年1月の行事を皮切りに、3月には京都でレイアンドカンパニー(滋賀県近江八幡市、見片三郎社長)の主催で、4月からは3カ月連続で科学新聞社の主催で、新刊の内容を紹介するイベントが次々に開催された。

これらのイベントのほぼ全てに古谷氏のグループ施術院のメンバー、土井公一氏(長野県小諸)、古谷盛人氏(実弟、名古屋)、勝俣啓介氏(本院副院長)が帯同した。古谷氏は、1人のアスリートの指導や講演会のようなスピーチを求められるときは単独で出かけることもあるが、大勢が参加するイベントや講習会では、できる限り個別に指導する方針で、今後もこのメンバーで協力していく予定である。

古谷氏は4月からの科学新聞社での講習会で、自身の望む指導方法が塾、ゼミ形式であることを確信したという。9月から始まる第2クールも3回シリーズだが、1回だけの受講でも何かを掴んでもらいたいと、さらに内容を検討中である。古谷氏は「とにかく先入観を捨てて、ぶつかってくるつもりで参加してほしい。そうすれば必ず大きな自信と理解を得られるはず」とセミナーに込める思いを語った。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事