5年過程のオステオパシー学校、JTOC開校 | カイロジャーナル

  5年過程のオステオパシー学校、JTOC開校

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

5年過程のオステオパシー学校、JTOC開校


カイロジャーナル83号 (2015.6.28発行)より

日本トラディショナルオステオパシーカレッジ(JTOC/下村彰慶学長)が兵庫県神戸市に開校し、4月9日の入学式に32人の第一期生を迎えた。年間8~9回の週末を利用した授業の履修を4年間と、1年間の論文作成過程を修了するとディプロマが授与される。

JTOCは世界標準のオステオパシー教育を目指しており、ヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシー(ESO)で長年校長を務めたレンゾー・モリナーDOをアドバイザーに迎え、カリキュラム作成や講師の派遣に全面的な協力を得ている。解剖実習は、ATスティル大学カークスビル・カレッジで行うことが決まっている。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事