日本初公開のエネルギー・セミナー、5月連休に開催! | カイロジャーナル

  日本初公開のエネルギー・セミナー、5月連休に開催!

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

日本初公開のエネルギー・セミナー、5月連休に開催!

カイロジャーナル82号 (2015.2.23発行)より

Drケリー・ダンブロジオ 
《TBEN》 トータルボディ・エナジェティクス セミナー

より正確な治療へ
新たな可能性生む機会

エネルギー療法には、いろいろなタイプがありますが、Drケリーのトータルボディ・エナジェティクス《TBEN》は、多くの偉大なオステオパスから学び、交流を持った経験と、日々の臨床の中から、独自に構築したものです。

幼少のころから「人に会うと、その人がどの部位にリージョンがあるか“見えた”」と言いますから、元々の資質があるのでしょう。しかし学生時代にプロスポーツ選手を目指し、その能力は邪魔になると思い、封印しました。治療家になってからも15年間ぐらいは全くエネルギーを視野に入れない治療に専念していました。

その後ボディートークという身体の部位と部位、または身体の部位と感情や環境との関係性を改善するという一種のエネルギー療法に出会い、その技術を極めてボディートーク協会のインストラクターになりました。その頃から、自然とエネルギーワークを治療に利用するようになっていきました。「今から振り返れば、過去の治療の中でも無意識にエネルギー的なことは使っていたのだろうと思うが、この頃から意識的に使うようになった」と言います。

そして、臨床の中で常に結果を検証し、方法を吟味してセミナーで教えられるものへと質を高めていきました。このセミナーは米国で2014年から開催し、高い評判を得ています。

Drケリーのエネルギー療法は、治療者が手などを使ってエネルギーを流す外気功的なものではありません。生き物ならすべて持っているエネルギー場において、停滞や過剰を解消し、エネルギー場の再構築をする療法です。

こういったエネルギー治療を使う技術は非常に多く、カイロプラクティックやオステオパシー技術の中にもあります。特定のテクニックとして治療で用いてはいなくても、エネルギーは日々感知しながら臨床を行っているという方もおられるでしょう。そのような先生方にとっては、治療にエネルギーを有効利用する方法をシステマチックに学ぶこのセミナーは、新たな可能性をもたらすものです。

Drケリーの哲学は、臨床上最も必要なことを治療することです。そのため、治療部位(リージョン)を特定することと、治療組織(筋肉、関節筋膜、内臓膜など)を特定するための検査評価に重点を置きます。エネルギー治療でも同様で、治療を行うのは、エネルギー・リージョンが特定された場合のみです。ですから「現在の臨床手法で完全に問題が取りきれない、再発してしまう」というような患者に対し、エネルギーの検査を行い、治療を行うことができます。すでにエネルギー療法を行われている先生方にとっても、TBENはより正確な治療へランクアップさせるヒントをたくさん学べるセミナーです。

  • 本セミナーの日程はこちらをご覧ください。
  • TBENは レベル1~3までのシリーズセミナーです。今回実施するのは最も基本となるレベル1で、身体の中のエネルギー場の調整が主な内容です。レベル2は11月、レベル3は来年の実施を予定しています。TBENについて詳しくはこちらをご覧ください。

TBENのコンセプト
身体に触れても触れなくても行える

TBENは、ボディーワークとエネルギー・メディスンのギャップを埋めることを目指しています。私たちの身体は肉体のテンション(悪いエルゴノミクス、トラウマ、手術、スポーツ障害、車事故、転倒などが原因となり得る)を蓄積するだけでなく、解決できない感情、思考、信念、意識、恐れ、恐怖症などが組織に蓄積されます。TBENでは身体の解剖学的、生理学的エネルギー動態を利用し、これらが原因の急性、慢性の症状を改善します。

身体に触れても触れなくても行うことができ、機能障害の根幹に集中してマインド、ボディ、スピリットを統合します。単独の療法として、または他のヘルスケアの方法と融合させて利用することができます。

トータルボディ・エナジェティクスの「トータル」という言葉は完全なシステムであるということで、患者の履歴、評価、治療、再評価、フォローアップをすべて含みます。治療には、肉体的、精神的、感情的、行動的、意識的な要因(内的要因)の他、環境要因(外的要因)に考慮し、対処する必要があります。

TBENでは、トータルな評価と再評価を重要視します。治療者と患者の双方にとって効果を確認するために重要であり、治療者自身が自信と信頼を構築する有効な手立てとなります。

「ボディ」という言葉は、構造的、精神的、感情的、行動的、意識的な要因(内的要因)と、環境要因(外的要因)をすべて含んだ肉体的な顕現で、図で説明している「トータルボディ・リージョン」のことです。これを取り除き、身体が本来の力を発揮できるようにすることが治療の原点です。

「エナジェティクス」「エネルギー」という言葉は、身体の中にシフトを作り出すレベルを表す言葉です。TBENは東西の医学を融合したものです。東洋的アプローチには、マインド・ボディとエネルギー動態の原理が含まれます。西洋的要素は、解剖学、生理学、身体評価と治療の研究が含まれます。エネルギー・アプローチは身体に触れても触れなくても治療ができます。

トータルボディ・リージョンの図

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事