栗原 修 D.C AK勉強会 2014 東京 | カイロジャーナル

  栗原 修 D.C AK勉強会 2014 東京

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

栗原 修 D.C AK勉強会 2014 東京

※このセミナーは終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

日付2014年4月13日
講師栗原 修 D.C
  

お問い合わせ
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-1-11 
A.Mビル7F
welcure ebisu ウェルキュア エビス内 BMIセミナー係
TEL:03-6452-3693
メールアドレス:welcure@octls.com

第1回
4月13日(日)

AKの基本操作の原理と手順
筋の機能障害が及ぼす影響、筋収縮の促進と抑制、拮抗作用、筋力テストの神経学、相反抑制と相反神経支配、交叉性伸展反射、セラピーローカリゼーション、チャレンジ、椎間孔5つの因子、健康の三要素、筋紡錘、ゴルジ腱器官、起始停止テクニック、筋紡錘、ゴルジ腱器官の神経学、筋ストレッチ反応、筋膜リリース、ストレイン/カウンターストレイン、リアクティブ反応
筋力テスト:ハムストリング筋、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋

第1回は、Akの基本的な考え方、歴史、手順などを説明します。AKで使われる筋力テストの特性位、神経学的な学説、筋機能を評価するための手順の説明実技を行います。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第2回
5月11日(日)

AKの頭蓋療法
頭蓋骨、脳脊髄液、硬膜の解剖学、各頭蓋骨の動き、頭蓋治療:触診法、実技、吸気/呼気補助頭蓋障害
筋力テスト:大腰筋、腸骨筋、大殿筋、 中/小殿筋、内転筋群

第2回は、頭蓋が中心になります。頭蓋の解剖学(髄膜、脳脊髄液)、各頭蓋骨の動き、頭蓋骨の動きの原理などを説明し、実際の動きの触診を行います。更にAK頭蓋骨テクニックの説明実技を行います。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第3回
6月8日(日)

骨盤、股関節、膝関節の筋機能とバイオメカニクス

股関節、膝関節障害と筋機能、他の部位へのバイオメカニクスによる影響、経絡基礎、肺経の関連筋とポイント、大腸経の関連筋とポイント
筋力テスト: 縫工筋、薄筋、梨状筋、腓腹筋、膝窩筋

第3回は、第3回までに習得した筋による骨盤、股関節、膝関節への影響を考慮しながら、骨盤、股関節、膝関節のバイオメカニクスを説明し、疾患への応用を説明し、実技を行います。この回から12経脈を含む経絡をの説明を開始します。経絡の考え方、AKによる捉え方を説明し、2つの経脈の特徴、走行、重要なポイントなどを説明していきます。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第4回
7月13日(日)

AKの神経学的統合の評価法
神経学的統合不全、歩行時の促進、抑制、ショックアブソーバーテスト、神経学的統合不全の原因の検出法、関連性の深い問題、関与する問題、胃経の関連筋とポイント、脾経の関連筋とポイント
筋力テスト:上腕二頭筋、上腕三頭筋、烏口腕筋、僧帽筋、広背筋、腹筋

第4回では、AKの筋力テストにかかわる神経学的な異常(立位)を説明し、検査法と治療法を説明し、実技を行います。前回に引き続き次の2つの経脈の特徴、走行、重要なポイントなどを説明していきます。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第5回
8月10日(日)

AKの立位と歩行時の神経学的な統合
PRYT、基本単位の統合の検査、歩行テスト、歩行時の筋の統合した運動、心経の関連筋とポイント、小腸経の関連筋とポイント
筋力テスト:大/小菱形筋、肩甲挙筋、前鋸筋、大胸筋胸骨部、大胸筋鎖骨部、小胸筋

第5回では、AKの筋力テストにかかわる神経学的な異常(立位、歩行)を説明し、検査法と治療法を説明し、実技を行います。前回に引き続き次の2つの経脈の特徴、走行、重要なポイントなどを説明していきます。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第6回
9月14日(日)

肩関節の筋機能とバイオメカニクス
肩関節障害と筋機能、他の部位へのバイオメカニクスによる影響、インピンジメント症候群、上腕肩甲リズム、膀胱経の関連筋とポイント、腎経の関連筋とポイント
筋力テスト:肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋、大円筋、三角筋

第6回では第4回からの筋、肩関節周囲の筋の肩関節バイオメカニクスを考慮して、肩関節疾患への応用を説明し、実技を行います。前回に引き続き次の2つの経脈の特徴、走行、重要なポイントなどを説明していきます。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第7回
11月9日(日)

足、足関節の筋機能とバイオメカニクス
足部障害と筋機能、他の部位へのバイオメカにクスによる影響、回内足、マグネット反射、心包経の関連筋とポイント、三焦経の関連筋とポイント
筋力テスト:前脛骨筋、後脛骨筋、長、短腓骨筋、第3腓骨筋、長、短母指屈筋、ヒラメ筋

第7回では、足部のバイオメカニクスと筋機能の関連、臨床への応用を説明し、実技を行います。前回に引き続き次の2つの経脈の特徴、走行、重要なポイントなどを説明していきます。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第8回
12月14日(日)

リンパ循環と大腸(回盲弁症候群)
リンパ循環からの影響、逆行性リンパテクニック、横隔膜、回盲弁の機能と障害、検査と治療、頭蓋治療:蝶形後頭底結合-吸気/呼気補助障害、側頭骨バルジ、頭頂骨リフト、胆経の関連筋とポイント、肝経の関連筋とポイント
筋力テスト:円回内筋、方形内筋、回外筋、母指対立筋、小指対立筋、腕橈骨筋

第8回では、テクニック自体も高度なものになってきます。横隔膜、リンパ循環、内臓、特に大腸の状態を検査するテクニック、頭蓋テクニックを説明し、実技を行います。

各筋の筋力テストでは、解剖、起始停止の触診、筋力テスト時の協力筋、関節への作用、臨床への応用を理解しながら、筋力テスト、筋機能障害に関与する因子の検査、ストレイン/カウンターストレイン、筋ストレッチ操作、筋膜リリースの方法の実技を行います。


第9回
2月8日(日)

頭蓋骨と顎関節の検査と治療/AKの経絡治療
頭蓋テクニック、前頭骨内旋/外旋、グラベラ頭蓋障害、ユニバーサル頭蓋障害、顎口腔システム、顎関節の解剖、検査と治療、舌骨の検査と治療、骨盤、仙骨吸気/呼気障害、経絡に対するアプローチ:AKによる診断と治療法

第9回では頭蓋骨テクニック、TMJ筋、舌骨筋の検査や治療方法を説明し、実技を行います。更に、Akによる経絡治療の方法を説明し、実技を行います。


第10回
3月8日(日)

AKクリニカルアプローチ
AK臨床応用(腰部、頭頚部)と復習、アドバンスアプローチ

最終回では、これまでのAKテクニックに関する質疑応答、これらのテクニックの臨床応用、身体への影響、バイオメカニクスなどを説明し、更にAKを深く理解できるようにします。さらに最新のアドバンス テクニックを説明します。


栗原修D.C.「AKを語る」2007.11.20


(各回第2日曜日)
※スケジュールは進行状況により多少前後することがございます。ご了承願います。



お問い合わせ
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-1-11 
A.Mビル7F
welcure ebisu ウェルキュア エビス内 BMIセミナー係
TEL:03-6452-3693
メールアドレス:welcure@octls.com


ak_cover02

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事