自分で盛り上げる力!カイロプラクティックジャーナル

  自分で盛り上げる力!

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

岡井健DCのI Love Chiropractic ! <第13回>自分で盛り上げる力!2009.06.29

やる気を出して目標に向かおう
カイロジャーナル65号(2009.6.29発行)より

小さな選択で決まる

世の中にはノリのいい人と、そうでない人がいる。まさしく『打てば響く』ような人は、声をかければすぐさま喜んで応えてくれる。何でもかんでもノリだけで応えるという訳にはいかないだろうが、肝心なときでさえ反応が鈍いと、こちらもいささか心配になってくる。

人の人生は小さな選択の連続で成り立っている。日々選択しながら生きているのだ。その選択の積み重ねが結果として大きな差となって現れてくる。よく自分の不幸を嘆いたり、自分の不運を世の中のせいにする人がいるが、じっくり検証してみると、自分で間違った選択を日々繰り返すことによって、不幸や不運を呼び込んでいることが実に多いことに気づく。

不真面目な人や努力が足りない人が上手くいかないのは、しようがないことと諦めがつくが、一生懸命努力して頑張っている人が成功しないのには心が痛む。どうにかしてあげたいと思うが、このタイプの人は妙に頑固だったり、自分を変えることを怖かったりするのでなかなか難しい。

ここ数年、日本のカイロプラクティック界の方々とお付き合いするようになって、年にたった数度の機会とはいえ、内部の事情や業界の人々の特性などが随分と見えてきた。どこの業界にも見られるように、成功している人、または上手くいかなくて廃業してしまう人と、いろいろなケースを見てきた。

成功する人には勢い

よく『成功の秘訣は?』と聞かれることがある。私が成功者かどうかは甚だ疑問だが、私の目から見て成功する人と、そうでない人の違いがよくわかるのは確かだ。成功する人は、ほとばしるようなやる気に溢れている。世の中にいろいろな壁や障害があるのは当たり前で、そんなことに負けないエネルギーや勢いを持っている。

成功できない人は、覇気がないし何事もネガティブに捉える傾向がある。成功したいくせに意固地で頑固で人の話に耳を貸さないし、目の前のことばかりに目がいってしまって、将来を見据えていない。細かなことを言い始めたらキリがないが、このような傾向があることは否めない。

もし私が言っていることが厳しいとか、気に食わないとか思う人は要注意だ。なぜなら私は、至極当然のことしか言っていないからだ。成功している人たちは皆、私の言っていることを当たり前のこととして受け止めるだろう。

成功のノウハウとして細かなことがたくさんある。ところが、いくらそのようなノウハウを教えたところで、基本的な溢れんばかりのやる気や行動力がなければ、何をやろうにも結局無駄で終わるのだ。いくら表面的に真似ても、根本的なやる気やパワーがなければ上手くいかない。

それでは、溢れんばかりのやる気とパワーがほとばしる人は、一体どうやってそのような力が湧き上がってくるのだろう。元々持っている性格もあるだろうが、それだけではないと思う。一番のやる気の源は確固たる目標だろう。人は目標があるから頑張ることができるのだ。

皆それぞれ目標を持ってはいるものの、多くの人が漠然とした目標しか持っていないのが現実だろう。より明確で具体的な目標を持つことで、自分は今、何をすべきかが見えてくるのである。そして、その目標を達成するためには、常にモチベーションを高く保つ必要があるのだ。

眼前の得を捨てて

人間は誰しも弱いもので、ついつい怠けたり弱気になったりしてしまうものである。モチベーションが下がっているときほど、とみにそうなってしまう。業界の一人ひとりがモチベーションを高め、やる気に満ち溢れる業界にして欲しいと思う。

我々の業界はテクニックや勉強のセミナーは数多いが、経営やモチベーションを上げるような啓発セミナーなどは比較的少ない。やる気やエネルギーは、ときにはテクニック・セミナー以上に治療の効果を上げる要素となるのだ。その大切さを、ぜひ一人でも多くの人に理解していただきたいと願う。

セミナーやイベントは週末に開催されることが多い。土曜日は私のクリニックも、書き入れ時と言えるとても忙しい日だ。そのような日に、治療院を閉めてまで参加できない、という先生も少なくないはずだ。

その気持ちは、クリニックを経営する私にも痛いほどわかる。しかし、ときとして目の前の得を捨ててでも、長い目で見たときに、より大きなものにつながるものへの投資も必要だとわかって欲しい。成長する人ほど、そのことがよくわかっているものだ。

また、その土曜日に診ることのできなかった患者さんは、必ず別の日に来てくれるものだ。そして、そのセミナーなどで吸収したやる気とエネルギーは、さらなる患者を呼び、不思議なもので、よいセミナーの翌週は決まって普段より忙しくなるのだ。気力が充実しているから、いい治療ができる。そうすると、さらに患者が増える。

週末でテクニックを学んで即マスターして治療に生かすことは難しいが、セミナーやイベントで得たやる気を患者のために還元することは、非常に容易で効果的なことなのだ。パーカーセミナー・ジャパン、ソウルナイト、そして11月に科学新聞社が主催する記念イベント「It’s CHIRO ! 2009」などに、ぜひ多くの方に参加して欲しいと思う。

治療院で一生懸命に患者の治療に励むことは素晴らしいことだが、ときとして休みを取ってセミナーやイベントに参加して充電し、自分自身を成長させることは患者さんのためにもなる重要なことなのだ。

もっともっと多くの先生方に、治療院や自分たちの団体やグループ、そして地域を飛び出して、自分自身のために、患者さんのために、やる気とエネルギーを吸収しパワーアップしてもらいたい。それをやるかやらないかは、その先生の選択だ。

一人ひとりが行動を

小さな囲いの中にいては、大きなモチベーションを持ち続けるに十分な刺激を受けることはできない。より多くの人から刺激を受け、自分を成長させていくことで世界が広がり、大きなビジョンが手に入る。自分自身が勇気を出して行動することから、初めてやる気やエネルギーを得ることができるのだ。

あなたの将来は、これからのあなた自身の選択によって決まるのである。より楽しく、より充実したカイロプラクティック・ライフのために、どうか「こころ」を自由にして、勇気を出して飛び出して欲しいと願う。このカイロプラクティックという業界が、より楽しく明るく元気な業界になるためには、私たち一人ひとりが行動を起こすことが必要なのである。そう、自分自身で盛り上げていく力が大切なのだ。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事